ESTA(電子渡航認証システム)とは?エスタの仕組みや申請方法をわかりすく解説 | ESTA(エスタ)申請サイト: ESTA Online Center

ESTA(エスタ)申請 > ESTA(エスタ)とは

ESTA(エスタ)とは<電子渡航認証システムについて>

ESTA(エスタ)とは<電子渡航認証システムについて>

ESTA(エスタ)とは?

ESTA(エスタ)とはVisa Waiver Program(VWP)の一環で、短期の米国渡航に必要な入国審査制度です。米国渡航を希望する方は事前にESTAによる申請を行い、適格性について答える必要があります。 日本国籍の方の場合、一般的な観光旅行や短期のビジネスを目的としてアメリカへ渡航される際はビザの取得は必要ありませんが、ESTA(エスタ)申請は必須となります。ESTA(エスタ)はアメリカに90日以内の滞在を希望する際に年齢を問わずどなた様も必須となるものですが、渡米の目的が就労・留学の場合はESTA(エスタ)申請の対象とならず、ビザを申請しなければなりません。また、米国での永住を目的とする方もESTA(エスタ)申請の対象になりませんので、長期滞在が可能なビザの申請をご検討ください。

ESTA(エスタ)の有効期限と申請時期

ESTA(エスタ)を一度申請した場合、有効期限は2年間となります。ESTA(エスタ)の有効期限内であれば制限なく何度でもアメリカへの渡航が認められます。ただし、パスポートの有効期限が2年未満の場合はパスポートの有効期限日と同日にESTA(エスタ)の有効期限も切れてしまいますのでご注意ください。期限が有効なパスポートを所持している方であればいつでもESTA(エスタ)を申請することは可能ですが、有効期限が残り半年ほどで失効となってしまう場合は、パスポートの更新を行ってからESTA(エスタ)申請を行うことを推奨しております。アメリカからの帰路の予定日までパスポートが有効な場合はESTA(エスタ)を利用しての渡米が認められておりますが、国によってはパスポートの有効期限が十分でないとオーバーステイを防ぐための施策として入国が認められないケースもございますので、渡航前にパスポートの有効期限をご確認ください。ESTA(エスタ)は年中無休でオンラインにて受け付けておりますのでいつでも申請することが可能ですが、申請をしてからすぐに渡航認証が下りることはございません。ESTA(エスタ)は申請から渡航認証の通知までに最大で3日ほどの期間を要する場合もあるため、渡米の予定が決まった際は早めのESTA(エスタ)申請をお勧めいたします。なお、ESTA(エスタ)を利用しての渡米にはいくつかの条件があります。先述の通り、ESTA(エスタ)を利用してアメリカで滞在可能な期間は90日以内と定められており、それ以上の滞在を希望される方はビザを取得する必要があります。また、過去にアメリカ国内にてオーバーステイをした経緯がある方や、過去に重大な犯罪歴がある方、アメリカが定める伝染病に罹患されている方、重大な病気を抱えており緊急な治療が必要となる方などについてもESTA(エスタ)申請の対象とならないことが予想されますので、該当される方は渡米の際にビザの申請をご検討ください。

ESTA(エスタ)について解説します

通常、米国への渡航時にはビザ取得が必要となりますが、VWP参加国の国籍を持つ渡航者が渡米する際、短期商用・観光目的で滞在日数が90日以下など幾つかの要件を満たした場合に、ビザ取得手続きを免除し、比較的簡便な電子認証にて渡航可能となる制度です。
米国にて乗り継ぎをする場合にもESTA(エスタ)認証が必要となります。
就労や留学などで渡航目的が上記に該当しない場合は、目的に応じてビザを取得して渡米する必要があります。
また犯罪歴の有無や伝染病の有無等により、VWP参加国のすべての方がビザ免除プログラムを利用できるというわけではありません。

ESTA(エスタ)認証の有効期限は、原則として認証日から2年間となります。
但し、2年以内にパスポートの有効期限が満了する場合は、ESTA(エスタ)認証もパスポート有効期限をもって失効となります。
また、パスポートの再発行を行った場合は、新しいパスポート番号にて改めて認証を受ける必要があります。

米国国土安全保障省(DHS)にオンライン申請書を提出してから、最長72時間の審査期間を経て認証結果が通知されます。
その為、搭乗する72時間前までに申請を行う事が推奨されています。

米国国土安全保障省(DHS)の規定により、ESTA(エスタ)認証が拒否される場合がございます。認証拒否となった場合には、米国大使館にてビザを取得しなければ米国への渡航はできません。ビザ発行には時間がかかりますのでご注意下さい。その他、詳しい情報については、米国国土安全保障省サイトや、米国大使館サイトをご参照下さい。

米国大使館サイト

https://jp.usembassy.gov/ja/

VWP参加国

日本/アンドラ/オーストラリア/オーストリア/ベルギー/ブルネイ/チェコ/デンマーク/エストニア/フィンランド/フランス/ドイツ/ギリシャ/ハンガリー/アイスランド/アイルランド/イタリア/ラトビア/リヒテンシュタイン/リトアニア/ルクセンブルグ/モナコ/オランダ/ニュージーランド/ノルウェイ/ポルトガル/マルタ/サンマリノ/シンガポール/スロバキア/スロベニア/韓国/スペイン/スウェーデン/スイス/英国/台湾

VWP参加国

ESTA(エスタ)の申請条件

  • 渡米の目的が一般的な観光か短期のビジネスであること
  • 米国での滞在期間が90日以内であること(就労・留学の場合は除く)
  • 上記のVWP参加国の市民であり、期限有効なICチップ搭載のパスポートを所持していること
  • 過去に重大な犯罪歴がなく、米国が定める伝染病や病気に罹患していないこと
  • 米国に滞在する意思がなく、目的の遂行後は帰国すること

VWP(ビザ免除プログラム)について

VWP利用要件

下記要件を満たしアメリカ合衆国50州(ハワイ・アラスカを含む)もしくはアメリカから乗り継ぎで他国へ入国される方

利用パスポート制約

ビザ免除資格を持つ渡航者は、有効な機械読取式パスポート(現在、日本で発行されているパスポートは全て機械読取式となります)を所持する必要があります。尚、パスポート発行日により、下記の条件を満たす必要があります。

事前確認事項

過去にビザの取り消しをされた経歴がある方、有罪・無罪にかかわらず逮捕歴のある方、犯罪歴がある方、特定の伝染病を患っている方、過去に米国への入国を拒否されたり強制送還された方、過去にビザ免除プログラムで入国しオーバーステイした事がある方等は、ESTA(エスタ)認証を否認される事がございます。この場合、渡米に臨みビザを取得する必要があります。

軽微な犯罪で逮捕および訴追や有罪に至らないような場合には、ビザ免除プログラムを利用することができます。
米国で交通違反で検挙され、罰金の支払いが未達となっている、または法廷審問に呼ばれたにもかかわらず出頭を拒否したような場合は、
逮捕状が提出されている可能性があり、入国審査をパス出来ない事があります。
該当事項のある方は、渡米前に予め問題を解消し、ESTA(エスタ)申請にて渡航許可を得るかビザの申請・取得を行う必要があります。

ESTA(エスタ)申請サービスについて

ESTA(エスタ)申請サービスについて

ESTA online center では複雑なESTA(エスタ)の申請をお客様に代わって完全サポート。24時間・年中無休でご対応いたします。
米国渡航に不慣れな方やご自身での申請が不安な方のために専門知識を兼ね備えた専任担当者が丁寧にアドバイスいたします。
当サイトの申請代行サービスをご利用頂く場合、自身で直接申請される場合と比較して下記のメリット・付加価値をご提供致します。

申請代行料金

米国国土安全保障省申請料($14) + 申請代行サービス料 = 7,236円(税込)
クレジットカード、またはPaypalアカウントからのお支払いとなります。
申請情報入力後、クレジットカード決済画面が表示されますのでフォームに従って内容を入力してください。

利用可能なクレジットカード

Paypalアカウントからのお支払いも可能

更新日:2019/9/9