【アメリカ(米国)への入国・渡航をお考えの方へ】 日本語での電子渡航認証システム・ESTA(エスタ)申請の代行・申し込みならエスタ・オンライン・センター

Welcome to the Electronic System for Travel Authorization
日本語でのESTA(エスタ)申請代行ならエスタ・オンラインセンター ※ESTA申請サービス費用は米国合衆国公式サイトの電子渡航認証費用14ドルを含んだ料金となります。
日本語でのESTA(エスタ)申請代行ならエスタ・オンラインセンター ※ESTA申請サービス費用は米国合衆国公式サイトの電子渡航認証費用14ドルを含んだ料金となります。

ESTA(エスタ)とは、正式名称を電子渡航認証システム(Electronic System for Travel Authorization:エスタ)と言い、米国国土安全保障省により2009年1月12日からビザを取得せずにアメリカ(米国)へ入国する全ての外国人に対して、事前申請(日本語でも可)が義務化されました。日本は米国のビザ免除対象国となっており、ハワイを含むアメリカへの入国目的が短期商用または観光で、滞在日数が90日以内の場合(乗り継ぎを含む)であれば、米国大使館でのビザ取得は免除されますが、事前にオンラインにて渡航認証を受ける必要があります。この事前渡航認証システムがESTA(エスタ)です。ただし、既に大使館から発行されたビザを取得しており、ビザを利用して渡航される方はESTA(エスタ)の申請は不要となります。ESTA(エスタ)を統括している米国国土安全保障省では、ハワイを含むアメリカへ入国する72時間前には、ESTAを申請(申し込み)し、米国への渡航認証許可を得ることを推奨しております。

※ESTA申請は出発の72時間前までにお願いいたします。

日本語でのESTA(エスタ)申請代行ならエスタ・オンラインセンター ※ESTA申請サービス費用は米国合衆国公式サイトの電子渡航認証費用14ドルを含んだ料金となります。
ご自身で登録をされる方は、アメリカ合衆国税関・国境警備局公式サイト(米国CBP)をご利用下さい。当ESTA(エスタ)申請代行サイトでは公式サイトでは提供されないサービス・機能などを備え、形状誤差をフォローアップ、より分かりやすくサポートします。
こちらより米国CBPへの新生代行申し込みが可能でございます。ご案内メールは控えとして保管ください。併せてESTA認証の取り方解説のページもご参照いただくとお手続きがスムーズです。
  • ESTA Online Centerでは、日本語での問い合わせや分かりづらい形状誤差のフォローなどお客様のESTA申請(申し込み)をサポート致します。
  • ESTA(エスタ)の登録審査は最長で72時間を要する場合がございますので、お早めに申請いただく事をお勧めします。
  • アメリカ合衆国税関・国境警備局公式サイト(米国CBP)ではお問い合わせは英語のみの対応となりますが、当サイトでは日本語にてお問い合わせいただけます。
  • ESTAに関する情報は外務省サイト、在日米国大使館・領事館サイト米国CBPよくある質問一覧ページにも詳細に記載されておりますので是非ご参照下さい。
  • 当サイトでは、わかりにくく面倒なESTA(エスタ)の取り方を全て日本語にて対応し、お客様に代わり承っております。(※別途代行手数料を申し受けます)
  • ESTA申請サービス費用にはアメリカ合衆国税関・国境警備局公式サイト(米国CBP)の電子渡航認証費用$14を含みます。