【アメリカ(米国)への入国・渡航をお考えの方へ】 日本語での電子渡航認証システム・ESTA(エスタ)申請の代行・申し込みならエスタ・オンライン・センター

Welcome to the Electronic System for Travel Authorization
日本語でのESTA(エスタ)申請代行ならエスタ・オンラインセンター ※ESTA申請サービス費用は米国合衆国公式サイトの電子渡航認証費用14ドルを含んだ料金となります。

日本語でのESTA(エスタ)申請代行ならエスタ・オンラインセンター ※ESTA申請サービス費用は米国合衆国公式サイトの電子渡航認証費用14ドルを含んだ料金となります。

ESTA(エスタ)とは、正式名称を電子渡航認証システム(ElectronicSystemforTravelAuthorization:エスタ)と言い、米国国土安全保障省により2009年1月12日からビザを取得せずにアメリカ(米国)入国する全ての外国人に対してESTA(エスタ)の事前申請(日本語可)が義務化されました。日本もビザ免除対象国に該当します。アメリカ(ハワイ)入国の目的が短期商用・観光等、滞在希望日数が90日以内の場合(乗り継ぎを含む)、米国大使館でのビザ取得は免除されますが、渡航前にオンラインでESTA申請(申し込み)を行い渡航認証を受ける必要があり、この渡航認証システムがESTA(エスタ)です。(事前にビザを取得して渡航する方はESTA申請は不要です。)ESTA(エスタ)は、旅行の許容のための事前委任です。そのため、米国国土安全保障省は、アメリカ(ハワイ)入国する72時間前には、ESTA(エスタ)を通じてESTA申請(申し込み)を行う事を推奨しています。

※出発の72時間前までに登録申請をお願いいたします。

日本語でのESTA(エスタ)申請代行ならエスタ・オンラインセンター ※ESTA申請サービス費用は米国合衆国公式サイトの電子渡航認証費用14ドルを含んだ料金となります。
ご自身で登録をされる方は、アメリカ合衆国税関・国境警備局公式サイト(米国CBP)をご利用下さい。当ESTA(エスタ)申請代行サイトでは公式サイトでは提供されないサービス・機能などを備え、形状誤差をフォローアップ、より分かりやすくサポートします。
こちらより米国CBPへの新生代行申し込みが可能でございます。ご案内メールは控えとして保管ください。併せてESTA認証の取り方解説のページもご参照いただくとお手続きがスムーズです。
 

ビザを取得せず渡米される方は、ESTA新生・ご登録をお願いします。ビザ取得に関しての詳しい情報は外務省、米国大使館、領事館HP等でご確認ください。

ESTAとは、ビザ(査証)取得を免除して、短期商用・観光目的で米国への渡航許可を得る為の電子認証です。既に有効なビザをお持ちの方はESTA認証手続きはご不要となります。通常、米国渡航者はビザ取得・保持が必要となりますが、日本を含むビザ免除プログラム(VWP)参加国ついては、渡航目的や滞在期間など、幾つかの要件に当て嵌まる場合、ビザ取得手続きが免除され、比較的簡易なESTA認証を得る事で、米国へのご渡航が可能になります。当サイトではESTA申請(申し込み)の代行サービスを行っております。当該認証はご自身で登録することも可能です。ご自身で登録する方は、アメリカ合衆国税関・国境警備局公式サイト(米国CBP)をご利用下さい。

An electronic authentication to travel U.S. for the purposes of short-term commercial or tourist without visa acquisition. this proceedings becomes unnecessary, if you have a valid visa already. Usually, U.S. travelers will be required visa. However, your nationality is Visa Waiver Program, and if the condition is satisfied (stay period, purpose of travel etc). visa procedures are exempt, and your travel allowed by only esta auth. we perform a service agency of the ESTA application on this site. The authentication is also possible to register yourself. If you register yourself, please use the U.S. Department of Homeland Security site.

ESTA新生書の記入内容によっては形状誤差が表示される場合がございます。適合条件について御不明な点がある場合は、外務省、米国大使館、領事館HP等にお問い合わせ下さい。

特定の伝染病や精神的障害を患っている場合。これまでに違法な行為や不道徳な行為、規制薬物の違反などによって有罪判決を受けている場合。過去にESTA認証による渡航を行い、オーバーステイをしたことがある場合。これまでに、あるいは現在、スパイ行為・破壊活動・テロリスト活動・集団殺戮に関係したことがある場合。上述のようなケースに渡航者が該当する場合は、米国の定める規定に拠りESTA認証不適合と判断されることがございます。ESTA認証が拒否された場合であっても、ビザを取得する事で渡米する事が可能となります。ビザを持たずに入国しようとした場合、入国を拒否をされる恐れがあります。ビザ取得手続きの詳細については、外務省、米国大使館・領事館までお問合せ下さい。

if you have mental disorders, infectious diseases. or convicted of immoral behavior. or used Illicit drugs in the past. or fact that you overstayed in the past. the fact that espionage, sabotage, terrorist activities, or related to the genocide. on the above cases, you may be denied esta authentication. in this case, you will need to get a visa. please follow the guidance of U.S. Embassy, Consulate.

  • エスタ・オンライン・センターでは、複雑な申請をサポート致します。
  • ESTA(エスタ)の登録審査は最長で72時間を要する場合がございますので、お早めに申請いただく事をお勧めします。
  • アメリカ合衆国税関・国境警備局公式サイト(米国CBP)ではお問い合わせは英語のみの対応となりますが、当サイトでは日本語にてお問い合わせいただけます。
  • 当サイトでは、わかりにくく面倒な「ESTA(エスタ)」の事前申請を、お客様に代わり承っております。 (※別途代行手数料を申し受けます)
  • ESTA申請サービス費用にはアメリカ合衆国税関・国境警備局公式サイト(米国CBP)の電子渡航認証費用$14を含みます。