アメリカ学生ビザ(F-1/M-1)の概要と申請方法について

ESTA申請はこちら 出発の72時間前までにお願いします
Menu

アメリカ学生ビザ(F-1/M-1)の概要と申請方法について

アメリカ学生ビザ(F-1/M-1)の概要と申請方法について

アメリカ学生ビザ(F-1/M-1)の概要

アメリカ国内の教育機関へ留学する方は、渡航前に学生ビザの取得が必要です。留学が決定した方は米国内の教育機関から届く“I-20(入学許可証)”を取得した後、学生ビザの申請を行ってください。I-20入学許可証には“SEVIS(学生・交流訪問者情報システム)”のほか、ビザ申請手順・ビザ費用の決済方法、在留資格の変更手続きなど重要な情報が含まれます。一般的に語学学校や大学へ留学する際はF-1ビザ、専門学校へ通う方はM-1ビザの取得が必要です。両ビザを含む全ての非移民ビザを取得した方は、留学などの目的遂行後に速やかなアメリカ出国が求められます。
アメリカの非移民ビザの種類と申請方法に関する詳細は、「アメリカビザ(非移民ビザ申請)の種類・申請方法」をご確認ください。

F-1ビザについて

F-1ビザは一般的な学生ビザで、米国内の認定大学や私立高等学校へ留学する方を主な対象としています。特定の英語プログラムなど受講する場合や、週18時間以上の授業を受ける方も同ビザの取得が求められます。また、米国内の公立高等学校へ留学する際は9年生から12年生のみ入学時にF1ビザが発給されますが、在学期間は最長1年間と定められています。留学が決まった方は指定の費用を支払った後に学校側から「入学許可証I-20」が届きますので、速やかにF-1ビザの申請手続きを行いましょう。

F-1ビザの申請対象者

  • 米国政府が認定する私立高校・大学・大学院への留学を希望する学生
  • 米国内の認定大学・私立高校・語学学校などで特定の英語プログラムを修学する方
  • 米国内の認定教育機関で週18時間以上の特定カリキュラムを受講する方

※F-1ビザを取得した方は、原則として現地での就労は認められません。ただし、学位取得が確実な学生は卒業前後に就業訓練を目的とする、OPT(オプショナル・プラクティカル・トレーニング)による1年間の就労が認められます。
※F-1ビザ取得者に同行する家族(配偶者および21歳未満で未婚の子ども)は、F-2ビザ(同行者ビザ)の申請が認められます。
※F/Mまたは一部のJビザを初めて申請する方は、領事館との面接が免除され郵送でのビザ申請も認められます。詳細は「郵送での学生ビザ(F-1/M-1)申請方法」をご確認ください。

OPT(オプショナル・プラクティカル・トレーニング)とは

OPT(オプショナル・プラクティカル・トレーニング)とは、アメリカ政府が認定する学校に1年間以上在学した留学生を対象とする職業訓練制度を指します。週18時間以上の英語プログラムや教育カリキュラムを受講する方はOPTを利用して、最長1年間にわたり米国内でインターンとしての就労が認められます。OPTは在学中から利用可能な“Pre-Completion”と卒業後に利用する“Post-Completion”の2種類があり、一般的なOPTは“Post-Completion”です。教育機関の卒業または学位取得を前提として最長1年間にわたり、インターンとして米国内での就労が認められます。一方の“Pre-Completion”は在学中の就労が可能ですが、教育機関と勤務先が定める条件を満たす必要があります。いずれのOPTもインターンとして就労する際は留学先の教育機関と米国移民局(USCIS)の許可が必要となり、勤務可能な職種は専攻領域に関連する企業に限られます。OPTを申請する際は学校と勤務先が定める条件を確認し、担当部署と相談した上で関連事業への就労を検討しましょう。

M-1ビザについて

M-1ビザは、主に米国内の専門学校へ通うために必要となる非移民ビザのひとつです。アメリカでの職業訓練や、就労に関連した教育や研修を受ける方はM-1ビザの取得をご検討ください。同ビザは「職業訓練ビザ」とも呼ばれ、取得した方は例外を除き最長1年間のアメリカ滞在が認められます。美容関係やダンススクール、パイロットの養成学校などに通う方は渡米前にM-1ビザの取得が必要です。アメリカでの滞在目的は「専門学校または専門機関での教育プログラムへの参加」に限られ、週20時間以上の受講が条件となります。入学が決まった方は指定の費用を支払った後に学校側から「入学許可証I-20」が届きますので、M-1ビザの申請手続きを行ってください。

M-1ビザの申請対象者

  • 学位取得ではなく技術習得を目的とし、米国内の専門学校や職業訓練校への留学を希望する方
  • 職業訓練および専門職の研修を主な目的とし、具体的な計画と帰国後のプランを領事官へ説明できる方

※原則としてM-1ビザ取得後、F-1ビザへの変更は認められません。
※M-1ビザ取得者に同行する家族(配偶者および21歳未満で未婚の子ども)は、M-2ビザ(同行者ビザ)の申請が認められます。
※F/Mまたは一部のJビザを初めて申請する方は、領事館との面接が免除され郵送でのビザ申請も認められます。対象は日本国籍の市民または日本に滞在中の中高生、大学生、教授、短期滞在の研究者や専門家に限られます。過去に日本・アメリカ・他国において逮捕歴がないことや、いくつかの条件が求められます。詳細は「郵送での学生ビザ(F-1/M-1)申請方法」をご確認ください。

学生ビザ(F-1/M-1)申請方法の手順

学生ビザ(F-1/M-1)は、在米国大使館または札幌・大阪・福岡・那覇の各総領事館にて申請を受け付けています。申請方法は大使館および各領事館によって異なるため、在日米国大使館および大阪・那覇総領事館と、札幌・福岡総領事館の申請方法をご確認ください。申請に必要な書類や手順を確認し、早めに手続きを行いましょう。

在日米国大使館および大阪・那覇総領事館で申請を行う場合

学生ビザ(F-1/M-1)申請の際は以下6点の提出が求められます。

1. 期限が有効なICチップ搭載のパスポート

2. 過去10年間に発給を受け失効となったパスポート

3. 証明写真1枚(5cm × 5cm)

※背景が白のカラー写真で6か月以内に撮影したもの。
※眼鏡着用の写真は認められません。

4. オンライン事前審査DS-160で取得した申請IDとバーコード

※ DS‐160はオンラインにて登録を行い、該当ページを出力してください。以前に利用したDS-160は使用できません。同行者がM-2ビザ(同行者ビザ)を申請する際は、同行者本人による申請IDとバーコードの提出が必要です。
※学生ビザ(F-1/M-1)および交流訪問者ビザ(J-1ビザ)申請者は、事前にSEVIS費用の支払いが求められます。詳細はこちらをご確認ください。

5. 領事官との面接の予約日時が記載されたWebページの出力

6. 留学先が発行した“I-20(入学許可証)”

※申請者は専用フォームに署名と日付を入力し、SEVIS費用の決済完了を証明するI-901の提出も必須となります。
※領事館と面接の際はI-20の持参が必須となり、日にちに余裕をもった面接予約が求められます。なお、渡米予定の1か月以内にI-20が到着していない場合に限り、後日提出が認められる場合があります。該当する方は大使館または総領事館へご相談ください。

日本国籍以外の方は上記6点のほか、「外国人登録証」または「在留カード両面のコピー」の提出も求められます。また、過去に重大な犯罪歴がある方は、該当事件における判決時の謄本と英訳をご用意ください。

在日米国大使館

住所:〒107-0052 東京都港区赤坂1-10-5
電話番号:03-3224-5000
FAX:03-3224-5856 (商務部)
メールアドレス:support-japan@ustraveldocs.com (ビザ課)
開館日:月曜~金曜日8:30~12:00、14:00~17:30
閉館日:土曜、日曜日、日本と米国の祝日

駐大阪・神戸米国総領事館

住所:〒530-8543 大阪府大阪市北区西天満2-11-5
電話番号:06-6315-5900
FAX:06-6315-5914
メールアドレス:AOK@state.gov
開館日:月曜~金曜日9:00~12:00、13:30~15:30
閉館日:土曜日、日曜日、日本と米国の祝日

在沖米国総領事館

住所:〒901-2104 沖縄県浦添市当山2-1-1
電話番号:098-876-4211
FAX:0988-76-4243
メールアドレス:NahaACS@state.gov
開館日:月曜~金曜日8:00~17:00
閉館日:土曜日、日曜日、日本と米国の祝日

札幌・福岡総領事館で申請を行う場合

札幌・福岡総領事館で学生ビザ(F-1/M-1)を申請する方も、在日米国大使館および大阪・那覇総領事館と同じ書類の提出が求められます。ただし、必要書類は事前に郵送する必要があるため、早めに申請手続きを行いましょう。各総領事館は少なくとも面接3日前までに必要書類の到着を推奨しており、日にちに余裕をもった面接日の予約が求められます。面接日を予約した後、数日以内に総領事館より日本郵政のレターパック封筒が届きますので、必要書類を同封し速やかに提出してください。
※1週間以内に面接予約日を指定した方は、レターパック封筒の送付対象外となります。速達での郵送か、総領事館入口の警備員への提出が求められますのでご注意ください。
※各総領事館での受け付けは、休館日を除く月~金曜日の8 : 45~17 : 30となります。面接前日の正午までに届くよう、速達またはレターパックで以下の宛先へ郵送手配を行ってください。

在札幌米国総領事館在ビザサービス(必要書類の郵送先)

住所:〒064-0821 北海道札幌市中央区北1条西28丁目
※封筒の裏側に面接予約日・予約時間を必ず記載してください。
電話番号:011-641-1115
FAX:011-643-1283
メールアドレス:SapporoACS@state.gov
開館日:月曜~金曜日8:30〜17:30
閉館日:土曜日、日曜日、日本と米国の祝日

福岡領事館ビザサービス(必要書類の郵送先)

住所:〒810-0052 福岡市中央区大濠2-5-26
※封筒の裏側に面接予約日・予約時間を必ず記載してください。
電話番号:092-751-9331
FAX:092-761-7116
メールアドレス:FukuokaACS@state.gov
開館日:月曜~金曜日9:30〜17:30
閉館日:土曜日、日曜日、日本と米国の祝日

郵送での学生ビザ(F-1/M-1)申請方法

F・Mまたは一部のJビザを初めて申請する方は、領事官との面接が免除され郵送でのビザ申請も可能です。対象は日本国籍の市民または日本に滞在中の中高生、大学生、教授、短期滞在の研究者や専門家に限られ、以下いずれかの条件を満たすことが求められます。ただし、郵送による申請はビザの発給を保証するものではありませんのでご注意ください。

郵送での学生ビザ(F-1/M-1)申請対象者

  • 過去にESTA(エスタ)を利用して渡米した経験があり、申請の際に「渡航認証拒否」の履歴がない方
  • ビザの種類を問わず、14歳以降に米国ビザを取得した履歴がある方

※過去に日本・アメリカ・他国において逮捕歴がある方は、郵送による非移民ビザ申請の対象外となります。
※上記対象外の方は、原則として大使館または総領事館での面接が必要です。

2022年6月より、郵送でのビザ申請手続きに要する期間は従来の約10営業日から5営業日に短縮されました。渡航する際は期日に余裕を持ち、必要書類の用意をお願いします。郵送でのビザ申請に関する最新詳細は、「郵送でのビザ面接予約とビザ申請の注意点」をご確認ください。

ESTA申請はこちら 出発の72時間前までにお願いします

更新日 : 2023/01/30