【アメリカ(米国)への入国・渡航をお考えの方へ】 日本語での電子渡航認証システム・ESTA(エスタ)申請の代行・申し込みならエスタ・オンライン・センター

ESTA申請はこちら 出発の72時間前までにお願いします chevron_right
menu Menu

ESTA申請は出発の3日前までに
      申請には一定の時間がかかります。早めに手続きを済ませましょう。 ESTA申請は出発の3日前までに
      申請には一定の時間がかかります。早めに手続きを済ませましょう。

アメリカ入国には、
電子渡航認証システム
「ESTA」の申請が必要です。

ESTA(エスタ)とは、正式名称を電子渡航認証システム(Electronic System for Travel Authorization:エスタ)と言い、米国国土安全保障省により2009年1月12日からビザを取得せずにアメリカ(米国)へ入国する全ての外国人に対して事前申請が義務化されました。日本は米国のビザ免除対象国となっており、ハワイを含むアメリカへの入国目的が短期商用または観光であり、滞在日数(乗り継ぎを含む)が90日以内であれば、米国大使館・在日アメリカ大使館でのビザ取得は免除されますが、事前にオンラインにて渡航認証許可を得る必要があります。この事前渡航認証システムがESTA(エスタ)です。ただし、既に在日アメリカ大使館から発行されたビザを取得しておられる方で、ビザを利用して渡航される場合はESTA(エスタ)の申請は不要となります。

ESTA(エスタ)を統括している米国国土安全保障省では、ハワイを含むアメリカへ入国する72時間前にはESTAを申請(申し込み)し、米国への渡航認証許可を得ることを推奨しております。尚、ESTA(エスタ)の管理管轄はアメリカ合衆国税関・国境警備局(米国CBP)となります。外務省、在日アメリカ大使館・領事館にお問い合わせいただいても対応しておりませんので予めご了承ください。

ESTA申請の流れ

STEP 1 desktop_windows 申請情報入力

申請ページの案内に従ってESTA申請情報を入力ください。申請ページ内の「ESTAお申込みに関する同意事項」をお読みいただき申請を進めてください。

STEP 2 credit_card お支払い

ESTA申請の入力が完了した後、お支払いページに遷移します。ご希望の決済方法・クレジットカードを選択し、お支払い手続きを進めてください。

STEP 3 check_circle 申請審査

ご登録のメールアドレス宛てにESTA申請の結果を送信します。米国CBP公式サイトより渡航認証許可がおりましたら、ESTAでの渡米が可能となります。

STEP 4 local_airport 渡航申請完了

「渡航認証許可」メールが届きましたらESTA申請は完了です。渡米の際はメールに記載されたESTA認証情報を手帳などにお控えください。申請状況の確認はこちら。

ESTA申請とは

ESTA申請とは

ESTAとは、ビザ(査証)の取得が免除され、短期商用・観光目的で米国への渡航許可を得ることができる電子認証システムです。ESTAはアメリカで導入しているビザ免除プログラム(VWP)の一部であり、90日以内の短期のビジネスや観光を目的として渡航される方は、年齢を問わず事前にオンラインにてESTAによる渡航認証を受ける必要があります。ただし、アメリカ大使館より発行された有効なビザをお持ちでビザを利用して渡米される方は、ESTA認証の手続きは不要となります。通常、米国への渡航者はビザの取得が必要となりますが、日本を含むビザ免除プログラム(VWP)参加国については、渡航目的や滞在期間など、幾つかの要件に当てはまる場合であればビザの取得手続きが免除されます。一般的な旅行であれば比較的申請が簡易なESTA認証を得る事で、米国への渡航が可能となります。当サイトでは日本語入力でのお問合せ対応、ESTA申請(申し込み)入力代行サービスを行っており、ESTAの取り方を分かりやすくご案内しております。ESTA(エスタ)認証はご自身で登録して申請することも可能です。ご自身で申請する方は、アメリカ合衆国税関・国境警備局公式サイト(米国CBP公式サイト)をご利用下さい。なお、米国CBP申請サイトでは日本語の入力、お問い合わせには対応はしておりません。※ビザ免除プログラムの詳細はこちらにてご案内しております。

ビザ取得が必要になる場合

ビザ取得が必要になる場合

ESTA(エスタ)申請にはアメリカ合衆国が定めるいくつかの条件があります。以下の条件に該当される方でアメリカ渡航を希望される際は、ESTAではなくビザの取得を推奨しております。重大な伝染病や精神的障害を患っている方。これまでに違法な行為や不道徳な行為、規制薬物の違反などによって有罪判決を受けている方。過去にESTA認証による渡航を行い、オーバーステイをしたことがある方。これまでに、あるいは現在において、スパイ行為・破壊活動・テロリスト活動・集団殺戮に関与したことがある方。これまでにビザやESTAの取得に際し、詐欺や不正行為を行ったことがある方。 このような状況またはケースに該当する方は、アメリカが定める規定によりESTA認証が不適合と判断されることがありますのでご注意ください。ESTAによる渡航が拒否された場合はビザを取得することでアメリカへの渡航が可能となるケースもございます。ただし、過去にアメリカ国内で180日以上1年未満のオーバーステイをした方は米国退去日より3年間は再入国禁止となります。1年以上のオーバーステイをした方は米国退去日より10年間は再入国をすることが出来ません。ビザはビジネスや観光、留学など渡航の目的により様々な種類がございます。ご自身に該当するビザの選択や申請方法についてはアメリカ大使館または領事館へご相談ください。ESTAとビザの違いはこちらをご参照ください。

ESTA申請にあたり

ESTA申請にあたり

ESTAはビザとは異なり、申請を比較的スピーディに行うことができ、短期のアメリカ旅行などには大変便利な渡航認証です。当サイトでは分かりやすい日本語にてESTAの申請をいつでも受け付けておりますが、渡航日の3日前には申請を済ませておくことを米国CBPや各航空会社では強く勧めております。通常、申請してから72時間以内には「渡航認証許可」ないし「渡航認証拒否」の申請結果が通知されるケースがほとんどですが、大規模なシステムメンテナスなどの状況に於いては3日以上かかる場合もございます。また、申請した後、審査中の場合は「渡航認証保留」となるケースもあります。ESTAを管轄している米国CBP公式サイトには、連日世界中から多くのアクセスがあるため、障害を防ぐために様々な対策を行っております。万が一、渡航日までにESTAを取得されていない場合は、ご予定の飛行機に搭乗できない恐れもございますのでご注意ください。渡航が決まり次第、早めにESTAの申請を行うことをお勧めします。グループでの申請も可能です。

ESTA申請方法と必要な物

ESTAの審査は米国内で行われるため、申請項目は全て英語(ローマ字)にてご入力いただく必要があります。お名前はパスポートに記載されているアルファベット大文字で、正確に入力をお願いします。名前や生年月日を間違えて登録してしまった場合は、あらためて正しい情報でESTA申請を行う必要がありますので、入力の際は慎重にお願いします。なお、ESTA申請の際はパスポートとクレジットカードをご用意ください。パスポートはESTA申請者本人のもので期限が有効なものでなければなりません。ESTAの有効期限は2年間です。2年以内にパスポートの期限が切れてしまう方は、パスポートの有効期限と同日にESTAも失効となりますので、パスポートの有効期限を事前に確認しておきましょう。クレジットカードはESTA申請者ご本人名義でなくても審査に影響はありませんが、クレジットカードの所有者にESTA申請費用の支払いに使用する旨をお伝えください。さらに詳しいESTAの申請方法はこちらをご覧ください。

新型コロナウイルスと
ESTA(エスタ)の最新情報
最終更新日: 2020年4月3日

【4月2日更新】新型コロナウイルス アメリカ入国制限と対象国の最新情報

  • グアム
  • ハワイ
  • 新型コロナウイルス
  • 緊急事態宣言

配信日 : 2020年3月16日

新型コロナウイルスの感染拡大による検疫体制の強化に伴い、米国政府は入国条件の変更や制限措置などを施行しております。 4月2日現在、米国疾病予防管理センター(CDC)は日本の感染症危険情報度合いをレベル3(渡航中止勧告)と…

米国内の感染者20万人突破 フロリダ州は外出禁止地域を拡大

  • フロリダ州
  • 新型コロナウイルス

配信日 : 2020年4月3日

新型コロナウイルスの感染拡大が加速している米国では4月1日、国内の感染者数が20万人を突破しました。同日、一部地域で外出禁止令が発令されていたフロリダ州はさらに対象範囲を拡大し、マイアミ・デード郡、ブロワード郡、パームビ…

日本政府「レベル3」渡航中止勧告73か国に 中・韓・米・欧州からの入国を全面禁止

  • 入国制限
  • 新型コロナウイルス
  • 渡航情報

配信日 : 2020年4月2日

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の影響により、日本政府は3月31日に中国、韓国、欧州に加えアメリカからの入国も全面的に禁止することを正式に決定しました。 WHO(世界保健機関)は3月11日に新型コロナウイルスの感染拡…

ビザ免除プログラム対象国

ヨーロッパ

  • ドイツ/Germany
  • オーストリア/Austria
  • ベルギー/Belgium
  • フランス/France
  • スペイン/Spain
  • ノルウェー/Norway
  • ポルトガル/Portugal
  • スウェーデン/Sweden
  • イタリア/Italy
  • ギリシャ/Greece
  • イギリス/England
  • アイルランド/Ireland
  • ポーランド/Poland
  • フィンランド/Finland
  • スロバキア/Slovakia
  • スロベニア/Slovenia
  • マルタ/Malta
  • ラトビア/Latvia
  • エストニア/Estonia
  • アンドラ/Andorra
  • サンマリノ/San Marino
  • リトアニア/Lithuania
  • チェコ/Czech Republic
  • モナコ/Monaco
  • アイスランド/Iceland
  • オランダ/Netherlands
  • デンマーク/Denmark
  • スイス/Switzerland
  • ハンガリー/Hungary
  • ルクセンブルク/Luxembourg
  • リヒテンシュタイン/Liechtenstein

東南アジア

  • 日本/Japan
  • 韓国/Korea
  • 台湾/Taiwan
  • ブルネイ/Brunei
  • シンガポール/Singapore

オセアニア

  • オーストラリア/Australia
  • ニュージーランド/New Zealand

南米

  • チリ/Chile

ESTA(電子渡航認証システム)とは

ESTA(電子渡航認証システム)とは ESTA(電子渡航認証システム)とは

米国渡航を希望する外国人が安全であり、入国の適格性を審査する制度です。日本国籍の方が米国旅行をする際はESTA申請が必要です。

ESTA(エスタ)とは

ESTAの申請方法・記入例

ESTAの申請方法・記入例 ESTAの申請方法・記入例

ESTAの申請方法について申請ページ画像と記入例をもとにご入力事例をご紹介しておりまので、申請時の参考情報としてご活用ください。

ESTAの申請方法・記入例

スマホでのESTA申請

スマホでのESTA申請 スマホでのESTA申請

ご自宅にパソコン環境がない方や、スマホの操作に慣れている方等を対象に、スマホからのESTA申請入力方法についてご案内します。

スマホでのESTA申請

グループ申請・家族申請の方法

グループ申請・家族申請の方法 グループ申請・家族申請の方法

CBP公式ESTA申請サイトでは個人申請だけでなく、グループ申請を行うことが可能です。当該ページではグループ申請の解説をします。

グループ申請・家族申請の方法

ESTA申請料金について

ESTA申請料金について ESTA申請料金について

ESTA申請料金について こちらのページでは当サイトでのお支払い方法や代行サービスの料金、キャンセルポリシー、領収書の発行方法について解説をしています。

ESTA申請料金について

ESTA支払い方法解説

ESTA支払い方法解説 ESTA支払い方法解説

こちらのページではお支払いの方法、利用可能なクレジットカード、よくあるご入力間違いとエラー表示、解決方法の紹介をしています。

ESTA支払い方法解説

ハワイ旅行(入国審査とESTA)

ハワイ旅行(入国審査とESTA) ハワイ旅行(入国審査とESTA)

アメリカ本土と同じく、90日以内の観光、短期商用、乗継ぎ目的のハワイ渡航については、事前にESTA認証を取得する必要がございます。

ハワイ旅行(入国審査とESTA)

グアム渡航(入国審査とESTA)

グアム渡航(入国審査とESTA) グアム渡航(入国審査とESTA)

グアム旅行をされる方を対象として、ESTA認証が必要かどうか、その他の予備手続き、税関・入国審査等にについて解説をします。

グアム渡航(入国審査とESTA)

ESTA申請後に確認ができない

ESTA申請後に確認ができない ESTA申請後に確認ができない

ESTA申請を完了した後、登録状況が確認できない場合はいくつかの理由が考えられます。その理由と対策について詳しく解説します。

申請後に確認ができない場合

ESTA渡航認証拒否と対処方法

ESTA渡航認証拒否と対処方法 ESTA渡航認証拒否と対処方法

世界中で起きているテロの影響もあり、ESTA審査基準が厳しくなっています。渡航認証が拒否された際の対処について解説をします。

ESTA渡航認証拒否と対処方法

渡航認証保留となった場合

渡航認証保留となった場合 渡航認証保留となった場合

ESTA申請の結果は大きく3パターンに分類されます。渡航認証保留となった場合は再申請を検討される前にこちらのページをご覧ください。

渡航認証保留となった場合

ESTAの再申請について

ESTAの再申請について ESTAの再申請について

このページではESTA申請完了後にご登録内容を確認し、お間違いに気づいた際の修正手順・再申請の方法について解説をします。

ESTAの再申請について

ESTA認証の更新について

ESTA認証の更新について ESTA認証の更新について

有効期限の更新方法について解説をします。お手元の認証状況や更新の目的によって手続きに違いがありますのでご確認ください。

ESTA認証の更新について

お問い合わせ方法について

お問い合わせ方法について お問い合わせ方法について

ESTAや米国渡航に関するご質問を受け付けております。お問い合わせフォームにご要望・ご質問を入力し送信をお願いします。

お問い合わせ方法について

米国ビザ申請について

米国ビザ申請について 米国ビザ申請について

ESTAの利用要件を超えて渡米する予定がある方は、永住か一時滞在かにより移民ビザまたは非移民ビザを事前に取得する必要があります。

米国ビザ申請について

ビザとパスポートの違いとは

ビザとパスポートの違いとは ビザとパスポートの違いとは

パスポートは所有者の国籍や身分を証明するものであり、ビザは渡航先にて入国を許可する入国許可証の役割を果たします。

ビザとパスポートの違いとは

E-1ビザとは?

E-1ビザとは? E-1ビザとは?

駐在員など米国間の貿易を目的とした渡米をご希望される場合はE1ビザを取得することを求められます。各種ビザについて解説をします。

E-1ビザとは?

B1・B2ビザについて

B1・B2ビザについて B1・B2ビザについて

アメリカが発給するビザの中では一般的であり、利用範囲が広いビザです。B1ビザは短期商用、B2ビザは主に観光を目的としたものです。

B1・B2ビザについて

CBP GE Programとは

CBP GE Programとは CBP GE Programとは

グローバルエントリープログラム(通称GE)とは、米国CBP(税関・国境警備局)が開発した事前入国審査プログラムのひとつです。

CBP GE Programとは

パスポートの残存期間とESTA

パスポートの残存期間とESTA パスポートの残存期間とESTA

渡米の際パスポートの有効期限は、半年以上であることを推奨しております。パスポートの残存期間とESTAの関係を解説します。

パスポートの残存期間とESTA

未成年者のアメリカ渡航同意書

未成年者のアメリカ渡航同意書 未成年者のアメリカ渡航同意書

未成年者(18歳未満の方)が単独、または片方の親同伴で渡米をされる際は、渡航同意書のご用意をお願いしております。

未成年者のアメリカ渡航同意書

DS160の記入例について

DS160の記入例について DS160の記入例について

アメリカ本土、ハワイ、グアム、サイパン等への留学や就労で長期滞在をご希望の際は、ビザ申請システム(DS160)をご利用ください。

DS160の記入例について

米国連絡先情報記入について

米国連絡先情報記入について 米国連絡先情報記入について

ESTA申請時における米国内の連絡先情報(ホームアドレスライン・住所)の記入方法・記入例について参考情報を記載しております。

米国連絡先情報記入について

出生した市区町村の入力方法

出生した市区町村の入力方法 出生した市区町村の入力方法

ESTA申請はローマ字での入力となります。正しい住所表記や出生した市の入力方法についてご不明の場合はこちらを参照ください。

出生した市区町村の記入方法

お支払い方法

ESTA(エスタ)申請料金のお支払いはVISA、MasterCard、JCB、AmericanExpress、DinersClubまたはPayPalからお選びいただけます。 AmericanExpress、DinersClub、PayPalアカウントでのお支払いをご希望の場合は「PayPalでお支払い」を選択して決済をお願いいたします。 クレジットカード番号を含む個人情報は最新のSSL技術により全て暗号化され、安全なクレジットカード決済が行われます。

  • ESTA Online Centerでは、日本語での問い合わせや分かりづらい形状誤差のフォローなどお客様のESTA申請(申し込み)を日本語にてサポート致します。
  • ESTA(エスタ)の登録審査は最長で72時間を要する場合がございますので、お早めに申請いただく事をお勧めします。
  • アメリカ合衆国税関・国境警備局公式サイト(米国CBP)ではお問い合わせは英語のみの対応となりますが、当サイトでは日本語にてお問い合わせいただけます。
  • ESTAに関する情報は外務省サイト、在日米国大使館・領事館サイト、米国CBPよくある質問一覧ページにも詳細に記載されておりますので是非ご参照下さい。
    在日米国大使館・領事館サイト  米国CBPよくある質問一覧
  • 国別協定により定められている国籍(日本含む)の方は、米国滞在にあたりパスポートの有効期限に制限はございません。
  • 米国ビザやパスポートの盗難・紛失に関してのお問い合わせ:米国大使館 〒107-8420 東京都港区赤坂1-10-5 電話番号:03-3224-5000
  • 当サイトでは複雑で面倒なESTA(エスタ)の申請を全て日本語にて対応し、お客様に代わり承っております。(別途代行手数料)
  • ESTA申請サービス費用にはアメリカ合衆国税関・国境警備局公式サイト(米国CBP)の電子渡航認証費用$14を含みます。

個人情報保護に関する基本方針

ESTA Online Center(当サイト)では、お客様の個人情報を適切に管理するため、「個人情報保護に関する基本方針」を制定しております。個人情報の取扱いについて、当サイトは基本方針に従い、個人情報保護の徹底を図ります。その内容は以下のとおりです。当サイトは、個人情報保護法および関連法規、日本工業規格「個人情報保護マネジメントシステムの要求事項」(JISQ15001)を遵守し、お客様の個人情報をESTA申請手続きの代行を目的として収集及び使用致します。その使用する範囲は、米国DHS(アメリカ合衆国国土安全保障省)のシステムへの申請、お客様からのお問合せ内容の確認及び照会、お問合せに対する返信時、当サイトサービスの円滑な提供及び業務管理の為とし、必要最小限に止めます。当サイトがお客様からお預かりする情報は以下のとおりです。氏名(パスポート表記)、住所、生年月日、性別、国籍、出生情報、Eメールアドレス、電話番号、滞在先情報、雇用情報、パスポート情報(パスポート番号、パスポート発行日、パスポート満了日)、SNSアカウント情報、両親の氏名、伝染病等の病歴、法令違反歴、諜報活動等の反国家行為歴、アメリカ国内での就労意図の有無、過去のアメリカ入国拒否の有無、過去のアメリカ超過滞在歴、特定国への渡航歴、当サイトへのお問い合わせ履歴等。当サイトはお客様から削除等のご要望がない限り、お預かりした個人情報を一定期間保管致します。なお、法令、政府機関、裁判所の命令があった場合、又は当サイトが定める基準に従い、一定期間経過後にお客様の個人情報を削除することがあります。個人情報の即時削除をご希望の場合は、当サイトのお問合せフォームよりご依頼下さい。お客様からお預かりしました個人情報は、如何なる場合も第三者へ開示しないものとします。但し、以下の場合を除きます。①ご本人様の同意がある場合 ②法令、政府機関、裁判所の命令があった場合 当サイトはお客様ご自身による個人情報の確認・訂正のご依頼があった場合は、当サイトに定める利用規約に従い、本人確認をさせて頂いた上で、適宜対応致します。当サイトにリンクされている他のウェブサイトでの個人情報の安全確保については、当サイトは責任を負いかねます。各リンク先での個人情報の取り扱いに関する規定はご自身で確認して頂き、安全を確保した上でご利用することを推奨します。

最終更新日: 2020年4月3日