ハワイの人気グルメ15選 おすすめの店舗を紹介

スマホでESTA申請はこちら 出発の72時間前までにお願いします
Menu

ハワイの人気グルメ15選 おすすめの店舗を紹介

更新日:2023/12/21

ハワイの人気グルメ15選 おすすめの店舗を紹介

ハワイでおすすめのグルメを紹介

ハワイで外せない王道グルメとオアフ島で必見のお店を15軒紹介します。旅行中にアクセスしやすいワイキキエリアから地元住民が足繁く通う人気の穴場スポットまで、厳選して幅広くリストアップしています。朝食、ランチ、ディナーと希望の時間帯によって、多種多様なジャンルのお店を組み合わせてハワイでしか味わえない食事を楽しみましょう。ハワイ旅行が初めての方はもちろん、リピーターも必見です。

ロコモコ

Rainbow Drive-In / レインボー・ドライブイン2

ご飯の上にハンバーグと目玉焼きを乗せ、グレイビーソースをかけたハワイ定番の料理です。ダイナーやプレートランチで提供されることが多いカジュアルフードで、ハワイ各地でも広く親しまれています。ロコモコの発祥は諸説ありますが、1940年代にハワイ島ヒロにあるレストランで地元の若者からの”安価で満腹になるメニューが欲しい”という要望から始まりました。現在ではベーシックなロコモコだけでなく、トッピングやソースをアレンジしたオリジナルのロコモコを提供するお店も多くあります。

Rainbow Drive-In / レインボー・ドライブイン

Rainbow Drive-In / レインボー・ドライブイン

1961年創業の歴史ある人気プレートランチの専門店です。創業当時から変わらないボリューム、手頃な価格、素早い提供というお店のコンセプトから地元民だけでなく旅行者にも愛されています。ハワイ島ヒロ発祥の元祖ロコモコをオアフ島に広めた先駆者としても有名です。ここのロコモコはオーソドックスなスタイルが魅力。たっぷりよそったご飯の上にハンバーグのパティと目玉焼きが2つずつ乗り(焼き方はお好みで注文可能)、グレイビーソースがかかり、サイドにはマカロニサラダが添えられています。オーソドックスなスタイルが魅力のこのお店は栄養バランスが整った食事を楽しめます。また、プレートランチの他にサンドイッチやハンバーガーなどのメニューも種類豊富で常連客も多いお店です。ワイキキ周辺のカパフル通りにあるので、ビーチ帰りに寄るのも良いでしょう。

メニュー / 料金:ロコモコ・プレート / 11.25ドル
住所:3308 Kanaina Ave. Honolulu, HI 96815
営業時間:午前7:00〜午後9:00
定休日:なし
アクセス:ワイキキのホノルル動物園から徒歩約15分
駐車場・駐車料金:無料駐車場あり
電話番号:808-737-0177
公式ウェブサイトURL:Rainbow Drive-In

ガーリックシュリンプ

Giovanni’s Shrimp / ジョバンニ・シュリンプ2

ガーリックシュリンプはオアフ島ノースショアの名物料理です。カフク地区でエビの養殖が繁栄したことで誕生したと言われています。たっぷりのガーリックとエビを炒めた料理で、ご飯とサラダのワンプレートで提供されるのが一般的です。ノースショアではガーリックシュリンプを販売するフードトラックが点在し、お店によって様々な味付けを楽しめます。通常は殻付きのエビで調理されていますが、殻なしのエビを使用するお店もあります。

Giovanni’s Shrimp / ジョバンニ・シュリンプ

Giovanni’s Shrimp / ジョバンニ・シュリンプ

オアフ島ノースショアではローカルフードのガーリックシュリンプのお店が数多くあります。中でも20年以上に渡り人気があるフードトラックが“ジョバンニ・シュリンプ”です。ノースショアの観光地であるハレイワとカフクに店舗があります。ワイキキからノースショアまでは車で1時間程度ですが、ワイキキ内で訪れたい場合はカカアコの韓国系スーパーマーケット”Hマート”のカカアコ店を利用しましょう。種類豊富なメニューの中で人気なのはガーリックが香ばしいシュリンプ・スキャンピで、看板メニューのレモンバターでマリネしたシュリンプ・スキャンピは特におすすめです。レモンバターのソースと香ばしいガーリックがご飯の上に広がる王道のガーリックシュリンプを豪快に味わいましょう。

メニュー / 料金:シュリンプ・スキャンピ / 15ドル
住所:66-472 Kamehameha Hwy. Haleiwa, HI 96712(ハレイワ店)・458 Keawe St. floor 2, Honolulu, HI 96813(Hマート(カカアコ)店)
営業時間:午前10:30〜午後5:00(カカアコ店は午前11:00~午後8:00/土曜日は午後9時まで)
定休日:無休
アクセス:ワイキキから車で約1時間。H1フリーウェイを西に進み”1C”出口から”Pearl City”方面へ、分岐でH2フリーウェイを北に進み、”8”出口を”Wahiawa”方面に直進。”Haleiwa”の標識に従って進みます。
駐車場・駐車料金:周辺の無料駐車場、またはストリートパーキング
電話番号:なし
公式ウェブサイトURL:Giovanni’s Shrimp

ポケボウル

Fort Ruger Market / フォート・ルガー・マーケット2

ポケ(またはポキ)は生魚を一口大にカットしてハワイアンソルトや、ごま油、海藻などを混ぜ合わせた料理です。ポケはハワイの食文化が移民に影響される以前から伝統のハワイアンフードとして知られています。先住民は獲った魚に塩や海藻、イナモナ(ククイナッツの実をハワイアンソルトと一緒にすりつぶした調味料)を擦り込んで食べていました。日本や中国からの移民により醤油やごま油が持ち込まれ、魚の供給が安定すると次第に多彩なメニューのポケが生まれます。最も多く食べられている具材はアヒ(マグロ)で、他にもサーモンやタコなど魚介類が豊富に使用されています。トッピングに香辛料やワサビ醤油、ふりかけなど味付けも様々ですが、おつまみ、もしくはご飯にのせてポケボウル(丼)で食べるのが一般的な食べ方になります。

Fort Ruger Market / フォート・ルガー・マーケット

Fort Ruger Market / フォート・ルガー・マーケット

ダイヤモンドヘッドの近くにある1936年創業のハワイアン料理やフィリピン料理、軽食を提供するお店です。このお店のポケは好評のため、売り切れる午後には販売終了となります。定番メニューをはじめとするオリジナルのポケがローテーションで7〜8種類並び、量り売りかご飯の上に乗せてポケボウル(丼)での注文が可能です。冷凍していない生のマグロを使用したポケが特におすすめ(生は”Fresh”、解凍済みには”Pre(viously)-Frozen”という表示があります)で、ポケボウルに合わせるご飯は白米、玄米、酢飯から選択できます。昔ながらのポケの味なら、このお店に行きましょう。

メニュー / 料金:オリジナル・ポケボウル(ポケは2種類選択可) / 新鮮マグロ:22.45ドル、解凍マグロ:15.95ドル (時価のため変更の可能性あり)
住所:3585 Alohea Ave. Honolulu, HI 96816
営業時間:午前6:00〜午後6:00(月〜土曜日)、午前7:00〜午後6:00(日曜日)
定休日:無休
アクセス:ワイキキから車で約10分。ダイヤモンドヘッドの麓にあるKCC(ファーマーズマーケットで有名な短大)から徒歩約10分の住宅街にあります。
駐車場・駐車料金:お店の前に無料駐車場あり
電話番号:808-737-4531
公式ウェブサイトURL:Fort Ruger Market

ラウラウ

Highway Inn Kaka'ako / ハイウェイ・イン・カカアコ2

ラウラウの”ラウ”はハワイ語で”葉”、ラウを2度重ねることで”包む”を意味するハワイの伝統料理です。塩を振った角切りの豚肉をタロの葉、さらにティーリーフでくるんだ後、ハワイ式釜戸の”イム”の中で4〜6時間じっくりと蒸し焼きにして完成です。(現在は蒸し器での調理が主流)。”イム”とは地面を掘り、その穴に焼石や、種火、燻製用の木材、草木などを入れて使用するハワイ式の釜戸になります。ラウラウに限らず様々なハワイの伝統料理で利用します。焼き上がったラウラウはティーリーフを取り除き柔らかくなったタロの葉と豚肉を一緒に食べます。豚肉以外にも鶏肉や魚で調理する場合もあるため、素材で異なる味を堪能できるでしょう。

Highway Inn Kaka’ako / ハイウェイ・イン・カカアコ

Highway Inn Kaka'ako / ハイウェイ・イン・カカアコ

ハワイアンフードの”ラウラウ”を食べるのにおすすめなお店が”ハイウェイ・イン”です。1947年創業に日系ファミリーが創業したレストランで、現在はオアフ島に3店舗展開しています。ワイパフ本店と”ビショップミュージアム”内のカフェ、カカアコ店にもレストランがあり、旅行者にとってはアクセスが良好です。この店の看板メニューは”ハイウェイ・イン・テイスティング・プレート”というセットメニュー。ラウラウ(ポークまたはチキンを選択)をメインにハワイアン料理の定番料理ポイ、カルアピッグ、ロミロミサーモン、イカのルアウ、チキンロングライス、スイートポテト、ハウピアが付いてきます。柔らかいタロの葉のかおりとジューシーな肉が堪能できるラウラウ、さっぱりとしたロミロミサーモンや、ポイのサイドディッシュなどを合わせると味が一層引き立ちます。本場ハワイの風味豊かな伝統的料理を存分に味わいましょう。

メニュー / 料金:ハイウェイ・イン・テイスティング・プレートのポーク・ラウラウ / 30.95ドル(チキン・ラウラウは28.95ドル)
住所:680 Ala Moana Blvd. #105, Honolulu, HI 96813(カカアコ店)
営業時間:午前9:30~午後8:00(月~木曜日)/午前9:30~午後8:30(金~土曜日)/午前9:30~午後3:00(日曜日)
定休日:無休
アクセス:ワイキキから車で約15分、アラモアナセンターから車で約3分。アラモアナ通り沿いの”ソルト・アット・アワ・カカアコ”内、アラモアナ通りにあります。
駐車場:有料駐車場あり。(レストランを利用される際は駐車券をもらってください。
駐車料金:1時間半まで無料、レストラン利用でバリデーション(駐車料金割引券)をもらうと2時間まで1ドル、3時間まで2ドル、4時間まで4ドル、4時間以上は4ドル(30分ごとに3ドル加算)+30分毎に3ドル。
電話番号:808-954-4955
公式ウェブサイトURL:Highway Inn Kaka’ako

カルアポーク

Kono's / コノズ2

カルアポーク(またはカルアピッグ)はラウラウと並ぶハワイの代表的な伝統料理のひとつ、古代ハワイアンのルアウ(宴)で振る舞われた定番メニューです。カルアポークは豚を一頭丸ごとイム(地面を掘ったハワイ式の釜戸)に入れ、ティーリーフやバナナの葉で蓋をし長時間蒸し焼きにします。焼き上がった肉は細かく割いて、ポイ(タロイモをすり潰して発酵させたもの)やご飯と一緒に食べるのが一般的です。現在はハワイアン料理店だけでなく、様々なレストランやプレートランチ店で人気のメニューとなっています。キャベツと炒めたり、サンドイッチの具材としても活躍する料理です。

Kono’s / コノズ

Kono's / コノズ

カルアポークといえばノースショア生まれのお店で誕生した、”コノズ”。低温で12時間ローストした特製カルアポークが人気です。ノースショア・ハレイワ、カイルア、ワイキキ、カパフル通りに店舗があります。ご飯とカルアポークがセットになった“ポーク・プレートランチ”をはじめ、サンドイッチや、ブリトー、タコスなどのメニューを具材としても選択でき、自由にアレンジして味わえるのも魅力です。店内だけでなくテイクアウトも可能なためカルアポークを気軽に食べられます。ビーチや公園に持参してランチにいかがでしょう。

メニュー / 料金:ポーク・プレートランチ / 14.50ドル
住所:945 Kapahulu Ave. Honolulu, HI 96816(カパフル店)/ 2310 Kūhiō Ave. #1-A, Honolulu, HI 96815(ワイキキ店)
営業時間:午前7:00〜午後6:30
定休日:無休
アクセス:ワイキキのホノルル動物園から車で約5分、カパフル通り沿いにあります。
駐車場・駐車料金:ストリートパーキング(建物裏に無料駐車場あり)
電話番号:808-892-1088
公式ウェブサイトURL:Kono’s

エッグベネディクト

Plumeria Beach House / プルメリアビーチハウス2

イングリッシュマフィンの上にハムや、サーモンと、ポーチドエッグを乗せ、オランデーズソースをかけて食べるアメリカ発祥の料理です。ハワイでは定番の朝食・ブランチメニューとして、海を望むリゾートホテルの高級レストランやカジュアルな料理店で提供されています。ハムの代わりにサーモンを使用したものや、タロイモが練り込まれたイングリッシュマフィンなど、お店独自の味が楽しめます。

Plumeria Beach House / プルメリアビーチハウス

Plumeria Beach House / プルメリアビーチハウス

ハワイ観光でエッグベネディクトを食べるなら海が見えるホテルのレストランがベストです。“ザ・カハラ・ホテル&リゾート”の“プルメリアビーチハウス”では優雅な雰囲気のなか海前のオープンエアレストランで食事が楽しめます。朝食はビュッフェの他にもアラカルトメニューを選べ、特にクラシック・エッグベネディクトがおすすめです。トーストしたイングリッシュマフィンとカナディアンベーコンにハワイ・ワイアルア産ポーチドエッグとオランデーズソースを絡めて口に運ぶと、濃厚でクリーミーな美味しさが広がります。この味わいは多くの宿泊客を虜にし、雰囲気、サービスともに期待を裏切らないお店です。

メニュー / 料金:クラシック・エッグベネディクト / 24ドル
住所:5000 Kahala Ave. Honolulu, HI 96816
営業時間:午前6:30~午前11:00(朝食)/午前11:30~午後2:00(ランチ)/午後5:30~午後8:30(ディナー)
(月~木曜日はアラカルトメニューのみ)
定休日:無休
アクセス:ワイキキから車で約20分。ザ・カハラ・ホテル&リゾート内にあります。
駐車場・駐車料金:レストラン利用($50以上)で4時間まで無料駐車場を利用可能
電話番号:808-739-8760
公式ウェブサイトURL:Plumeria Beach House

サイミン

Zippy’s / ジッピーズ2

干しエビの出汁がベースとなるあっさりとした味のスープに中華麺、チャーシュー、錦糸卵、ネギ、ナルトなどをトッピングしたサイミンは、ラーメンに似たハワイの麺料理です。発祥は明確ではありませんが、20世紀初頭のプランテーション時代に移り住んだ日系移民の食文化から影響を受けたと言われています。サイミンのサイドディッシュにはハンバーガー(主にチーズバーガー)を一緒に注文して食べるのが地元住民の定番。お好みで麺や具材にカラシ醤油をつけて味わうのも通な食べ方なので、試してみましょう。

Zippy’s / ジッピーズ

Zippy’s / ジッピーズ

1966年にハワイで誕生したファミリーレストラン”ジッピーズ”はオアフ島やマウイ島ハワイ島を中心に24店舗展開しているチェーン店です。地元住民で知らない人はいないほど市内に広く浸透しています。ローカルフードのロコモコや、チキンカツ、てりやきビーフなどのプレートやハンバーガー、サンドイッチ、麺類など幅広い種類のメニューがあります。中でも名物メニューは”チリ”と”サイミン”です。サイミンは昔懐かしいシンプルな味わいが特徴で、あっさりとした干しエビのスープに浸かった中華麺にチャーシューとナルトがトッピングされています。価格もリーズナブルでレギュラーサイズが5.10ドル、ラージサイズ6.45ドルとなっています。朝から夜まで営業し、店舗によっては午前0時まで開いているためお酒を飲んだ後の締めにも人気のお店です。

メニュー / 料金:サイミン /ラージサイズ:6.45ドル(レギュラーサイズ:5.10ドル)
住所:1725 S King St. Honolulu, HI 96826(マッカリー店)
営業時間:午前6:00〜午後10:00
定休日:無休
アクセス:ワイキキから車で約10分
駐車場・駐車料金:無料駐車場あり
電話番号:808-973-0877
公式ウェブサイトURL:Zippy’s

オックステールスープ

Asahi Grill / 朝日グリル2

オックステールスープは牛テール(尾)を煮込んで作るハワイの定番料理です。八角や数種類のスパイスと共に牛肉を長時間煮込み、すりおろした生姜と醤油につけて食べます。セットのご飯はお好みでスープに浸して食べると味の変化をさらに楽しめるのでおすすめです。オックステールスープの発祥は諸説ありますが、ハワイで1949年創業の”カピオラニ・コーヒー・ショップ”で誕生、それ以来人気となり現在は多くの店で提供されるハワイの定番料理となりました。

Asahi Grill / 朝日グリル

Asahi Grill / 朝日グリル

多くのレストランで提供されるハワイの人気食”オックステールスープ”は、1949年に”カピオラニ・コーヒー・ショップ”で人気となったことがきっかけです。そのオリジナルのレシピを受け継いだのが、朝日グリル・カイムキ店でした。あまり知られていませんが、他店のワード店とは経営と味が異なります。昔ながらのオックステールスープにたっぷりの生姜を加えてセットのご飯も一緒に豪快に味わいましょう。パクチーが苦手な方はパクチーを抜いた注文も可能です。

メニュー / 料金:オックステールスープ / レギュラー23.95ドル(ミニは19.95ドル)
住所:3008 Waialae Ave. Honolulu, HI 96826
営業時間:午前8:00〜午後2:00、午後5:00〜午後9:00
定休日:水曜日
アクセス:ワイキキから車で約10分。ワイアラエ通り沿いにあります。
駐車場・駐車料金:無料駐車場あり
電話番号:808-744-9067
公式ウェブサイトURL:Asahi Grill

ガーリックアヒステーキ

Pioneer Saloon / パイオニアサルーン2

ハワイでは、近海で獲れたアヒ(マグロ)を豪快に使用した料理が豊富にあります。なかでもアヒポケと並び、最もポピュラーな食べ方のひとつがアヒステーキで、レストランやプレートランチ店でも人気のハワイ名物料理になります。ニンニクでシンプルに味付けされたガーリックアヒステーキは、分厚くカットしたアヒの切り身の両面を軽く焼き、ガーリックチップを乗せれば完成。醤油とガーリックで味付けしているためご飯とも相性抜群でハワイ旅行中に和食が食べたい時には特に人気の一品です。

Pioneer Saloon / パイオニアサルーン

Pioneer Saloon / パイオニアサルーン

日本人オーナーが経営する2009年創業のプレートランチ店”パイオニアサルーン”。ワイキキ近くのモンサラット通り店とカカアコ店の2店舗で、毎日食べても飽きない家庭料理のようなメニューが約80種類あり連日多くの常連客で賑わっています。防腐剤や添加物を使用せず安全で作りたての料理は心まで温かくなる味わいです。種類豊富なメニューの中でも特に人気なのが”ガーリックアヒステーキ”。ミディアムレアに焼かれたアヒ(マグロ)は肉厚で、ガーリックのかおりにさっぱりとした和風醤油の味付けは絶品です。ライスは白米か、玄米、シソわかめ(追加料金1ドル)から選べ、サラダがセットで付いてきます。アヒステーキは一口大にカットされているので、外でもシェアして食べやすいのもポイントです。店内かテイクアウトをしてカピオラニ公園やビーチでシチュエーションに合わせて頂きましょう。

メニュー / 料金:ガーリックアヒステーキ / 22ドル(+シソわかめご飯1ドル)
住所:3046 Monsarrat Ave. Honolulu, HI 96815(モンサラット通り店)
営業時間:午前11:00〜午後8:00
定休日:無休
アクセス:ワイキキのホノルル動物園から車で約5分、徒歩約20分。レストランやカフェが並ぶモンサラット通り沿いにあります。
駐車場・駐車料金:ストリートパーキング(無料駐車場あり)
電話番号:808-732-4001
公式ウェブサイトURL:Pioneer Saloon

モチコチキン

Ethel's Grill / エセルズ・グリル2

ハワイのプレートランチで定番のおかずといえばモチコチキンです。日本の”鶏の唐揚げ”と見た目は同じですがモチコチキンは衣に小麦粉や片栗粉ではなく、もち粉を使用しています。日本の文化が浸透しているハワイでは調味料としてもち粉は馴染み深く、代用することで独特な食感を生み出しています。衣のカリカリモッチリとしたクリスピーな食感と、ジューシーな鶏肉の味わいは病みつきになること間違いありません。

Ethel’s Grill / エセルズ・グリル

Ethel's Grill / エセルズ・グリル

カリヒ地区にある1978年創業のローカル食堂です。現在は店内での飲食不可のテイクアウトのみですが、この店で最も有名なメニューが”アヒのタタキ”と”モチコチキン”になります。もち粉の衣で揚げた巨大な鶏の唐揚げはボリューム満点で、地元住民にも愛されている味。特製のジンジャーソースをたっぷりつけて豪快にかぶりつくと、衣のカリッとした軽い食感と柔らかくジューシーな鶏肉の美味しさが一緒に口の中で広がります。ご飯とサラダのワンプレートに味噌汁が付くのもこのお店ならでは。ワイキキから車で約25分のあまり治安が良くない場所ですが、この特製モチコチキンを食べに訪れる価値があるお店です。

メニュー / 料金:モチコチキン・プレート / $14.95
住所:232 Kalihi St, Honolulu, HI 96819
営業時間:午前8:00〜午後2:00
定休日:日・月曜日
アクセス:ワイキキから西方面に向かい車で約25分。ダウンタウンを過ぎ、ダニエル・K・イノウエ国際空港の手前にあるカリヒ地区にあります。
駐車場・駐車料金:お店の横にある駐車場、またはストリートパーキングになります。
電話番号:808-847-6467

ハンバーガー

W & M Bar-B-Q Burgers / W&M バーベキュー・バーガー2

ハワイに来たらアメリカンフードの王道、ハンバーガーは外せません。ハンバーガーショップ以外にもレストランやフードコート、フードトラックとあらゆるお店で提供されています。パティの焼き方、肉やバンズの種類、トッピングにソースなど、お店によって違う個性豊かな味があります。数ある種類のチーズから好みのものを選び、アボカドなどのトッピングをしてオリジナルの組み合わせを試すのも良いでしょう。高級ステーキ店や精肉店のオリジナルバーガーなども見逃せません。

W & M Bar-B-Q Burgers / W&M バーベキュー・バーガー

W & M Bar-B-Q Burgers / W&M バーベキュー・バーガー

50年以上の歴史を誇るカイムキ地区のテイクアウト専門のハンバーガーショップです。地元新聞社が開催するグルメ賞を何度も受賞し、地元では言わずと知れたお店になります。ここのハンバーガーは一般的な分厚いパティが特徴のグルメ系ハンバーガーとは異なり、シンプルで素朴な味わいが魅力。名物は”ロイヤル・ハンバーガー”で甘辛いバーベキューソースに浸したパティとシャキッと新鮮なレタス、トマト、オニオン、チーズが入っています。ハンバーガーは簡単に食べ切れるサイズなので、セットでポテトと人気のマカロニサラダ(蟹肉入り)を注文するのがおすすめです。ビーチや公園に持って行きピクニック気分を味わいましょう。

メニュー / 料金:ロイヤル・ハンバーガー / 7.50ドル
住所:3104 Waialae Ave. Honolulu, HI 96816
営業時間:午前10:00~午後4:30(水~金曜日)/(午前9:00~午後4:30(土、日曜日))
定休日:月・火曜日
アクセス:ワイキキから車で約10分、ワイアラエ通り沿い
駐車場・駐車料金:お店の前に無料駐車場あり
電話番号:808-734-3350
公式ウェブサイトURL:W & M Bar-B-Q Burgers

フォー

Hale Vietnam / ハレ・ベトナム

アジアの食文化が浸透しているハワイでは日本をはじめ韓国、中国、タイ、インド、ベトナムなど様々なアジア料理のレストランが点在しています。特にベトナム料理の定番、フォーは地元住民の人気食です。温かいフォーにトッピングのモヤシとバジルや香草のノコギリコリアンダー(パクチーの一種)をたっぷりと乗せてレモンを絞り、お好みでスパイシーソースやオイスターソースをつけて食べます。ベトナム料理店はホノルル各地にあるため、多くの地元住民がお気に入りの店を見つけて頻繁に通っています。

Hale Vietnam / ハレ・ベトナム

Hale Vietnam / ハレ・ベトナム

グルメタウンのカイムキ地区で長年人気を誇るベトナム料理レストランと言えば”ハレ・ベトナム”。その知名度の高さから地元住民だけでなく多くの旅行者が訪れる人気店です。このお店のフォーは全部で17種に及び、中でも薄く切ったビーフを味わえる“レアステーキ”のフォーが大変人気です。注文する際にお肉をスープに入れる場合は(ステーキ・インサイド / steak inside)、生肉を別皿で運んでもらう場合は(ステーキ・アウトサイド / steak outside)と伝えましょう。別皿で頼んだ場合は早めにスープに入れ、しゃぶしゃぶにして食べます。さらにモヤシや香草、レモンを入れると爽やかであっさりとした味わいを楽しめます。

メニュー / 料金:フォー(レアステーキ) /ミディアムサイズ:15.75ドル、ラージサイズ:17.75ドル
住所:1140 12th Ave. Honolulu, HI 96816
営業時間:午前11:00〜午後9:00(テイクアウトの場合、注文は午後8:30まで)
定休日:月曜日
アクセス:ワイキキから車で約10分のカイムキ地区、レストランやカフェ、ショップが集まっている12thアベニューにあります。
駐車場・駐車料金:お店の裏手に有料の公共駐車場あり(支払いはクレジットカードのみですが、日本のクレジットカードは使用不可のため注意が必要です。またはストリートパーキングになります。
電話番号:808-735-7581
公式ウェブサイトURL:Hale Vietnam

アサイーボウル

Tropical Tribe / トロピカル・トライブ2

アサイーボウルはブラジル原産のアサイー(またはアサイ)という植物の実を使用したデザートです。ハワイでは朝食やおやつに人気で、多くのカフェやレストランでも提供され、世界的にも注目されています。お店により作り方は様々ですが、ベーシックなのはアサイーと豆乳やガラナ(ブラジル原産植物のベリー)などを混ぜてスムージー状にし、その上に苺や、バナナ、ブルーベリー、グラノーラなどをトッピングして食べます。ヘルシーで美容効果が高く、気軽に食べられるので朝食としても人気です。

Tropical Tribe / トロピカル・トライブ

Tropical Tribe / トロピカル・トライブ

ハワイで本格的なアサイーボウルを食べるなら”トロピカル・トライブ”。看板メニューのアサイーボウル、”トロピカル・トライブ・ボウル”はブラジル人オーナーが自ら仕入れたブラジル産のアサイーベリーとガラナベリーをブレンドしています。多くのお店では豆乳やアップルジュース、フルーツ類でブレンドするため、2種のベリーを使用するこのお店はアサイー本来の濃厚さを味わえます。スタンダードなトッピング(追加料金なし)は、グラノーラとバナナ、苺、ブルーベリーです。ピーナッツバターが好きな方には“パワートッピング”(追加料金1.25ドル)がおすすめ。トッピングにはピーナッツバターとカカオニブが乗り、さらに濃厚でクリーミーな味わいになります。お店はヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ近くのアラモアナ店、ワイキキショア by アウトリガーの一角に構えるワイキキ店、ノースショアのハレイワ店の3店舗があります。

メニュー / 料金:トロピカル・トライブ・ボウル / スモールサイズ:9.75ドル 、 レギュラーサイズ:11.40ドル 、ラージサイズ:13.85ドル
住所:1778 Ala Moana Blvd. Suite 101, Honolulu, HI 96826(アラモアナ店)
営業時間:午前7:00〜午後6:00
定休日:無休
アクセス:ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチから徒歩約5分、アラモアナ通り沿いのディスカバリー・ベイ・センター内(マクドナルドの横にある階段を下りた場所)にあります。
駐車場・駐車料金:ディスカバリーセンターの立体駐車場($1/30分、モール内で$20以上のお買い物で30分料金が無料になります。)
電話番号:808-366-8226
公式ウェブサイトURL:Tropical Tribe

マラサダ

Leonard's Bakery / レナーズ・ベーカリー2

マラサダはイースト菌で発酵させたパン生地を揚げて砂糖をまぶした揚げパンのお菓子です。ポルトガル発祥ですが、ハワイでは昔から地元住民に愛されています。オアフ島で最も有名なお店”レナーズ・ベーカリー”をはじめ、その他多くのベーカリーでも販売されているのでチェックしてみましょう。特に揚げたてが美味しいため、購入後すぐに食べるのがベストです。お手頃な価格で大勢集まるポットラックやバーベキューの手土産としても重宝されています。

Leonard’s Bakery / レナーズ・ベーカリー

Leonard's Bakery / レナーズ・ベーカリー

1952年に創業した歴史あるベーカリー”レナーズ・ベーカリー”は、ハワイで”マラサダ”を広めた人気のお店です。注文ごとに揚げるため、購入してからすぐに揚げたてのマラサダを食べることができ連日行列ができるほど好評です。一番人気はシンプルに砂糖をまぶした定番のマラサダですが、他にも中にカスタードやチョコレートなどの種類豊富なクリームが入った“マラサダ・パフ”もあります。冷えても美味しく、それ以上にマラサダの美味しさを隅々まで堪能できるのは揚げたて。ふわふわ、モッチリとした生地と昔懐かしい味わいは甘党にはたまらない一品です。

メニュー / 料金:マラサダ(オリジナル) / 1.85ドル
住所:933 Kapahulu Ave. Honolulu, HI 96816
営業時間:午前5:30〜午後7:00
定休日:無休
アクセス:ワイキキのホノルル動物園から車で約7分、カパフル通り沿いのセーフウェイ近く(道路を渡った反対側)にあります。
駐車場・駐車料金:お店の前に無料駐車場あり
電話番号:808-737-5591
公式ウェブサイトURL:Leonard’s Bakery

パンケーキ

Moke's / モケズ2

朝食の定番メニューのパンケーキはハワイのレストランでも特に人気のグルメです。リゾートホテルやカジュアルなダイナーでは様々な種類のパンケーキが提供されています。バターとメープルシロップを乗せたシンプルなバターミルクパンケーキから、お店のオリジナルソースをかけて食べるパンケーキ、生地をふんわり焼き上げたスフレタイプや、薄く焼いてクレープのように巻いたロールパンケーキなどお店によって味わい方は多種多様です。

Moke’s / モケズ

Moke's / モケズ

2004年にカイルアでオープンした行列のできる朝食の人気レストランです。ワイキキから車で約15分のカイムキ地区に2号店があります。この店の看板メニューは”リリコイ・パンケーキ”。薄めでふんわりと焼かれたパンケーキに特製のリリコイ(パッションフルーツ)ソースがかかっています。ほんのりと酸味があるフルーティーな味わいでさっぱりとしたクリームソースをたっぷりとかけて食べれば、南国ならではの美味しさがさらに引き立っておすすめです。カイルア本店とカイムキ店の両店ともに注文が可能です。

メニュー / 料金:リリコイ・パンケーキ/2枚:12.95ドル、3枚:13.95ドル
住所:1127 11th Ave. Honolulu, HI 96816(カイムキ店)
営業時間:午前7:30〜午後2:00(火~金)/午前7:00~午後2:00(土、日)
定休日:月曜日
アクセス:ワイキキから車で約15分のカイムキ地区にあります。ロケーションは11番通り沿いですが、お店の入り口は11番通りと12番通りの間にある公共駐車場側にあります。
駐車場・駐車料金:お店の前に有料の公共駐車場あり(支払いはクレジットカードのみ。日本のクレジットカードは使用不可のため注意が必要です。またはストリートパーキングになります。
電話番号:808-367-0571
公式ウェブサイトURL:Moke’s

アメリカ入国・渡航にはESTA(エスタ)の事前申請が必要です

アメリカ・ハワイ州オアフ島ホノルルへ訪れる際にはESTA(エスタ)の事前申請・認証が必要です。ESTA(エスタ)はアメリカ国土安全保障省(DHS)による、ビザ未取得で90日以内での米国短期滞在や入国を希望するすべての外国籍(年齢を問わず)の方に必須の入国審査制度となります。渡航日の72時間前までの申請が推奨されますが、申請から認証通知までに最大3日ほど期間を要する場合があるため、早めの手続きが求められます。申請はオンラインで行い、入力の所要時間は15分程です。認証されてからの有効期限は2年間となります。パスポートの有効期限が2年以内の場合は、パスポートの期限をもってESTA(エスタ)も同様に失効となるため予めパスポートをよく確認しましょう。

スマホでESTA申請はこちら 出発の72時間前までにお願いします