KCCファーマーズマーケットの見どころは?人気のグルメやお土産を紹介

スマホでESTA申請はこちら 出発の72時間前までにお願いします
Menu

KCCファーマーズマーケットの見どころは?人気のグルメやお土産を紹介

更新日:2024/03/26

KCCファーマーズマーケットの見どころは?人気のグルメやお土産を紹介

オアフ島ホノルル最大規模の青空朝市”KCCファーマーズマーケット”は、ダイヤモンドヘッドの麓で毎週土曜日に開催されています。農家の採れたて野菜や果物、ローカルフード、ハワイ土産など、グルメもショッピングも見どころが盛りだくさん。ここでは、特におすすめの10店舗やワイキキからのアクセス方法などを紹介します。

“KCCファーマーズマーケット”とは?

“KCCファーマーズマーケット”は、ハワイの大規模な青空市場です。ダイヤモンドヘッドの麓に位置する“カピオラニ・コミュニティ・カレッジ(Kapiolani Community College: 通称KCC)”の駐車場で、毎週土曜日午前7:30〜午前11:00に開催されています。農家直送の青果物や生花をはじめ、お土産に最適なハワイ産はちみつやクッキーなどが人気です。そのほかにも、ハワイの有名レストランやファーマーズマーケット限定のプレートランチとサンドイッチ、食べ歩きに丁度良い話題のスイーツやドリンクなど多種多様なグルメを楽しめます。ワイキキから程近い場所にあるため、自転車やバスなど複数の交通手段が利用可能。アクセスもしやすく人気があるこの朝市は、朝食やブランチ、ショッピングを楽しむローカルや観光客で毎週賑わっています。

KCCファーマーズマーケットの店舗一覧

出店リストは公式ウェブサイトで確認できます。最新情報は各店舗の公式ウェブサイトやインスタグラムでチェックしましょう。ここでは出店店舗※を一部紹介します(2024年2月時点)。
※出店店舗、内容は変更する可能性があります。

グルメ

店舗名 販売商品
パピズ・エンパナーダ / Papi’s Empanadas エンパナーダ
ホノルル・バーガー・カンパニー / Honolulu Burger Company ハンバーガー、サンドイッチ
スモールカイン・ファーム / Small Kine Farm ポータベラマッシュルーム
エルメキシカン / パスタバー / El Mexi-Can/ Pasta Bar パスタ
ククイ・ソーセージ / Kukui Sausage 手作りソーセージ、ホットドッグ
ビッグアイランド・アバロニ / Big Island Abalone アバロニ料理
バーガー&ブリトー・ハワイ / Burgers & Burritos Hawaii グルメバーガー、メキシカンフード
アロハ・ワサビー / Aloha WasaBee ガーリックシュリンプ
ベジドッグ / Veggi Dogs ホットドッグ

野菜・果物

店舗名:野菜・果物 販売商品
コー・ファーム / Ko Farms 野菜、果物
カムエラ・トマト / Kamuela Tomatoes トマト
キングスファーム / Kings Farms いちご
PITファーム / PIT Farm 野菜、果物

スイーツ・お菓子

店舗名 販売商品
フア・モチ・アロハ / Hua mochi Aloha 天然フルーツのモチ・アサイーボウル
ウル・マナ・イン / Ulu Mana Inc. ブレッドフルーツのチップス
ブレンデッド・ハワイ / Blended Hawaii フルーツボウル
モチ・アウレレイ・ハワイ / Mochi Aulelei Hawaii 揚げモチ
アンティーナニズ・クッキー / Aunty Nani’s Cookies クッキー
オールハワイアンハニー / All Hawaiian Honey はちみつ
アカカ・フォールズ・ファーム / Akaka Falls Farm ハワイ産ジャム、バター
ナロ・メリ / Nalo Meli はちみつ

ドリンク

店舗名 販売商品
キヘネ / Kihene ハワイアンティー
アイランド・バナナジュース / ISLAND BANANA JUICE バナナジュース
アフアロア・ファームズ / Ahualoa Farms コーヒー、コーヒー豆
ウィンウッド・ファーム / Wynnwood Farms フレーバーティー
ハワイアン・クラウン / Hawaiian Crown パイナップルドリンク、アサイーボウル
ワナアオ・コーヒー / Wana’ao Coffee コーヒー
アイカネ・プランテーション / Aikane Plantation コーヒー・コーヒー豆

雑貨

店舗名 販売商品
リトルハンズ・ハワイ / Little Hands Hawaii ボディケアアイテム、日焼け止め
アイランド・ヘンプ・コレクティブ / Island Hemp Collective 人やペット向けの地元産ヘンプ製品
ペニーズ・オーキッズ / Penny’s Orchids 衣類

その他

店舗名 販売商品
グリーンポイント・ナーセリー / Greenpoint Nursery 植物
808 バウワウ / 808 Bow Wow 犬のおやつ
オアフ・マスター・ガーデナー・プログラム / Oahu Master Gardener Program 植物やガーデニングに関する質問・相談
ニータズ・フラワー・マーケット / Nita’s Flower Market 生花

KCCファーマーズマーケットでおすすめの人気店10選

KCCファーマーズマーケットは、現在約90店舗ものバラエティに富んだお店が集まっています。その場で食べられる最新ローカルグルメやお土産に最適なハワイ産アイテムなど、厳選した10店舗を紹介します。

1:ザ・ピッグ・アンド・ザ・レディー / The Pig and the Lady

The Pig and the Lady 新感覚のベトナム料理が食べられる“ベドナミーズ・キュイジーヌ、ザ・ピッグ・アンド・ザ・レディー”。元々ファーマーズマーケットに出店したことで人気となり、ホノルルのダウンタウンにレストランを構えました。オーナーシェフのアンドリュー・リー氏はニューヨークで腕を磨き、ハワイを代表するフレンチレストラン”シェフ・マブロ(2022年に閉店)”で活躍した実力派。母親から受け継いだという伝統的なベトナムの家庭料理にフレンチを融合させたオリジナリティ溢れる料理の数々が評判です。ファーマーズマーケットでは、バインミーやフォーなどレストランの人気メニューが手軽に味わえます。12時間ローストした最上級プライムグレードのビーフブリスケット(肩バラ肉)と、タイバジル、チミチュリ、海鮮醤、スリラッチャソース、モヤシ、パクチーを挟んだバインミーをフォーのスープに浸して食べる”フォーフレンチディップ(17ドル)”は、期待を裏切らない美味しさです。

公式ウェブサイト:The Pig and the Lady

2:パシフィクール・ハワイ / Pacifikool Hawaii

Pacifikool Hawaii ハワイアンジンジャーエール&モクテルが楽しめる“パシフィクール・ハワイ“は、長年に渡りKCCファーマーズマーケットで親しまれている人気店。すべてのドリンクに、100%ハワイ産の自家製ハワイアンジンジャーシロップを使用しています。中でも、ハワイアンジンジャーシロップとレモン、バジル、炭酸水をミックスした”レモンジンジャークーラー(7ドル)”は特におすすめ。ハワイの青空の下で飲む、ピリッとスパイシーなジンジャーとレモンの酸味やバジルの爽やかな香りを感じる1杯は最高です。そのほかにも、”マンゴージンジャー(8ドル)”、”トレジャーファンド:アイランドジンジャーエール(6ドル)”、”ハワイアンビューティー:ハイビスカスミントジンジャー(8ドル)”、”ピュアパッション:リリコイジンジャー(8ドル)”、”ジンジャーコラーダ(8ドル)”などがあります。

公式ウェブサイト:Pacifikool Hawaii

3:ブレンデッド・ハワイ / Blended Hawaii

Blended Hawaii ハワイ産のフルーツや野菜を使用したヘルシーボウル専門店です。”ファームトゥテーブル / Farm to Table(農場から食卓へ)”をコンセプトに、2023年末カイルアでオープンしました。農家から直接仕入れた新鮮な地元産食材を使用し、トッピングのクロロ(タロイモにブラウンシュガーとココナッツミルクを入れて作るハワイの伝統的デザート)に至るまですべて手作りという徹底したこだわりが人気の秘訣。カロ(タロイモ)とバナナ、はちみつ、ココナッツミルクをブレンドした”カロ:ハワイアン・タロ・ボウル”や、パイナップル、バナナ、ハワイアンバニラ、ハワイ産アーモンドミルク、ココナッツクリーム、はちみつをブレンドした”サニーボーイ:パイナップルボウル”、マンゴー、パイナップル、パパイヤ、ケール、ハワイアンスピルリナ、アガベ、ココナッツミルクをブレンドした”マナボウル”など、どれも栄養価が高く試す価値のある美味しさです。サイズはケイキ(7ドル)、スモール(10ドル)、ミディアム(12ドル)、ラージ(14ドル)があります。

公式ウェブサイト:Blended Hawaii

4:フィースト / Feast

Feast マノア地区にある”フィースト”は、”メリマンズ”のエグゼクティブシェフとしても活躍したシェフ、ジョン・マツバラ氏がプロデュースしたレストランです。KCCファーマーズマーケットでは、地元メディア”FROLC”でNo.1に選ばれたこともある人気メニュー”ロブスターロール(30ドル)”を気軽に味わえます。バターが香るハワイアンスイートブレッドにロブスターをたっぷり挟み、濃厚な特製”ウマミマヨ”が決め手の一品。レモンを絞って豪快に頬張れば、甘く風味豊かなロブスターの旨みが口いっぱいに広がります。作りたてが特に美味しいので、購入後はそのままファーマーズマーケット内を散策してピクニック気分で食べるのがおすすめです。

公式ウェブサイト:Feast

5:モチ・アウエレイ・ハワイ / Mochi Auelei Hawaii

Mochi Auelei Hawaii “モチ・アウエレイ・ハワイ”では、ハワイの伝統料理”ポイ”を揚げたスイーツ”ポイモチ”が食べられます。ポイは古代ハワイアンの主食で、蒸し焼きにしたタロイモの球茎を粘りが出るまですり潰し、発酵させて食べる料理です。食物繊維、ビタミン、ミネラルなどが豊富で栄養価が高く消化吸収が良いことから、現在もローカルに親しまれています。お腹を満たし手軽にパワーチャージできる”ポイモチ”は食べ歩きにぴったり。外側はカリッと香ばしく、内側はモチモチとした食感です。タロイモの素朴な甘味が昔懐かしい味わいで、グルテンフリー、ヴィーガンのおやつとしても知られています。1串5ドルで、“ポイモチ”、“ココナッツモチ”、“ウベモチ”の3つのフレーバーから選べますが、初めて食べるなら3種類が1串になった“ミックス”がおすすめ。なおこの店舗はKCCファーマーズマーケットだけでなく、オアフ島各地の朝市に出店しています。

公式インスタグラム:Mochi Auelei Hawaii

6:アイカネ・プランテーション / Aikane Plantation

Aikane Plantation ハワイ島カウ地区で100年以上の歴史がある”アイカネ・プランテーション”のコーヒーを飲むことができます。酸味が控えめで苦みも少なくすっきりとした味わいが飲みやすく、お土産にも最適です。このコーヒー農園は、ハワイ州がハワイ産の農作物や加工品で安全性や品質などの規定をクリアした商品に与える”Seal of Quality(シール・オブ・クオリティ)”の認定を受けています。ハワイ産コーヒー豆を購入する際は立ち寄ると良いでしょう。店頭ではコーヒー豆だけでなく、コーヒーのホット(4ドル)またはアイス(5ドル)が購入できます。また、コーヒーゼリーとホイップクリームを混ぜて飲むデザート感覚の”飲むコーヒーゼリー(7ドル)”も人気です。

公式ウェブサイト:Aikane Plantation

7:ビッグアイランド・アバロニ / Big Island Abaloni

Big Island Abaloni ハワイ島コナ産の極上エゾアワビ”アバロニ”が焼きたてで食べられる“ビッグアイランド・アバロニ“は、連日行列ができる人気店です。コナ近海の推進915mから汲み上げた高純度の海洋深層水と良質な海藻で育つアバロニは、天然物に負けない鮮度の良さが特徴。多くの有名レストランやホテルでも使用されています。KCCファーマーズマーケットではグリルしたアバロニが販売されており、サイズとフレーバーの選択が可能です。フレーバーはプレーンのほか、ガーリックバター、ジンジャーソース、味噌ガーリックの3種類があり、2種類まで選べます。スモールサイズ(5個)ならプレーン17ドル、1フレーバー20ドル、2フレーバー21ドル。新鮮で上質なハワイの名産品アバロニをカジュアルに味わえるチャンスです。

公式ウェブサイト:Big Island Abaloni

8:ハワイアン・クラウン / Hawaiian Crown

Hawaiian Crown 完熟パイナップルのフレッシュジュースやフルーツスムージーなどのドリンクが楽しめる”ハワイアン・クラウン”。オアフ島とハワイ島で農園を営むオーナーが、高品質パイナップル”スイートゴールド”をはじめとする農産物や、自社工場で製造した様々な特産品を販売している有名店です。KCCファーマーズマーケットではドリンクのほか、リリコイ、マンゴー、グアバなどハワイで育ったトロピカルフルーツのジャムやバターも人気です(各種11ドル)。バターはハワイで”フルーツカード”と呼ばれており、クリーム状に仕上げたジャムよりも濃厚な味わいが特徴です。トーストやパンケーキ、ヨーグルト、アイスクリームなど色々な組み合わせが楽しめます。

公式ウェブサイト:Hawaiian Crown

9:アフアロア・ファミリー・ファーム / Ahualoa Family Farms

Ahualoa Family Farms 生産、加工、梱包まですべてハワイ島で行われている”アフアロア・ファミリー・ファーム”の高品質なマカダミアナッツ。定番フレーバーのシーソルトのほか、ハワイアンアイランドハニー、リリコイ、コーヒーリキュールなどユニークなフレーバーが展開されています(4オンス10ドル)。”Seal of Quality(シール・オブ・クオリティ)”に認定され、その質の良さはハワイ州お墨付き。マカダミアナッツはグルテンフリーで食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富で抗酸化作用があり、ハワイのスーパーフードと言われています。低炭水化物で良質な脂質が含まれ、ケトジェニックやパレオダイエット中のおやつにもおすすめです。ヘルシー志向の方へのお土産にいかがでしょう。

公式ウェブサイト:Ahualoa Family Farms

10:リトルハンズ・ハワイ / Little Hands Hawaii

Little Hands Hawaii ハワイで人気の自然派ボディケアブランド”リトルハンズ・ハワイ”。オーガニックなビタミンオイル(ひまわり由来)やハワイのビーズワックス、コクムバターなど肌に優しい天然由来成分のみ使用されており、敏感肌や子供でも使える商品を展開しています。パッケージングにはリサイクルされた堆肥(たいひ)可能な材料や大豆インクでの印刷を採用するなど、サスティナブルにこだわり環境に配慮したブランドです。シグネチャー商品の日焼け止めはクリームタイプとスティックタイプ、また色味の異なる種類が販売され、当ブランドを一躍有名にした人気アイテムとなっています。また、日焼け止め以外にもボディバターやバームも購入可能です。KCCファーマーズマーケットではすべての商品の使い心地を試すことができるので、ご自身のお気に入りを見つけましょう。

公式ウェブサイト:Little Hands Hawaii

KCCファーマーズマーケットの基本情報

ワイキキから車で10分程の場所にある短期大学“カピオラニ・コミュニティ・カレッジ(通称KCC)”の駐車場で、毎週土曜日午前7:30〜午前11:00に開催される朝市です。ダイヤモンドヘッドの麓に位置しており、人気のレストランやカフェが軒を連ねるモンサラット通りのすぐそばで行われるためアクセス良好です。朝早い時間にもかかわらず、毎週のようにローカルと観光客で賑わっています。オアフ島では各所でファーマーズマーケットが開催されていますが、中でも最も規模が大きいのがKCCファーマーズマーケットです。またオアフ島で最初にスタートしたファーマーズマーケットとしても知られ、約20年に渡って親しまれています。

農家の青果物や生花、ハワイ産加工品、フードやドリンクなど多種多様なお店が集まり、店舗数は約90。野菜や果物の購入だけでなく、お土産の調達や食べ歩きなどその場で様々なローカルグルメを楽しめます。ピクニックテーブルはごくわずかしか設置されていないため、駐車場の隅や芝生に座って食べる場合がほとんど。公衆トイレは2か所あり、必要な際に利用可能です。無料駐車場は毎週混み合うものの頻繁に車が出入りするため、それほど待ち時間はかかりません。会場は広いため、訪れる際は歩きやすくカジュアルな服装がおすすめです。

KCCファーマーズマーケット / KCC Farmers Market

開催場所:カピオラニ・コミュニティ・カレッジ(Kapiolani Community College:通称KCC)
住所:4303 Diamond Head Rd. Honolulu, HI 96816
日時:午前7:30〜午前11:00(毎週土曜日)
公式ウェブサイト:KCC Farmers Market

KCCファーマーズマーケットへ行く際の持ち物

KCCファーマーズマーケットは屋外の広大な敷地で開催されているため、歩きやすいシューズと軽装で訪れましょう。また日差しが強いので、日焼け対策や熱中症対策として日焼け止めクリームを塗るほか帽子の着用もおすすめです。購入品は各自持参したエコバッグに入れます。基本的にレジ袋は販売されていないので、持参するのを忘れないようにしましょう。支払いはクレジットカードを利用できるお店が多いものの、現金のみの場合もあります。念のため現金を持参すると良いでしょう。フードやドリンクを購入しその場で飲食する際は、駐車場脇のコンクリートや芝生スペースに座る場合がほとんどのため、小さなレジャーシートなどがあれば快適に過ごせます。またサンドイッチなど手掴みで食べる場合もあるため、ウェットティッシュがあれば便利です。

持ち物一覧

  • エコバッグ
  • 現金
  • 日焼け止め
  • 帽子
  • ウェットティッシュ
  • レジャーシート

KCCファーマーズマーケットまでの行き方は?

KCCファーマーズマーケットはワイキキから程近い場所で開催されるため、自転車やバス、タクシーなど移動手段が豊富でアクセス抜群。ここでは、各移動手段について紹介します。

トロリー

trolley KCCファーマーズマーケットへ行く際は、ワイキキトロリーのグリーンラインを利用します。乗車チケット(1日乗り放題パス)は事前にオンラインで購入しておきましょう。料金は大人(12歳以上)19ドル、子供(3歳〜11歳)12.75ドル、2歳以下は無料です。“ワイキキ・ショッピング・プラザ”や“ワイキキビーチ前のデューク・カハナモク像”、“ホノルル動物園/ワイキキビーチ”いずれかの停留所から乗車し、KCCファーマーズマーケット前で降車可能(ファーマーズマーケット開催の土曜日のみ停車)。1周1時間毎に運行しており、往復で利用できます。KCCファーマーズマーケットの最終出発時間は午前11時02分です。帰りも利用する場合は乗り遅れないよう注意しましょう。ファーマーズマーケットを訪れた後に観光地を巡る場合は、全ライン1日乗り放題パス(1日パス+2日目無料)を購入すると便利。料金は大人57.75ドル、子供(3歳〜11歳)31.50ドル、2歳以下は無料です。

公式ウェブサイト:Waikiki Trolley

タクシー

taxi ワイキキからKCCファーマーズマーケットまでは車で10分程のため、タクシーの利用もおすすめです。乗車料金は混雑状況によりますが、20ドル前後が目安。宿泊先ホテルでタクシーを依頼して乗車するとスムーズです。乗車時にドライバーへ”Please go to KCC Farmers Market.(プリーズ・ゴートゥ・KCCファーマーズマーケット/KCCファーマーズマーケットまでお願いします。)”と伝え、到着時には料金と忘れずにチップを支払いましょう。また、配車アプリの“Uber(ウーバー)”や“Lyft(リフト)”も便利です。事前にアプリをダウンロードし乗車場所と目的地を指定すれば、近くを走行中のドライバー選択と料金確認ができます。

自転車

bicycle 自転車でワイキキからKCCファーマーズマーケットへ訪れる場合、所要時間は15分程。シェアバイク”Biki(ビキ)”を利用すれば、ワイキキに点在するステーションで自由にレンタル可能です。KCCファーマーズマーケット付近には徒歩5分程の場所に2か所ステーションがあり、返却・レンタルができます。詳しい場所やレンタル可能な自転車の台数はビキステーションマップで確認すると良いでしょう。利用方法は簡単。ビキステーションにあるキオスクの画面で日本語を選択し、案内に沿って購入したいプラン を選ぶだけです。料金は30分毎に4.50ドル、300分まで乗り放題30ドル、24時間乗り放題(1回につき30分まで)12ドルと、プランによって異なります。支払いはクレジットカードのみとなり、現金は利用できません。事前にオンラインで購入することも可能です。

公式ウェブサイト:biki

レンタカー

rental car レンタカーでKCCファーマーズマーケットを訪れる場合は、無料駐車場を利用できます。ダイヤモンドヘッドロードから入口に到着すると案内スタッフが常駐しているので、指示に従って進みましょう。駐車スペースは広く、収容台数も十分です。混雑しているものの、頻繁に車が出入りするため比較的駐めやすいと言えます。なお1台あたりの駐車スペースは狭く歩行者が多いので、駐車の際は周囲に注意しましょう。レンタカーはホノルル到着時にダニエル・K・イノウエ国際空港で借りるか、ワイキキ周辺に複数ある営業所でもレンタル可能です。ただし繁忙期には料金が高騰する場合があるため、旅行の計画が決まり次第オンラインでの予約をおすすめします。

バス

bus ワイキキから公共バスの”The Bus(ザ・バス)”でKCCファーマーズマーケットへ向かう場合、ルート2番と23番を利用できます。どちらもクヒオ通りのバス停から乗車しますが、降車するバス停は異なるので注意しましょう。2番は”Diamond Head Rd + 18th Ave”の停留所、23番は”Diamond Head Road + KCC Culinary School”の停留所で降車します。所要時間は20分程で、乗車料金は1回3ドル(2時間半の乗り換えを含む)です。乗車する際に現金で支払うことも可能ですが、事前に”Holo Card(ホロカード)”を購入しオンラインで入金しておくと便利。日本の交通系ICカードのようなシステムで、乗車時にカードをタッチするだけで支払い完了します。ホロカードはABCストアなどで購入可能です。

公式ウェブサイト:The BusHolo Card

アメリカ入国・渡航にはESTA(エスタ)の事前申請が必要です

ハワイ州ホノルルへ渡航する際はESTA(エスタ)の事前申請と認証が必要です。ESTA(エスタ)はビザ免除プログラム(VWP)の一環で、渡航するすべての旅行者に義務付けられる電子渡航承認システムです。90日以内の観光と商用目的でアメリカに入国する外国籍の方は年齢を問わず手続きが必要となります。申請はオンラインで行い、手続き完了後72時間以内に認証されます。一度認証を受けると有効期限は2年間となり、有効期限内であれば複数回利用可能です。パスポートの有効期限が2年以内の場合は、同期限を以ってESTA(エスタ)も無効となります。ESTA(エスタ)には延長や更新のシステムはありません。無効となった場合は新たに申請・認証が必要となるので、予め確認しておきましょう。

スマホでESTA申請はこちら 出発の72時間前までにお願いします