ESTA申請代行サービス(ESTA Online Center)のメリットとは

ESTA申請はこちら 出発の72時間前までにお願いします
Menu

ESTA(エスタ)オンラインセンターのご紹介

ESTA(エスタ)オンラインセンターのご紹介

アメリカ渡航の際はESTA(エスタ)が必要です

観光旅行や短期商用を目的としてアメリカへの渡航を予定している方は、事前にESTA(エスタ)の申請が必須となります。ESTA(エスタ)は2009年1月12日よりDHS(米国国土安全保障省)より義務化された事前入国管理システムの略称で、正式名称は“Electronic System for Travel Authorization”と表記します。義務化から10年以上経過し、ESTA(エスタ)はこれまでも多くの方に利用されてきました。日本国籍のパスポートをお持ちの方はESTA(エスタ)申請により、ビザを取得せずに渡米が認められます。ESTA(エスタ)を利用して渡米する際の滞在期間は最長90日間となり、ハワイを含むアメリカ国内で90日以上の滞在を希望する際はビザの取得が必要です。また、アメリカでの滞在期間が90日以内の場合でも、就労留学を目的として渡航する方はESTA(エスタ)申請の対象外となります。該当する方は渡航目的に合わせたビザの取得をご検討ください。ESTA(エスタ)は旅行会社などが主催している一般的なアメリカ旅行に参加される方や出張などの際に申請が必要となり、ビザと比べて短期間で取得が可能です。しかし、ESTA(エスタ)申請の公式サイトは全て英語での入力が求められ、スペルの間違いや質問に対する回答ミスも起こりがちです。当サイトはESTA(エスタ)申請に必要な入力情報を簡潔にまとめ、日本語対応の専用ページを用意しています。質問も専門スタッフが日本語にて回答しますので、英語での申請に不安のある方やESTA(エスタ)の取得をお急ぎの方は当サイトをご利用ください。

簡潔で迅速にESTA(エスタ)が取得できるサイトを目指して

ESTA Online Centerは、ESTA(エスタ)申請の代行業務を専門としています。設立のきっかけは渡米前にCBP(米国税関・国境警備局)が運営する公式サイトでESTA(エスタ)を申請した際に、全ての項目が英語表記のため不便を感じた点に端を発します。項目や質問の翻訳後も正確な内容が理解できず、ESTA(エスタ)申請に不安がある方も周りに多くいることが分かりました。当サイトは日本国籍の方に向けて分かりやすく、よりシンプルな申請フォームにてESTA(エスタ)が取得できるようお客様をサポートします。ESTA(エスタ)申請でご質問がある際は、ページ上部にある「お問い合わせ」に必要事項と質問内容を日本語で入力のうえ送信してください。専門スタッフが内容を確認し、迅速に対応いたします。

見やすい表示でスマートフォン・タブレットにも対応

当サイトのESTA(エスタ)申請フォームは、シンプルで見やすい表示が特長です。米国CBPによる公式サイトはパソコンのみに対応した構成になっているため、スマートフォンやタブレットでの申請時に入力ミスを起しやすい傾向にあります。当サイトではスマートフォンやタブレットに合わせた申請ページを用意し、画面が小さなデバイスでもスムーズな入力な可能です。

24時間・年中無休の体制で申請をサポート

ESTA Online Centerは年中無休で、24時間体制にてESTA(エスタ)の申請を受け付けています。お急ぎの場合も迅速に対応し、ESTA(エスタ)申請をサポートしますのでご安心ください。ESTA(エスタ)を管轄する米国CBPでは、渡航の72時間前までに申請を済ませるよう推奨しています。渡航当日にESTA(エスタ)申請を行った場合も大半のケースで取得が可能ですが、搭乗時のトラブルを防ぐためにも早めの手続きをお勧めします。また、米国CBP公式サイトは定期的なシステムメンテナスにより、数日にわたり申請ができない場合もあります。システムメンテナス終了後は速やかに申請を行い、スムーズなESTA(エスタ)の取得に努めます。

万一の入力ミスも修正対応が可能です

入力した申請内容に間違いがあり修正を希望する場合は、スタッフが速やかに対応します。当サイトのページ上部にある「お問い合わせ」より、修正を希望する項目と正しい情報を明記のうえ送信してください。申請時に姓名・生年月日・国籍・性別・パスポート番号・パスポート発行日・パスポート満了期限日の項目がパスポート画像と異なる方については、確認のため当サイトよりメールにて連絡いたしますので回答をお願いします。また、感染症歴や犯罪歴などの質問項目に1つでも「はい」の回答がある方は、ESTA(エスタ)申請が認められず「渡航認証拒否」となります。質問項目に「はい」の回答をいただいた方についても、確認のため連絡いたしますので必ず回答をお願いします。ESTA Online Centerでは当サイトでESTA(エスタ)申請を行った方に限り、1回のみ無料で修正対応を承ります。一方、米国CBP公式ウェブサイトで申請された方は正しい情報で新たな申請が必要となり、再び申請費用の支払いが求められるため注意が必要です。当サイトは全て日本語で対応し、申請から取得完了までサポートしますので安心してご利用ください。

お問い合わせは日本語で対応します

ESTA(エスタ)公式サイトの管轄は、CBP(アメリカ合衆国税関・国境警備局)となります。申請に関する質問や確認はEメールと電話にて受け付けていますが、全て英語のみとなり日本語での対応は行っておりません。CBP公式サイトは米国時間での運営となるため、日本からの質問に対して迅速な回答が得られない場合もあります。当サイトはESTA(エスタ)に関するご質問について日本語で対応し、時差やストレスなく申請から取得までサポートします。申請時に「渡航認証拒否」となった方へのサポートや、現地でESTA(エスタ)情報を紛失した場合の再通知などアフターサービスも対応しますのでご安心ください。また、ESTA(エスタ)は外務省と在日アメリカ大使館・領事館の管轄外のため、質問などには対応しておりません。

ESTA(エスタ)申請をしていない場合に起こること

空港での搭乗手続き時にESTA(エスタ)を取得していない方は、原則として航空機への搭乗が認められません。また、何らかの事情により搭乗が許可された方は到着した空港にて厳しい入国審査が求められ、強制送還の対象となる場合もあるため注意が必要です。ESTA(エスタ)は観光などで渡米を希望する方を対象とした入国制度で、年齢を問わず申請が必須となります。乳幼児や未成年の方もESTA(エスタ)を取得していない場合は、渡米が認められないため注意が必要です。家族でハワイ旅行やアメリカへの渡航を計画する際は、保護者の方や引率者がお子様のESTA(エスタ)申請を代理で行うようお願いします。 ESTA(エスタ)によるグアム・サイパンでのメリット

グアム・サイパン旅行でESTA(エスタ)を取得した際のメリット

日本国籍の方はパスポートと出入国カード(I-736)のみで最長45日間のグアムサイパン滞在が認められますが、繁忙期に渡航する際はESTA(エスタ)の取得を推奨します。取得した方は到着した空港にてESTA(エスタ)専用レーンの利用により、入国審査にかかる時間を大幅に短縮することが可能です。また、ESTA(エスタ)の取得で最長90日間の滞在が認められるため、長期滞在を希望する方はESTA(エスタ)の申請をお勧めします。

最長90日間の滞在が可能
ESTA(エスタ)を取得していない場合の滞在期間は最長45日間ですが、取得した方は最長90日間の滞在が認められます。
入国審査にかかる時間を短縮
グアム国際空港とサイパン国際空港では、ESTA(エスタ)を取得した方のみ利用可能な「ESTA専用レーン」が設備されています。通常のレーンと比べおよそ1/4ほどの時間で入国審査を済ませることができるため、繁忙期の混雑緩和に役立ちます。
I-736(出入国カード)の提出が不要
ESTA(エスタ)を取得した方はI-736(出入国カード)が不要となり、渡航前または機内での記入と提出は必要ありません。

※ESTA(エスタ)に関するご質問は、ページ上部の「お問い合わせ」よりメールにて受け付けています。ご質問の内容により返信に時間がかかる場合がありますのでご了承ください。

ESTA申請はこちら 出発の72時間前までにお願いします

更新日 : 2023/06/16