ハワイの入国審査とESTA申請について解説 | ESTA(エスタ)申請サイト: ESTA Online Center

ESTA申請はこちら 出発の72時間前までにお願いします
Menu

ハワイ旅行にビザは必要か


ハワイ旅行にビザは必要か

アメリカ本土と同じくハワイへ渡航する場合、90日以内の観光や短期商用、乗り継ぎ目的の場合であればビザの申請は不要ですが、ESTA(エスタ)の申請は必要となります。ESTAビザ免除プログラム(VWP)の制度により、ESTA(エスタ)認証が承認されている方であればビザを申請しなくともハワイへの渡航が可能です。つまり、一般的なハワイ観光であればビザを申請する必要はありませんが、ESTA(エスタ)申請をすることが必要となっております。
しかし、過去にアメリカへの入国が拒否された、ビザ申請が却下された、または犯罪歴がある等の理由により、ESTA(エスタ)でのハワイ渡航が拒否されてしまうことがあります。そうした場合はESTA(エスタ)ではなくビザを取得しなければハワイへ渡航することが出来ません。ハワイ旅行の予定ができましたらなるべく余裕をもってESTA(エスタ)申請の手続きをされることをお勧めします。
また、テロリスト渡航防止法により2011年3月1日以降にソマリアまたはイエメン、シリア、リビア、イラク、イラン、スーダン、北朝鮮に渡航または入国した方は、原則的にESTA(エスタ)を利用して入国をすることは出来ません。
米国大使館サイト(https://jp.usembassy.gov/ja/visas-ja/visa-waiver-program-ja/esta-information-ja/)に日本語で詳しい説明がありますのでご確認ください。

ビザ免除プログラムVWP(Visa Waiver program)参加国

  • ドイツ
  • フランス
  • フィンランド
  • エストニア
  • デンマーク
  • チェコ
  • チリ
  • ブルネイ
  • ベルギー
  • オーストリア
  • オーストラリア
  • アンドラ
  • オランダ
  • ニュージーランド
  • ノルウェイ
  • ポルトガル
  • 日本
  • 台湾
  • 韓国
  • サンマリノ
  • シンガポール
  • スロバキア
  • スロベニア
  • スウェーデン
  • スイス
  • スペイン
  • アイルランド
  • アイスランド
  • ハンガリー
  • ギリシャ
  • イタリア
  • モナコ
  • マルタ
  • ラトビア
  • リヒテンシュタイン
  • リトアニア
  • ルクセンブルグ
  • イギリス
  • ポーランド

※イギリス国民がビザ免除プログラム(Visa Waiver program)を取得するためには、チャネル島・マン島・北アイルランド・イングランド・スコットランド・ウェールズで永久居住権をお持ちの方に限ります。

ビザ免除プログラムVWP(Visa Waiver program)ご利用条件

  • 電子渡航認証システム(ESTA)に渡航許可登録をされていること。
  • 米国滞在日数が90日以下であること。
  • ビザ免除プログラム参加国の方であり、パスポート(IC旅券)をお持ちであること。
  • 渡航目的が、商用・短期研修・契約交渉・観光・旅行・知人への訪問・報酬がないイベントやコンテストへの参加、乗継、通過であること。
  • 海路および空路で入国の際は、次の目的地または往復の乗船券・旅行券をお持ちであること。
    eチケットをお持ちの方は、旅行日程のコピーをご持参下さい。

ビザ免除プログラムVWP(Visa Waiver program)について詳しい説明はこちら

ESTA(エスタ)申請・アメリカ電子渡航認証システムTOPに戻る

ハワイ入国時に必要なもの

有効なパスポート
パスポート要件 2016年4月1日よりESTA(エスタ)を利用して渡米される方は、Eパスポート(ICチップ搭載パスポート)の所持が必須となりました。Eパスポートは表紙にICチップ搭載を示すマークが記載されています。
セーフ・トラベルズ・アプリケーションのQRコード
QRコード要件 ハワイ州政府は2020年9月1日よりハワイへ入国する全ての渡航者に対し、新たな事前検査プログラム“セーフ・トラベルズ・アプリケーション”(Safe Travels application)を策定しました。ハワイ渡航前に連絡先、フライト情報、ハワイでの滞在先、現在の健康状態などの登録が求められ、出発24時間前を目安にハワイ州保健当局よりEメールにて入国に必要なQRコードが届きます。QRコードは現在の健康状態を示すもので、入国審査官がスキャンをして詳細を確認します。QRコードをスマートフォンに保存し、ハワイ空港到着時に入国審査官へ提示をお願いします。
往復またはハワイから第三国への航空券、乗船券
入国書類
ESTA(エスタ)を取得済みの方 税関申告書、検疫申告書

ESTA(エスタ)はシステム上で管理されているため、認証情報のコピーを提出する必要はありません。

ビザを取得されている方 入国カード(I-94)、税関申告書

※入国カードと税関申告書は往路の機内で配布されます。青または黒のボールペンを使用しローマ字での記入をお願いします。

到着後から入国までの簡単な流れ

ハワイ入国の事前検査プログラム(セーフ・トラベルズ・アプリケーション)申請方法と記入例

到着から入国までの流れ

1.ハワイへ到着

飛行機が空港に到着後、案内に沿って入国審査エリアへ移動します。

2.入国審査エリアでの応対

Non-resident(非居住者)用の入国審査の列へ並びます。審査官に呼ばれたら前へ進み、パスポート、税関申告書、入国カードI-94(ビザを取得されている方のみ)を提出します。滞在目的や滞在期間等の質問に答えた後、指紋採取と顔写真撮影が行われます。
2020年9月1日より、ハワイ州政府は入国する全ての渡航者に対しセーフ・トラベルズ・アプリケーション(Safe Travels application)と呼ばれる新たな事前入国プログラムを施行しています。同プログラムはハワイ入国前にオンラインにて渡航者の連絡先、フライト情報、ハワイでの滞在先、現在の健康状態などの登録が求められます。ハワイ渡航の24時間前を目安にEメールにてQRコードが届きますのでスマートフォンに画面を登録し、ハワイ空港到着時に入国審査官へ提示をお願いします。QRコードは現在の健康状態を示すもので、入国審査官がスキャンをして詳細を確認します。なお、入国審査エリアではセキュリティの観点から撮影器具の使用は禁止されています。
セーフ・トラベルズ・アプリケーション(Safe Travels Application)の登録にはEメールアドレスが必要となります。パソコンやスマートフォンをお持ちでない方はご家族や知人などが使用するEメールアドレスにて申請が可能ですが、氏名や住所などは渡航者本人の情報を入力する必要があります。

ハワイの入国審査エリアで必要なもの

  • QR コード(スマートフォンの画面または印刷した用紙)
  • パスポート
  • 税関申告書

事前に新型コロナウイルス検査を受診し、陰性証明書を携行している方は入国審査官へ提示をお願いします。

ハワイのダニエル・イノウエ空港では自動入国審査端末(APC: Automated Passport Control)の利用が可能です。APCは2009年以降にESTA(エスタ)を利用して渡米歴があり、再度ESTA(エスタ)でアメリカへ入国する方を対象とした入国審査端末システムです。この端末は入国審査官とやり取りをせずに自分でパスポートのチェックや指紋採取、顔写真の撮影が可能なため入国手続きに要する時間が短縮されます。
ただし、過去にESTA(エスタ)でアメリカへ入国したことがある方でも、パスポートを更新した場合はAPCを利用することができません。再度アメリカを訪れる方でもパスポートを更新した場合は従来通りの入国審査を受けることになりますのでご注意ください。APCはダニエル・イノウエ空港の他、アメリカの主要空港に設置されています。

“Who Is Eligible to Use APC?
U.S. and Canadian passport holders and international visitors from Visa Waiver Program countries are eligible to use APC kiosks. Visa Waiver Program visitors must have Electronic System for Travel Authorizations (ESTA) approval prior to travel and have visited the United States on at least one occasion after 2008.”

CBP(United States Customs and Border Protection)のウェブサイトで詳しく説明されています。
https://www.cbp.gov/travel/us-citizens/automated-passport-control-apc

APC端末利用手順

  • 言語を選択(日本語も対応しています)
  • 案内に沿ってパスポートをスキャン
  • 顔写真撮影
  • 税関申告書、個人情報、渡航情報等への質問へ回答
  • 指紋採取

以上の手続きが行われると入国用の証明書(レシート)が発行されますので、入国審査官へ提出します。

3.荷物を受け取る

航空会社と便名の案内を確認し、ベルトコンベアーから出てくる荷物を受け取ります。
荷物の運搬が非常に早いため、フロア上に置かれているケースも多くありますのでご注意ください。

4.税関

税関申告書と検閲申告を提出して出口へ進んでください。無作為で指名され、荷物のX線検査を促される場合があります。
さらに詳しく解説!2019年ハワイ入国の最新情報ESTA(エスタ)申請・アメリカ電子渡航認証システムTOPに戻る

さらに詳しく解説!2020年ハワイ入国の最新情報

ハワイ到着後は入国審査をはじめ、入国のために手続きが必要となります。初めての海外旅行で英語が苦手な方にとって入国審査は緊張の場面になるかもしれません。緊張や不安を少しでも払拭いただくため、ハワイでの入国審査の流れについて詳しく解説します。

空港に着いたらすぐに入国審査が行われます

ホノルル空港に到着後、すぐに入国審査が行われます。飛行機から降りて空港内の順路に従い進むと入国審査場があり、入国審査場ではアメリカ市民または外国人で手続きが違うため並ぶ列が異なります。空港内の掲示に従い“Foreign Passport(外国旅券)”または”Not-Resident(非居住者)“と書かれた列に並びましょう。“American Citizen(アメリカ国民)”と書かれた列はアメリカ市民が対象となります。ホノルル空港では一般的に正面左側の列に日本人が並びます。空港内の保安官の指示に従い、指定の列に並びましょう。

列に並び呼ばれるまで待ちましょう

“Next”と呼ばれたら自身の順番です。呼ばれる前に審査官に近づいてしまうと注意を促されますのでご注意ください。入国審査の待機中にパスポートと機内で記入をした税関申告書を手元に用意しておきましょう。以前は入国カード(I-94)の記入も必要でしたが、現在はESTA(エスタ)で事前入国認証を受けることにより記入の必要はありません。ビザを取得せずにハワイへ渡航する際はESTA(エスタ)による事前認証が必須となりますので、早めの申請をお願いします。

入国審査の質問は英語で行われます

入国審査官よりいくつかの質問が行われ、全て英語での応対が必要となります。入国審査における一般的な質問内容をご確認ください。

(1) What is the purpose of your trip?

(ホワット イズ パーパス オブ ユア トリップ?) 「あなたの旅行の目的は?」という質問です。
観光旅行の場合は“Sightseeing”(サイトシーイング)とお答えください。

(2) How long are you staying?

(ハウ ロング アーユー ステイン?) 「どのくらい滞在しますか?」という質問です。
5日間の場合は“5days”(ファイブデイズ)、7日間の場合は”One week”(ワンウィーク)など滞在日数をお答えください。また、滞在日数ではなく「いつ帰国するか?」と尋ねられることもあります。“When are you going back to Japan?”(ホェン アー ユー ゴーイン バック トゥ ジャパン?)と尋ねられた場合は帰国する便の日程を答えてください。すぐに英語で日程が伝えられない場合は、往路の航空券を提示してください。

(3) Where are you going to be staying?

(ホェアー ユー ゴーイン トゥ ビー ステイン?) 「どこに滞在しますか?」という質問です。
ハワイで滞在するホテルやコンドミニアムの名称をお答えください。家族や友人の家に泊まる場合や英語で伝えることが難しい場合は、税関申告書に記載した滞在先を提示してください。

審査官はネイティブの英会話であり早口で質問する場合もあります。質問の意味が分からない場合は“Please Once More”(プリーズ ワンスモア)「もう一度お願いします」と答えるか、審査官がもう一度言ってくれるのを待ちましょう。それでも審査官の質問が分からない場合は、審査官から”sightseeing?“(観光?)や、“5days?“(5日間?)など具体的な返答例がありますので、”Yes“または”No“で回答してください。入国審査に関しては英語のみでのやりとりとなります。ハワイへの渡航にあたり、最低限必要な英単語や困った時のために使うと思われる英会話などは、事前にメモなどに書き記しておくことをお勧めします。

指紋データの採取を行います

入国審査に関する質問が終わると指紋データの採取を行います。審査官がジェスチャーで“Finger print”(指紋)と教えてくれるので、指定されたとおりに機械の上に指を置きましょう。採取した指紋データは、入国審査以外の目的に使用されることはございません。2020年4月現在、10本すべての指の指紋を採取するルールとなっていますが、すでにESTA(エスタ)を利用して入国したことがある方については、指紋データの採取は免除されることもあります。

写真撮影を行って終了です

最後に写真撮影を行って入国審査は終了となります。指紋を採取した機械の上に、撮影用のカメラがついているので、そこをまっすぐ向いて撮影を行いましょう。撮影の際、帽子やサングラスなどはあらかじめ外しておきましょう。入国審査官よりパスポートを受け取ったら審査が終了の合図です。“Thank you”(ありがとう)と声をかけて審査場を後にしましょう。

自動入国審査端末「キオスク」(APC)の導入について

ハワイ入国の事前検査プログラム(セーフ・トラベルズ・アプリケーション)申請方法と記入例

自動入国審査端末「キオスク」(APC)の導入について

ホノルル空港では2015年6月より、自動入国審査端末「キオスク」(APC)という機器が導入されています。このキオスクと呼ばれる機器は、入国審査の際に審査官がいる入国カウンターに行く必要なく、端末上で入国審査を素早く済ませることにできる画期的な機器です。キオスクを利用するためにはいくつかの条件がありますので、以下にご紹介します。

ESTA(エスタ)を利用しての入国であること

最も重要な条件は、ESTA(エスタ)を利用して入国をするということです。グリーンカードや観光ビザ、留学ビザなどで入国する場合はキオスクでの入国手続きはすることはできませんので、あらかじめご了承ください。

2009年以降にアメリカに入国したことがあること

ESTA(エスタ)が導入されたのは2009年ですので、それ以降、ESTA(エスタ)を使ってハワイやアメリカへ入国したことがある方が対象となります。2009年以前に入国した際に利用したESTA(エスタ)の有効期限が切れてしまい、新たにESTA(エスタ)を申請して認証を受けていれば問題はありません。過去に一度でもESTA(エスタ)を使ってハワイやアメリカに入国した経緯があれば、キオスクを利用できる条件を満たしていることになります。

パスポートの切り替えをしていないこと

前述の2つの条件を満たしていたとしても、以前にアメリカへ入国した時から、パスポートを更新しておられる方は、キオスクを利用することは出来ません。この点はまだ意外と知られていないためか、キオスクが使えずに入国審査官のいるカウンターに並びなおしている方も多く見受けられますので、事前に把握しておきましょう。

キオスク端末が使用可能な空港

2020年4月現在、キオスク端末(APC)はハワイのホノルル空港を含む43カ所の空港にて導入されています。

APC kiosks are currently operational at the following airports:

1.Hartsfield-Jackson Atlanta International Airport (ATL) 2.Aruba Queen Beatrix International Airport (AUA)
3.Abu Dhabi International Airport (AUH) 4.Austin-Bergstrom International Airport (AUS)
5.Boston Logan International Airport (BOS) 6.Charlotte Douglas International Airport (CLT)
7.Chicago Midway International Airport (MDW) 8.Chicago O’Hare International Airport (ORD)
11.Detroit Metropolitan Wayne County Airport (DTW) 12.Dublin International Airport (DUB)
13.Edmonton International Airport (YEG) 14.Fort Lauderdale-Hollywood International Airport (FLL)
15.Halifax Stanfield International Airport (YHZ) 16.Honolulu International Airport (HNL)
17.Houston George Bush Intercontinental Airport (IAH) 18.Las Vegas McCarran International Airport (LAS)
19.Los Angeles International Airport (LAX) 20.Miami International Airport (MIA)
21.Mineta San Jose International Airport (SJC) 22.Minneapolis-Saint Paul International Airport (MSP)
23.Montreal ? Pierre Elliott Trudeau International Airport (YUL) 24.Nassau Lynden Pindling International Airport (NAS)
25.New York ? John F. Kennedy International Airport (JFK) 26.Newark Liberty International Airport (EWR)
27.Oakland International Airport (OAK) 28.Orlando International Airport (MCO)
29.Philadelphia International Airport (PHL) 30.Phoenix Sky Harbor International Airport (PHX)
31.Pittsburgh International Airport (PIT) 32.Portland International Airport (PDX)
33.Raleigh-Durham International Airport (RDU) 34.Reno International Airport (RNO)
29.Philadelphia International Airport (PHL) 30.Phoenix Sky Harbor International Airport (PHX)
31.Pittsburgh International Airport (PIT) 32.Portland International Airport (PDX)
33.Raleigh-Durham International Airport (RDU) 34.Reno International Airport (RNO)
29.Philadelphia International Airport (PHL) 30.Phoenix Sky Harbor International Airport (PHX)
31.Pittsburgh International Airport (PIT) 32.Portland International Airport (PDX)
33.Raleigh-Durham International Airport (RDU) 34.Reno International Airport (RNO)
35.Salt Lake City International Airport (SLC) 36.San Diego International Airport (SAN)
37.San Francisco International Airport (SFO) 38.Seattle Sea-Tac Airport (SEA)
39.Tampa International Airport (TPA) 40.Toronto Pearson International Airport (YYZ)
41.Vancouver International Airport (YVR) 42.Washington Dulles International Airport (IAD)
43.William P. Hobby International Airport (HOU)
ESTA申請はこちら 出発の72時間前までにお願いします

更新日 : 2020/11/06