キューバへの入国・ビザについて | ESTA Online Center

ESTA(エスタ)申請 > キューバへの入国・ビザについて

キューバへの渡航とESTA(エスタ)申請について

キューバ渡航にESTA(エスタ)申請は必要?

米国へ渡航する際はESTA(エスタ)の取得が必要となることは知られていますが、キューバへ渡航する場合もESTA(エスタ)申請が必要なのでしょうか。日本のパスポートを所有しておられる方で、一般的な観光を目的としてキューバへ渡航される際は米国同様、キューバ渡航の際もESTA(エスタ)の申請が必要となります。現在、日本国内からキューバへの直行便はないため、キューバへ入国する際は近隣国である米国やメキシコなどを経由しての入国が一般的な手段となっております。キューバへの距離や交通の利便性を考慮した場合、米国を経由しての入国が推奨されておりますが、米国を経由してキューバなど他国へ入国する場合はESTA(エスタ)申請が必須となりますので、渡航前に申請のご準備をお願いいたします。

なぜESTA(エスタ)申請が必要なのでしょうか?

米国では海外からの不法滞在者の排除やテロ行為の防止などの観点から、2009年にESTA(エスタ)の導入が始まりました。ESTA(エスタ)は米国への入国を希望する海外からの渡航者が安全な人物であるか、本来の目的に沿った渡航であるか、目的の遂行後は速やかに自国へ帰国する意思があるかなどを、入国前に事前に審査および確認をするための制度です。米国滞在のみではなく、米国の空港を経由して第三国へ向かう方や乗り換えを予定している方であってもESTA(エスタ)の申請は必要となります。なお、キューバへ入国する際に米国を経由せずにメキシコ、カナダを経由して入国する方についてはESTA(エスタ)の申請は必要ありません。ESTA(エスタ)の申請は、米国を経由して入国する場合のみ必要であることをご理解ください。

ESTA(エスタ)申請が不要な場合とは?

米国本土および米国領に入国する際、以下の項目に該当される方についてはESTA(エスタ)申請が不要となります。

※ただし、この地域で45日以上90日未満の滞在を予定している方についてはESTA(エスタ)申請が必要となります。
グアム空港では混雑緩和を目的としたESTA(エスタ)専用レーンを運営しております。ESTA(エスタ)を取得することで入国審査の待ち時間が短縮され観光客のストレス軽減になっているため、繁忙期の家族・団体旅行による渡航の際は、ESTA(エスタ)申請を推奨しております。

キューバ渡航の際は「ツーリストカード」のご準備をお願いします

ツーリストカードとは

日本国のパスポートを所有している方がキューバに渡航する際、「ツーリストカード」が必要となります。ツーリストカードとはパスポートとは別に自身の身分を証明するものであり、キューバへの入国目的が正しい理由と期間であるか、キューバ国内に危害を与える行為をしない人物であるか、目的遂行後は速やかに自国に帰国する意思があるかなどを審査するために活用される大切な書類です。ツーリストカードはキューバへ入国する際に必要ですので必ずキューバ渡航をされる前に申請のご準備をお願いいたします。なお、米国を経由してキューバへ渡航予定の方は、事前にESTA(エスタ)とツーリストカードの申請が必要となります。

ツーリストカードの取得方法について

キューバ渡航の際に必要となるツーリストカードの取得方法は主に3種類です。
大使館へ直接申請を行う方法、郵送にて申請を行う方法、旅行代理店などに取得を依頼する方法が一般的となります。

キューバ大使館にてツーリストカードを申請する場合

キューバ共和国大使館

所在地
〒104-0044 東京都港区東麻布1丁目28-4
電話番号
03-5570-3182

※ツーリストカードの申請受付は平日の9時30分から11時30分までとなっております。

キューバにて就労する予定がなく、一般的な180日未満の滞在であればビザ申請は不要ですが、入国の際にツーリストカードは必要となります。また前述の通り、米国を経由してキューバへ入国される方は、ESTA(エスタ)申請のご準備も併せてお願いします。
キューバ大使館にてツーリストカードを申請される方は以下の書類などをご用意いただき、キューバ大使館の申請窓口へお尋ねください。

※搭乗する飛行機とキューバでの滞在先については、ツーリストカードの申請段階で共に確定していることが求められます。
搭乗する飛行機、滞在先のいずれかが未確定の方はツーリストカードの申請が出来ませんのでご了承ください。

郵送にてツーリストカードを申請する場合

ツーリストカードは郵送による申請も受け付けております。
都内のキューバ大使館へ出向くことが難しい場合は、郵送による申請をご利用ください。
ツーリストカードの申請用紙は以下よりダウンロードをしてご使用ください。
http://misiones.minrex.gob.cu/sites/default/files/formularios/editorjapon/visas.pdf

申請書に必要事項をご記入ください。郵送での申請であっても搭乗する飛行機とキューバでの滞在先を確定させておく必要がありますのでご注意ください。なお、郵送によるツーリストカード申請の場合は、5,600円の費用が必要となります。申請費用はキューバ大使館にお尋ねの上、指定の口座へお振込みください。キューバ大使館は土日祝日・年末年始を除く平日のみ開館しております。キューバ国内の祭日にあたる日も大使館は休館となるため、郵送にてツーリストカードを申請する場合は十分な余裕をもって行うことを推奨いたします。

旅行代理店にツーリストカードを申請依頼する場合

ツーリストカードの申請から取得までを代行している旅行代理店もございます。旅行代理店に依頼した場合、およそ1~2万円ほどの申請費用がかかるようです。旅行代理店に依頼をする場合はキューバのツーリストカードの代理申請を行っているかお尋ねの上ご検討をお願いします。

ツーリストカードは入国時に半分返却されます

キューバ国内の空港に到着すると入国審査を受ける必要がありますので、その際にツーリストカードの提出をお願いいたします。
入国が認められるとツーリストカードの半券が返却されます。半券はキューバを出国する際に必要となりますので大切に保管してください。
万が一紛失してしまうと、出国する際に再発行の手数料が必要となりますので、パスポートと共に大切に保管されることをお勧めいたします。

メキシコ・カナダからキューバへ渡航する場合には

米国を経由せずにメキシコやカナダ経由でキューバへ渡航される場合は、事前に日本でツーリストカードを申請していなくても取得する方法があります。まず、メキシコ経由にてキューバへ渡航される場合は、メキシコ国内の空港内にツーリストカードを発行する専門の窓口があります。本来は旅行会社の窓口ではありますが、ツーリストカードの申請も受け付けております。日本で申請をせずにキューバへ向かう予定ができた方はこのようなサービスをご利用ください。一方のカナダ国内の航空会社であるエアカナダを利用してキューバへ向かう際は、エアカナダの機内でツーリストカードを配布しておりますので必要事項を記入することでキューバへ入国することも可能です。ただし、エアカナダの配布サービスは本来カナダ在住者へ向けたものですので、事前にキューバへの入国を予定されている方は、渡航される前に日本国内にてツーリストカードの申請取得を推奨しております。

キューバの基本情報

キューバはカリブ海に位置する中部アメリカとキューバ島を領土とする社会主義の共和国で、正式な国の名称はキューバ共和国(República de Cuba)です。国の面積は約11万1,000km2で日本の約1/3程の面積を有しており、総人口は約1,112万人で首都ハバナの人口は213万人、主要言語はスペイン語で国内の通貨単位はキューバペソ(Cuban Peso)となっています。キューバという国名は先住民族が「クーバ」と呼んでいたことに由来しており、スペイン領となった16世紀初頭頃はスペイン人もそれに倣い、現在もスペイン語では「クーバ」と発音されます。1898年のアメリカ・スペイン戦争の結果、キューバは1902年に独立し、1959年に社会主義政権が樹立。米国に近い立地にありながら近年まで米国との国交がほとんどありませんでした。しかし、2015年には国交が回復し、2016年には半世紀振りにキューバと米国を結ぶ定期航空便が運航されました。その後、米国の政権が変わったことによりキューバ軍関係との商取引や渡航制限などが設けられましたが、米国の大手ホテルチェーンがキューバでホテル事業を展開することが発表されるなど、今後の観光客増加や米国とより一層の関係改善が期待されています。

ESTA(エスタ)申請・アメリカ電子渡航認証システムTOPに戻る
更新日:2018/12/27