ESTA(エスタ)とビザの違いについて | ESTA Online Center

ESTA(エスタ)申請 > ESTA(エスタ)とビザの違いについて

ESTA(エスタ)とビザの違いについて

米国への渡航を検討されている方へ

日本国籍を有する方の場合、米国へ渡航される際はどなた様もESTA(エスタ)もしくはビザの取得が必須となります。一般的に米国への渡航目的が短期ビジネスか観光であり90日以内での滞在の際はESTA(エスタ)申請を勧めており、90日以上の米国滞在を予定されている方についてはビザの取得を推奨しております。ESTA(エスタ)は2009年1月より米国国土安全保障省(DHS)によって義務化されたシステムで、正式な名称はElectronic System for Travel Authorizationと記載し、日本語では「電子渡航認証制度」と訳されます。ESTA(エスタ)は米国に90日以内の観光などを目的する外国籍の方が必須となるもので、米国渡航の航空機または旅客船に搭乗する前に申請を済ませておく必要があります。一方のビザは米国に90日以上の滞在を希望される方が必須となるものであり、主にビジネスや留学を目的として渡米される方に向けた制度と言えるでしょう。米国への渡航に際し、ビザかESTA(エスタ)のどちらを申請すべきか、まずは渡航期間と渡航目的を明確にしておく必要があります。

渡米に際しESTA(エスタ)申請がふさわしいケース

1.観光を目的とした渡航
(90日以内に限る)
個人旅行、家族旅行、団体旅行、親族や知人宅への訪問、奉仕活動、報酬を伴わないイベントやコンテストへの参加
2.ビジネスを目的した渡航
(90日以内に限る)
ビジネス分野の商談や交渉、会議への参加、報酬を伴わない教育・科学・専門分野の会議やイベントへの参加
3.第三国へ向かう際の乗り換え
(一時的な乗り継ぎ・乗り換えを含む)
米国内の空港を経由して第三国へ渡航するケース

米国への渡航目的が一般的な観光や短期ビジネスの場合は、事前にESTA(エスタ)申請をすることがふさわしいケースと言えます。また、米国に数時間でも滞在する場合や乗り換えをする場合であってもESTA(エスタ)申請の対象となりますので、米国経由で第三国へ向かう方は事前にESTA(エスタ)申請をお願いいたします。なお、ESTA(エスタ)申請の条件のひとつとして、機械読み取りが可能なICチップ付きのパスポートの所持が必須となります(現在、日本国にて発行されているパスポートは全てICチップ付きのパスポートとなっています)。ESTA(エスタ)申請の際、パスポートの有効期限は米国を出国する当日まで有効であることが求められますので、申請前にパスポートの有効期限と渡航期間のご確認をお願いします。 米国への渡航目的が就労、留学、永住の場合はESTA(エスタ)申請の対象ではなくビザ申請が必要となります。例え90日以内の米国滞在であっても報酬が伴う労働や就労の予定がある方はESTA(エスタ)ではなくビザの申請が必要となります。長期の滞在を予定される方はビザ申請をご検討ください。

渡航に際しビザ取得が相応しいケース

1.米国内で90日以上の滞在を希望する場合
目的や理由を問わず、米国内に90日以上の滞在を希望される方はビザ申請(B2ビザ)が必要となります。
2.報酬を伴う就労や長期ビジネスを目的とした場合
90日以内の米国滞在であっても報酬が伴う就労やビジネスを目的として渡米する際は、ビザ申請(B1ビザ)が必要となります。
3.米国内での留学を目的とした場合
留学期間に関わらず、週に18時間以上の受講を予定している方は指定のビザが必要となります。
4.専門分野や特殊技能、芸能分野にて長期滞在をする場合
教育・科学・歴史・医療などの専門分野や特殊分野での技術指導、芸能やスポーツの分野などで米国での長期滞在を希望または予定している方は、指定のビザ申請をご検討ください。

ビザには渡米する目的により様々な種類がございます。取得したビザにより滞在可能な期間も異なります。
特に留学を目的としたビザについては滞在可能な期間が細かく異なりますので、ご自身の目的に沿ったビザ申請を推奨いたします。

F-1ビザ
米国内の認定大学、高校、米国にて認可された語学留学
M-1ビザ
米国内の専門学校、職業訓練校への留学
J-1ビザ
米国内の学校での交流訪問、交換留学

米国内で90日以上の滞在を希望する場合はB1ビザ、長期ビジネスを目的とした場合はB2ビザの取得が必須となります。B1ビザ・B2ビザは「Bビザ」と呼ばれており、米国ビザの中では最も一般的なビザと言えるでしょう。Bビザは利用範囲が広いため、過去に重大な過失や犯歴などがなければ比較的容易に申請することが可能で、取得すると基本的に180日以内の米国滞在が認められます。しかし、ビザは米国への入国を認可するものであり、米国での滞在期間を保証するものではございません。滞在可能な期間に関しては米国入国時の審査官により決定されますので、ビザの有効期限=滞在可能期間ではないことをご理解ください。滞在期間が決定した後に米国での滞在期間を延長したい方は、最大で6ヶ月の延長を申請することが可能ですが、延長には相当の理由が必要となります。長期観光を理由とした際の期間延長は不法滞在(オーバーステイ)の恐れがあると指摘されることもあるため、渡米前に慎重な計画を立てておくことをお勧めします。

米国移民法とVWPの関係

米国が定める移民国籍法214条b項には以下の一節があります。 すべての外国人は米国領に在籍するとき、または入国審査時に、非移民としての資格があることを納得させるだけの十分な証明がなされるまで移民の意志があると仮定する。 つまり、「米国に入国する外国籍の人物は、全て米国への移住を目的として入国するものと見なす」と定義しているのです。このような定義があることから米国ではVWP(Visa Waiver Program)と呼ばれるビザ免除プログラムを設けており、米国が認める国籍者の方であれば諸条件を満たせばビザの取得をしなくても入国を認めるという制度を導入しました。このVWP(Visa Waiver Program)を利用するための条件のひとつとして2009年1月にESTA(エスタ)が義務付けられ、日本国籍を有する方であればESTA(エスタ)を申請し取得することで、スムーズな米国への入国が認められます。ESTA(エスタ)は米国へ渡航する際の「渡航認証制度」のため、ビザとは性質が異なります。航空券の所持を必要としない乳幼児であっても渡米の際はESTA(エスタ)が必要となりますので、乳幼児のESTA(エスタ)についても忘れることなく申請をお願いします。

VWPの利用が出来ないケース

ビザ免除プログラムVWP(Visa Waiver program)は世界中全ての方が利用できる制度ではございません。
以下に該当する方はビザ免除プログラムVWP(Visa Waiver program)を利用することはできませんので事前にご確認ください。

以上に該当する方はビザ免除プログラムVWP(Visa Waiver program)およびESTA(エスタ)による渡米は利用できません。申請をしても渡航認証拒否となることが予想されますので、渡米を希望される際はESTA(エスタ)の申請ではなくビザの取得をご検討ください。

ESTA(エスタ)とビザの有効期限

一度取得したESTA(エスタ)の有効期限は2年間となります。ESTA(エスタ)はパスポートと異なり更新という制度はございません。2年間の有効期限が切れた際は、あらためてESTA(エスタ)申請を行ってください。ただし、今後渡米する予定がなく有効期限を迎えた方については、ESTA(エスタ)の再申請は必要ありません。ESTA(エスタ)は身分を証明するものではありませんが、米国へ入国する際には必須となるものです。90日以内の観光や短期ビジネスで渡米される方は、往路便に搭乗する3日前にはESTA(エスタ)申請を済ませておくことをお勧めしております。 一方のビザの有効期限は一度取得すると10年間有効となります。仮に10年以内にパスポートの有効期限が切れた場合であってもビザは有効となりますが、米国へ入国する際は新旧両方のパスポートの提出が必要となります。ビザを取得する際は渡米する目的に沿ったビザを選択し、必要書類などを用意した上で、米国大使館または領事館での面接を受ける必要があります。頻繁に渡米する予定があり、所定の条件を満たしている方であればビザ申請の際に面接が免除されるケースもございます。ビザのついての詳細は、在日米国大使館または領事館へお問い合わせください。

米国への入国可能な回数について

ESTA(エスタ)とビザについても制度の上では米国への入国回数に制限はありません。しかし、ESTA(エスタ)を利用して90日に近い滞在をした直後に、再び渡米をした方については入国審査官より渡米理由を詳しく尋ねられることが予想されます。その際、正当な渡航理由を主張することが必要となりますので、滞在先や滞在期間、帰国予定日を証明する詳しい書類のご用意をお願いします。万一、ESTA(エスタ)による入国が許可されなかった場合は「入国拒否」の履歴が残り、今後ESTA(エスタ)を利用しての渡米はいっそう審査が厳しくなります。目安ではありますが、頻繁に渡米する予定があり、年間の米国滞在が累計180日ほどとなる方はESTA(エスタ)ではなくビザ申請のご検討をお勧めします。

オーバーステイ(不法滞在)にご注意ください

出国日予定日の期日を過ぎて滞在することをオーバーステイ(不法滞在)と呼びます。米国ではオーバーステイについて厳しい規則を設けている国であるため、意図的であるないにかかわらず違反した場合は罰金や罰則の対象となります。特にESTA(エスタ)を利用しての上限である90日に近い滞在を予定している方の場合、1日でも90日の範囲を超えてしまうとオーバーステイとみなされるため慎重な渡航計画が必要です。一度オーバーステイとなった方は移民法違反となり、数年から10年の入国禁止にとどまらず、二度と米国への渡航が許可されないケースもあります。ESTA(エスタ)を利用して短期間の米国旅行や旅行代理店を利用してのツアーであればオーバーステイの心配はありませんが、ESTA(エスタ)を利用して数か月滞在する場合や、ビザを利用して半年近い滞在を予定している方は滞在先の確保や出国日に遅延することのないよう、くれぐれもご注意ください。

オーバーステイを防ぐために

米国での滞在可能期間である180日以上1年未満をオーバーステイした場合は、3年間米国への渡航が禁止となります。
1年以上のオーバーステイについては10年間の渡米が禁止となります。180日未満のオーバーステイの場合は罰則の範囲外となっておりますが、オーバーステイの履歴が残ります。オーバーステイをした場合は米国への渡米だけでなく諸外国への渡航も制限されるため、頻繁に海外へ渡航される方は特に慎重な計画が必要となります。過去に出国当日に搭乗する飛行機の欠航や遅延するケース、予想外のストライキとなりオーバーステイとなった事例もございます。ESTA(エスタ)はスムーズな米国入国と90日以内の滞在を許可する制度ではありますが、出国する際はご自身の判断に委ねられます。思わぬトラブルに巻き込まれないためにも、滞在可能日数より1週間以上余裕をもった日にちを出国日として設定することをお勧めします。

ESTA(エスタ)申請・アメリカ電子渡航認証システムTOPに戻る
更新日:2019/3/13