9月13日よりハワイ州オアフ島でワクチンパスポートを導入

ESTA申請はこちら 出発の72時間前までにお願いします
Menu

9月13日よりハワイ州オアフ島でワクチンパスポートを導入

  • オアフ島
  • ハワイ
  • ワクチン
  • 新型コロナウイルス

更新日 : 配信日 :

【ハワイ渡航に関する最新情報はこちら】

ハワイ州ホノルル市のブランジャルデイ市長は新型コロナウイルスの感染防止対策として、屋内施設の利用者に対しワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)の提示を求めると発表。ホノルル市を含むオアフ島全域で適用し、9月13日から60日間にわたり施行されます。
対象施設を利用する方はCDC(アメリカ疾病予防管理センター)が承認したワクチンの接種完了証明書、または48時間以内に行った新型コロナウイルス検査による陰性証明書の提示が求められます。また、顔写真付きの身分証明書(パスポート、運転免許証等)の提示も必要となりますので、対象施設を利用する際は携行をお願いします。
措置の概要と主な対象施設は以下の通りです。

措置の概要

  • 措置の名称:“Safe Access O’ahu”(セーフ・アクセス・オアフ)
  • 施行期間:9月13日から11月12日(今後の感染状況により変更となる場合があります)
  • 対象者:上記の施設を利用する12歳以上の市民および渡航者、対象施設に勤務する全ての従業員
    ※ ワクチン接種証明書の提示ができない従業員は、週に1度の新型コロナウイルス検査による陰性証明書の取得が義務付けられます。

主な対象施設

  • レストランなどの屋内飲食店(屋内に飲食スペースを常設しているフードコートを含む)
  • 屋内プール、フィットネスジム、ダンススタジオ
  • 映画館、劇場、美術館、博物館、水族館、動物園、植物園
  • ゲームセンター、ボウリング場、ビリヤード場などの遊戯施設
  • ボートツアー、ゴーカート、ミニゴルフ場、射撃場などのレジャー施設
    ※ ワクチンパスポートの提示が求められる施設は変更となる場合があります。
    ※ テイクアウトの利用など、飲食店での滞在時間が15分以内の場合は提示不要となります。
    ※ 飲食店は夜10時以降の酒類提供および販売が禁止となります。

日本からの渡航について

日本発行の新型コロナウイルスワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)も有効となりますが、使用可否の判断は対象施設側に委ねられます。アメリカ国外で発行された接種証明書は以下の条件が必須となります。

  • FDA(アメリカ食品医薬品局)より承認されたワクチン(ファイザー社製、モデルナ社製、ジョンソン・エンド・ジョンソン社製)の接種が完了していること
    ※アストラゼネカ社製のワクチンはFDAによる緊急承認の対象外となります。
  • ワクチン接種完了日から15日以上経過していること
  • 自治体などの公的機関が発行した証明書であること
  • 英語で記載されていること

日本からハワイへ渡航する方は引き続きセーフ・トラベルズ・プログラム(トラベル&ヘルスフォーム)を事前に登録し、出発前72時間以内に行ったPCR検査による陰性証明書のアップロードが必須となります。規定回数のワクチン接種が完了していない方は、国外への渡航中止が求められますのでご注意ください。

 

9月17日現在、日本発行のワクチンパスポートが使用可能な国と地域は以下の通りです。
アメリカ(グアム準州のみ)、イタリア、インドネシア、エクアドル、エストニア、オーストリア、オランダ、カナダ、ガボン、コソボ、サモア、シンガポール、スリランカ、スロバキア、スロベニア、セントクリストファー・ネービス、セントビンセント、タイ(プーケット島、サムイ島、パンガン島、タオ島のみ)、デンマーク、ドイツ、トルコ、パプアニューギニア、パラオ、ブルガリア、ベトナム、ベラルーシ、ベリーズ、ポーランド、香港、ホンジュラス、マレーシア、モルディブ、リトアニア、フランス
※ フランス:ワクチンパスポートのほか、国内の飲食店を利用する際は“pass sanitaire”(衛生パス)のQRコード提示が求められます。
※ 韓国:隔離免除書の発行に必要な書類「予防接種証明書」として認めています。ただし、韓国政府は日本を変異株流行国に指定したことにより、日本からの渡航者は9月1日より隔離免除の対象外となりました。

上記の内容は予告なく変更や更新となる場合があります。ハワイを含む国外へ渡航する際は必ず最新情報をご確認ください。

 

参考元 : Safe Access O‘ahu(City&County of Honolulu)

【最新情報】ハワイ事前検査プログラムを利用して渡航する方へ