アメリカ旅行で必要な準備や持ち物一覧をご紹介

ESTA(エスタ)申請 > アメリカ旅行で必要な準備や持ち物一覧をご紹介

アメリカ旅行で必要な持ち物と渡航の準備について

渡航の目的が旅行やビジネスであっても、アメリカへ向かう際は以下の持ち物を用意しましょう。
先ずは最低限度必要なものをご紹介します。

パスポート
有効期限を確認しましょう。有効期限が十分にあることが望ましいとされていますが、
アメリカからの帰路の予定日にパスポートの期限が有効であれば渡航が許可されます。
ESTA:エスタ
一般的なアメリカ旅行や出張の際はESTA(エスタ)が必要となります。
ただし、アメリカでの滞在期間が90日を超える方や、現地にて報酬を得るビジネスを目的として渡航される方は
ESTA(エスタ)の申請対象となりませんのでビザの申請をご検討ください。
航空券
ご自身で航空券を手配された方は必ずお持ちください。パッケージツアーに参加される方は渡航当日に旅行会社よりチケットを渡されるケースがありますので、空港でのチケット受取の場所とタイミングを事前に確認しておきましょう。
クレジット
カード
現地での宿泊や買い物の際に必要となりますので、成人の方の場合はクレジットカードのご用意をお願いします。
場合により使用できないクレジットカード会社もありますので、2・3社のクレジットカードのご用意をお勧めします。
海外旅行保険
への加入
クレジットカードをお持ちの方は、海外でのトラブルを保証する保険制度もクレジットカードの機能として兼ね備えています。しかし、保証の基準はクレジットカード会社により様々なため、保証の面で限界があります。思わぬトラブルに遭遇する非常時に備えて、海外旅行専用保険への加入をお勧めいたします。ご家族でアメリカ旅行をされる場合は全員分の海外旅行専用保険に加入漏れがないか、どのような保証制度があるか事前に確認しておきましょう。
現地通貨
アメリカドル
現地での通貨を予め両替しておきましょう。
主要な通貨は日本国内の空港でも両替が可能ですので、必要な金額の両替をお勧めします。
現地にて両替をする場合は金融機関の営業時間や両替が可能なATMの設置場所を事前に確認しておきましょう。
現金
日本円
出発時と帰国時には日本円が必要となります。ご持参の現金を全額両替する必要はありません。
日本での往復の交通費や現地での雑費、両替をするための日本円を用意しておくと安心です。
旅行の日程表
ツアーなどでアメリカへ旅行される方は旅行会社から用意される日程表をお持ちください。
ご自身にて旅行の手配をされた方はアメリカでの予定を手帳などに記しておくことをお勧めします。
ホテルの宿泊
予約確認証
事前にオンラインなどでホテルを予約した方は、予約完了を表示したページや画面を出力して持参することをお勧めします。ツアーに参加される方は、宿泊先のホテルの住所や電話番号などを事前に旅行会社へ確認しておきましょう。
運転免許証
カリフォルニアやハワイなどアメリカの州によっては日本の免許証で公道での運転が認められておりますが、海外のレンタカー会社を利用する場合は国際運転免許証を取得されることをお勧めします。州により運転免許に関する法律が異なりますので、訪問する州の法律や交通事情を予め確認しておきましょう。国際免許証は全ての外国で使用できるとは限りません。アメリカ滞在の際に車の運転を希望される方は、レンタカー会社などへ直接お問い合わせいただき、ご自身のプランに合わせた免許証の取得をお願いします。
現地の地図
ガイドブック
英会話集など
現地の地図、ガイドブック、英会話集など:地域によりスマートフォンやパソコンが使用できない場合もありますので、念のため訪問する場所が詳しく載っている地図やガイドブックを用意しておくと安心です。
また、英語が苦手な方は英語での一般的な会話が記載されている英会話集など用意しておくことをお勧めします。
筆記用具と
メモ帳
英会話が通じにくい場合や細かなニュアンスを伝えたい場合は、絵や筆記によるコミュニケーションが有効です。
また、外出先で控えておきたい情報や番号を記載する際にも重宝します。

アメリカ旅行の際に準備しておきたいもの

アメリカでの滞在先にも寄りますが、現地では一般的な物であれば割と手軽に購入することが可能です。
特にハワイやグアムなどの観光地は日本の製品も多く売られていますので、調達に困ることは少ないかもしれません。
以下はアメリカ旅行をする際に持参した方が良いと思われるものです。必要に応じてご持参ください。

衣類、下着、洗面用具、洗濯用品、化粧品、常備薬、生理用品、顔写真が写ったパスポートのコピー、帽子、サングラス、日焼け止め、
雨具、カメラ、フィルム、電池、ポケットティシュ、ウエットティッシュ、紙製便座シート、虫よけスプレー、大小サイズのビニール袋、
簡易スリッパ、トランクの合鍵、トランク用のセーフベルト(鍵が破損した場合に使用)

変圧器とコンセントについて

アメリカ国内は基本的にコンセントの形状は日本と同じなので、アメリカでも日本の家電を使用することが出来ます。
従って一般的な家電を使用する場合は、現地のコンセントに変圧器を差し込む必要はありません。
ただし、日本の電圧は100Vなのに対し、アメリカの電圧は120Vか200Vで設定されています。
日本から持参される電化製品が120V-200Vの電圧でも対応可能か、製品の裏側などの記載されている電圧の仕様を事前にご確認ください。
ヘアドライヤーやヘアアイロンなど、熱を伴う電化製品を長時間使用する際は安全のため変圧器を差し込んで使用することをお勧めします。

携帯会社ごとによるアメリカでのサービス

ハワイなど日本人が多く訪れるアメリカの主要な街では日本の携帯電話会社によるサービスを展開しております。
現地では基本的に修理などは受け付けておりませんが、無料の充電サービスや海外での通話設定や操作方法などの説明を行っております。
※ソフトバンクは2019年1月現在展開しておりません

NTTドコモ ワールドウイング

http://www.nttdocomo.co.jp
TEL: 0120-800-000
ドコモの電話機から151をおかけください。

ハワイ ドコモワールドカウンター

2250 Kalakaua Ave. Space 216, Honolulu, Hawaii 96815 (ワイキキショッピングプラザ2階)
電話番号:+1-808-923-6880(有料)
営業時間(現地時間):10:00~18:00
定休日:年中無休

au グローバルパスポート

http://www.au.kddi.com
TEL: 0077-7-111
Auの電話機から157をおかけください。

KDDIモバイル ホノルル支店

820 Kaheka street Honolulu, Hawaii 96814
電話番号:+1-808-922-4100(有料)
営業時間:11:00~19:00
定休日:年中無休

ソフトバンクモバイル

http://mb.softbank.jp/mb
TEL: 0088-240-157
ソフトバンクの電話機から157をおかけください。
※現在、ソフトバンクはハワイでのサービス展開を行っておりません。

ESTA(エスタ)申請・アメリカ電子渡航認証システムTOPに戻る
更新日:2019/1/31