ドジャー・スタジアムの魅力を紹介 座席やチケットの購入方法も解説

スマホでESTA申請はこちら 出発の72時間前までにお願いします
Menu

ドジャー・スタジアムの魅力を紹介 座席やチケットの購入方法も解説

更新日:2024/05/10

ドジャー・スタジアムの魅力を紹介 座席やチケットの購入方法も解説

ドジャー・スタジアム(Dodger Stadium)とは

アメリカ文化の中核である野球の中でも、特別な存在感を放つドジャー・スタジアム(Dodger Stadium)。多くの観客がこぞって試合を楽しみに来る一方で、スタジアムの深い魅力に気づいていない人も少なくありません。ここドジャー・スタジアムでは数多くの伝説的な試合や、選手たちの感動的な瞬間が刻まれています。歴史を辿ることで、球場としてだけでなく時代を超えて愛され続ける場所であることがわかります。日常的に開催されているスタジアム見学ガイドツアーは、非公開の場所や普段は見られない選手たちの特別な空間を垣間見ることができるため見逃せません。
オリジナルグッズを取り扱うショップでは、ここでしか購入できないドジャース限定商品がおすすめ。観戦中は球場内のレストランやカフェで地元の味が楽しめます。なんと言っても一番の魅力はファンの熱気。スタジアムは歓声で溢れかえり、試合結果に関係なく訪れる人々の心を震わせるでしょう。試合以外の日には有名アーティストのライブなどが開催され、エンターテイメントの中心地としても活用されています。この記事ではドジャー・スタジアムの歴史や魅力を紹介します。

ドジャー・スタジアム / Dodger Stadium

所在地:1000 Vin Scully Ave, Los Angeles, CA 90012
収容人数:56,000人
ダグアウト(ベンチ):ホームチーム 3塁側、ビジターチーム 1塁側
公式ウェブサイト:Dodger Stadium

ドジャー・スタジアムの歴史と魅力

ドジャー・スタジアムへのアクセス方法

ドジャー・スタジアムはロサンゼルスの中心地から容易にアクセスできます。試合日は多くのファンで混雑が予想されるので、利便性やスケジュールを考慮しつつ最もストレスフリーな移動手段をおすすめします。試合を心から楽しむためにも、余裕を持った計画を立てましょう。

ドジャー・スタジアムエクスプレス / Dodger Stadium Express

シャトルバス

試合当日は“ドジャー・スタジアムエクスプレス”という観客専用のシャトルバスが運行します。当日の試合チケットを提示すると無料で乗車でき、専用レーンを走行するため渋滞に巻き込まれる心配もありません。ユニオン駅から直通のルートと、数か所のバス停を経由するサウスベイルートの2つのルートがあります。ユニオン駅からスタジアムまでの所要時間は約15分で、定員になり次第随時出発します。サウスベイルートの所要時間は約45分です。シャトル乗り場では約1時間前から乗客が並び始める場合もあるため、時間に余裕を持って行動しましょう。

ドジャー・スタジアムエクスプレス / The Dodger Stadium Express

Union Station(ユニオン駅)ルート

  • 乗車場所:Union Station(ユニオン駅)の南西側のタクシー・ゾーン/ホームバウンド・ブリューハウス付近
  • 降車場所:センターフィールドまたはトップデッキ
  • 運行時間:試合開始90分前から10分間隔、試合終了後45分間、または試合後のイベント終了後20分間

South Bay(サウスベイ)ルート

  • 乗車場所:スローソン、マンチェスター、ハーバー・フリーウェイ、ローズクランズ、ハーバー・ゲートウェイ・トランジットセンター(Bay 9)
  • 降車場所:センターフィールド
  • 運行時間:試合開始2時間前から20分間隔、7回終了後から試合終了後45分後または試合後のイベント終了後の20分後

公式ウェブサイト:Dodger Stadium Express

メトロバス・メトロレール

メトロバス・メトロレール

メトロバス(路線バス)のライン4(ダウンタウン LA -サンタモニカ経由サンタモニカBl & 4th ストリート/ ブロードウェイ& 4th ストリート)がスタジアム近くのサンセット大通りを通過しています。バス停の”Sunset / Vin Scully – Dodger Stadium”からスタジアムへは徒歩でアクセスできますが、降車場所から丘を登らなければなりません。また、メトロレールA線(ブルーライン)のチャイナタウン駅からは徒歩約30分で到着します。

スタジアム周辺の駐車場

スタジアム周辺の駐車場

最も便利なのは、隣接したスタジアムの駐車場です。試合日の当日券も用意されていますが、完売することもあるため公式ウェブサイトでの事前予約がおすすめです。
周辺にいくつかの駐車場もありますが、球場へ行くには丘を登らなければなりません。

観戦の前に知っておきたいこと

ドジャー・スタジアムのチケット購入方法

チケットの購入方法

チケットは、オンラインで簡単に購入ができます。試合日に合わせて座席を選び、支払いを済ませれば完了。チケット購入後に、EメールもしくはアプリにQRコードが送られてきます。

公式ウェブサイト:チケット購入Ball Parkアプリ
スタジアムへの入場

スタジアムへの入場

ドジャー・スタジアムは席によって入場できるゲートが異なります。入り口で購入後に送られてきたQRコードを提示する必要があるため、事前に準備しておきましょう。

スタジアムへの入場2

入場前に気をつけなければならないのが持ち物検査です。大きなバッグやリュックサックの持ち込みには制限があります。また、一部の食品や飲料の持ち込みは許可されていないため、公式サイトで最新の持ち物ルールを確認しましょう。

ギブアウェイ

ギブアウェイ

ファンにとって嬉しいのがギブアウェイです。貰えるギフトは日によって異なり、バラエティに富んでいます。
ここで配られるギフトは非売品なので、お土産や記念品にぴったりです。チケットを買う前に公式ウェブサイトで何が貰えるのかチェックしておきましょう。

ドジャー・スタジアムの座席

ドジャー・スタジアムは、野球観戦以外の魅力も詰まっています。試合の合間や前後でも楽しめるスポットを探訪して、最高の観戦体験にしましょう。

FIELD(フィールド席)

FIELD(フィールド席)

1階にあるグラウンドに最も近い席はフィールド席と呼ばれています。この席からは選手たちの動きや表情、汗、緊張感が手に取るように感じられます。座席が低い位置にあることから、この席からの眺めは他の席とは一線を画す素晴らしさです。高額チケットのエリアですが、選手の息づかいが聞こえてきそうな臨場感に溢れた試合観戦ができるでしょう。夏は強い日差しが当たるため、事前に対策をしておきましょう。

BASELINE CLUB(ベースラインクラブ)

ベースラインクラブは、フィールドのすぐ横にある座席を指します。プレーしている選手と同じ目線で試合観戦ができるこの座席では、自分がチームの一員となった感覚で熱狂的に応援することができます。

LODGE(2階席)

2階席は「ロッジ」と呼ばれ、試合を中心から楽しむための特等席です。フィールドに近く、選手の動きやプレーの細部までしっかりと確認することができます。さらに、飲食スペースやトイレへのアクセスもスムーズです。

スイートレベル

2階席と3階席の間にあるスイートレベルは、高級な内装とサービスが提供される個別のスイートルームと同じ高さに位置しています。屋根もあるため、夏の暑い日差しを避けて快適に観戦できます。また、座席数も少ないため、混雑を避けたい方におすすめです。

RESERVE(3階席)

3階席は「リザーブ」と呼ばれ、スタジアム全体を一望することができます。価格は手頃ですが選手の細かい動きに注目できる座席ではなく、球場全体のゲーム感が楽しめます。大人数や初めての観戦に最適です。

TOP DECK(トップデッキ席)

TOP DECK(トップデッキ席)

トップデッキ席からは、スタジアム全体と周辺の風景が一望できます。夕暮れ時の景観がおすすめで、オレンジに染まっていくダウンタウンLAやスタジアムの傍に消えていくサンセットは訪れた観客を魅了します。

DUGOUT CLUB SEATS(ダグアウトクラブ席)

最上級席のひとつでチケットは高額ですが、専用ラウンジが利用できお酒以外の飲食代も含まれているのでまさにVIP気分を満喫できます。娯楽として楽しみたい方におすすめです。

PAVILION(外野席)

外野席はパビリオンと呼ばれ、ドラマチックな試合の状況を見ながらホームランが飛び込んでくる座席です。多くのファンがグローブを持って参戦し、開放的な空の下で観戦を堪能できます。

PLAY ZONE(プレイゾーン)

PLAY ZONE(プレイゾーン)

観客席とは異なりますが、 子供連れの家族におすすめなのがプレイゾーン。様々なアトラクションやアクティビティが用意されているため、子供たちも飽きることなく楽しむことができます。

ドジャー・スタジアムショップ

ドジャースファンであれば、スタジアムのショップは絶対に見逃せません。たとえファンではなくても、多くのグッズに目移りすること間違いなしです。スタジアムを訪れた際は、是非ショップを訪問してみましょう。

Official Dodgers Team Store

Official Dodgers Team Store

ドジャースファンの聖地。チームのロゴが入ったキャップやTシャツはもちろん、選手が実際に着ているものと同じ素材のユニフォームはサイズを測ってカスタム仕様で購入できます。各エリアに公式ストアが設置されているので、サイトで確認してみましょう。

公式ウェブサイト:Official Dodgers Team Store

ドジャー・スタジアムの人気商品と限定アイテム

ドジャー・スタジアムの人気商品と限定アイテム

限定版フラッグやスペシャルデザインのマグカップ、ポスターやアート作品もコレクターズアイテムとして非常に人気です。多くの商品は手頃な価格で提供されていますが、限定品やサイン入りのものは高価になることもあります。これらのグッズは付加価値もあるため、購入する価値は十分にあると言えるでしょう。

ドジャー・スタジアムおすすめ食事スポット

ドジャー・スタジアムおすすめ食事スポット

ドジャー・スタジアムは、美味しい食事やスナックも楽しめます。野球観戦を満喫しながら味わうおつまみとビールは、まさに無敵のバッテリーと言えるでしょう。

Dodger Dog Stand

Dodger Dog Stand

スタジアム内で売られているホットドッグは、「ドジャードッグ」と呼ばれ試合観戦の伝統的なフードです。トッピングはシンプルにソーセージとバンズ、そしてケチャップとマスタード。一見何の変哲もないように見えますが、シンプルながらも絶妙なバランスが長年ファンを魅了してきた秘訣です。

Elysian Park Cafe

Elysian Park Cafe

チキンテンダーやキングサイズのプレッツェルが看板商品のお店。お土産用のヘルメットに入ったガーリックポテトも絶品。味はこってりしていますが、ビールと一緒に味わうと相性抜群です。

試合をより楽しむためのコツ

試合をより楽しむためのコツ

ドジャー・スタジアムでの試合観戦は、ただ座って見るだけではありません。応援や伝統を共有する情熱が、特別な体験へと変えていきます。ロサンゼルス・ドジャースのファンは知っておきたい基本的な応援方法は、”Let’s Go Dodgers!”のフレーズや掛け声です。スタジアム全体に響き渡り、興奮と共に一体感を感じることができます。
メジャーリーグの伝統曲”Take me out to the ball game”も覚えておくと盛り上がること間違いなし。この曲が7回裏で流れると、観客全員が一斉に立ち上がりオルガン演奏と共に大合唱が始まります。敵味方を超えて観客の心がひとつになる、特別な瞬間を体感できます。
また、試合前後やイニング間は観客参加型のゲームなどファンが楽しめるエンターテイメントが盛りだくさん。特定のプロモーションやイベントも行われることが多く、ファミリーデイやレディースナイトなど種類が豊富です。季節やテーマに応じて変わるため訪れる前にチェックしてみましょう

試合日以外の利用方法

ドジャー・スタジアムの魅力は野球観戦だけに留まりません。年間を通じて様々なイベントや特別な体験が楽しめます。

ドジャー・スタジアムツアー

ドジャー・スタジアムツアー

ドジャー・スタジアムツアーに参加すると、通常入ることのできない選手たちの控え室やベンチを間近で見ることができます。選手たちと同じ世界に足を踏み入れる感覚は格別です。ツアーではドジャースの魂を感じられるスタジアムの歴史や秘話を聞くことができるので、ファンであれば一度は参加する価値ありです。

その他のイベントやコンサート

その他のイベントやコンサート

ドジャー・スタジアムは、大規模なコンサートや音楽フェスティバルの舞台としても利用されます。過去にはポールマッカートニーやガンズ・アンド・ローゼズなど、音楽界のレジェンドと称されるアーティストがライブを行ってきました。ステージ上で繰り広げられるパフォーマンスと、観客席が一体となるグルーヴ感。音楽好きであればスタジアムでのコンサートは必見です。

ドジャー・スタジアムの歴史と魅力

1962年に開場したドジャー・スタジアムは、多くの感動的なシーンを生み出してきました。ホームベースに近い席からでもフィールド全体を見渡すことができるよう、野球観戦を楽しむため完璧に設計されています。また、何より体感してもらいたいのがオルガン演奏。スタジアム専属のオルガニストが弾くその古き良き音色は、場内にいる観客の心に触れ一体感を生みだしています。このスタジアムは耳で楽しめることも魅力のひとつです。

ロサンゼルス・ドジャースについて

ロサンゼルス・ドジャースについて

1883年に設立された古豪(こごう)の球団として、地元ファンから絶大なる支持を得ています。以前はニューヨークのブルックリンに拠点を置くブルックリン・ドジャースとして活動していましたが、1958年にロサンゼルスへと移転。その後、西海岸の代表的なチームとなりました。
この球団の歴史を語る上で欠かせないのが、歴代所属選手たちの輝かしい実績です。
数々のリーグ優勝やワールドシリーズ制覇を経験し、多くの伝説的な選手たちがここでプレーをしてきました。日本人では、野茂英雄、前田健太といった名選手がドジャースのユニフォームを纏って活躍しています。
1955年から現在までに9回のワールドシリーズを制覇し、近年も連続でのプレーオフに進出しています。2020年にはワールドシリーズでヒューストン・アストロズを4勝3敗で下し、1988年以来32年ぶりの優勝を果たしました。

まとめ

ドジャー・スタジアムは、野球の聖地だけではありません。ロサンゼルスの重要な場所として、長い歴史を経て多くの人々から愛されてきました。足を踏み入れれば試合を見るだけでなく、まるで大きな家族の一員になった感覚に包まれます。応援の合間に隣のファンと会話をしたり、目の前の選手のプレーを共有する瞬間がこの場所の本質的な魅力です。
また観戦を計画する際は、チケットの購入方法やスタジアムの入場ルールをしっかりと把握することでスムーズに楽しめます。壮大な建築や食事、ショッピングにイベントといった多様な楽しみ方もお忘れなく。街の魂とも言えるドジャー・スタジアムに足を運べば、この素晴らしさを肌で感じられます。ここでの経験は、あなたの心に深く刻まれること間違いなしです。

スマホでESTA申請はこちら 出発の72時間前までにお願いします