DS-160オンライン申請書の作成方法(記入例) | ESTA(エスタ)申請サイト:ESTA Online Center

ESTA(エスタ)申請 > DS-160の記入例について

DS-160の記入例について

DS-160とは?

アメリカ本土またはハワイ、グアム、サイパンなどに留学や就労をはじめ長期滞在を計画されている方は、ビザを申請し取得する必要があります。しかし、ESTA(エスタ)の対象期間である90日以内の観光または商用以外の目的で滞在される際には、ビザを取得する必要はございません。米国ではビザを申請される際に、オンラインを利用したビザ申請システムの通称「DS-160」を導入しております。
「DS-160」に電子署名することにより、そこに含まれる申請者の情報が事実に相違がないことを申請者自身が証明したと判断されます。なお「DS-160」はオンライン上での申請書であり、アメリカ大使館および領事館で非移民ビザを申請される際は、乳幼児や未就学児を含む全ての方が対象となります。家族でアメリカへの長期滞在を計画されておられる方は「DS-160」の登録申請を忘れずに行うようにしましょう。

DS-160の申請にあたり

アメリカへの留学や長期滞在、アメリカ国内で就労をされることが決まった際は、アメリカ大使館にてビザを取得するための面接を受けることが必要となります。「DS-160」は面接の際に必須となり、面接を予約するには「DS-160」の確認ページ記載のバーコード番号が必要となります。印刷やメモをするなどして事前に用意をしておきましょう。
「DS-160」の申請にあたり、全ての入力に1時間から1時間半ほどかかると言われておりますので、なるべく時間に余裕をもって申請を行いましょう。また、「DS-160」を作成する際、IDをメモしておくことをお勧めします。もし、何らかの理由により申請の途中で退席してもIDをメモしておくことで途中からの入力や編集が可能となります。
「DS-160」の申請には時間と手間がかりますので、途中でいつでも編集ができるよう、こまめに保存をすることをお勧めいたします。

DS-160 オンライン申請書作成サイト

https://ceac.state.gov/genniv

DS-160を作成する際に気をつけたいこと

アメリカの非移民ビザを日本国内にて申請される際は、全ての申請者が東京・大阪・福岡・沖縄・札幌にあります大使館または領事館にて「DS-160」の申請書を提出し、面接を受けなければなりません。
婚約者ビザ(Kビザ)に限り、東京の在日米国大使館か沖縄の在沖米国総領事館に申請書を提出する必要がございます。
「DS-160」を申請する際に、万一、誤記入や記入漏れ、事実と異なる入力内容が判明した場合は修正や変更を受け付けておりませんので、あらためて申請書を作り直し、再度申請を行うことが必要となります。
「DS-160」申請書を作成の際には必ず正確な情報を丁寧に入力し、入力が終わったら全ての項目を見直すようにしましょう。

DS-160の申請時にご用意ください

①有効期限内でICチップ搭載のパスポート番号
長期滞在となる場合は特にパスポートの有効期限の確認をお願いいたします。
②証明写真のデジタルデータ画像
メガネ未着用、背景が白、申請時から6ヶ月以内に撮影したものに限ります。
③申請を予定されているビザに沿った必要な書類
ビザの種類によって追加で入力をする情報がかわります。「DS-160」の申請書はすべて英語入力のみとなります。和訳テキストを表示させる場合は"Select Tooltip Language"のメニューから日本語を選択ください。

DS-160申請書フォームの記入項目について

質問事項への回答に不備や入力漏れがあった際は、「DS-160」の申請が受理されないケースもございます。
必ず正確な情報を入力し、入力漏れのないようご注意ください。

①姓名

※ミドルネームがある方は名前の後ろに入力してください。
旧姓、芸名、日本国籍以外の方の日本名(通称名)などは「その他の姓名」に入力してください。

②性別

③生年月日

④出生地

⑤国籍

⑥ビザの種類(渡航の目的による)

⑦直近5回の渡米歴

直近5回全ての渡米情報(到着日及び滞在期間)を入力する必要があります。 米国本土およびハワイ、グアム、サイパンなどの米国諸島への渡航歴や米国領内の通過または乗り継ぎなどに関する情報もすべて入力します。

面接時に不備が判明した場合は訂正手続が必要です

上記の質問を含むそれ以外の質問において「該当なし」あるいは「不明」と回答された際や、領事との面接時に質問の回答が不明確または事実と異なると判断された際には、訂正が必要となります。領事との面接時における必要な情報は下記の項目となりますが、場合によりこの限りではないこともございます。

同じ項目において複数の回答をされる際は、"Add Another(追加)"をクリックして追加の情報を入力してください。

ご注意ください!

  • ICパスポート内蔵の日本国パスポートにはパスポート冊子番号がないため、フォーム上のパスポート冊子番号の選択欄は「該当なし」を選んでください。
  • DS-160申請書の記入制限時間は20分と限られています。20分が過ぎてしまいセッション切れが起きてしまった際や作成中に中断などが起こってしまった際は、WEBサイトの右上に記載がある申請IDを再度入力しましょう。または、あらかじめ申請入力の際にこまめに保存をし、データを基に再び入力作業を続けることもできます。もし、IDを控えておらずパソコン内にも保存をしていない場合は、はじめから申請の入力をやり直すことになりますので、入力する際には必ずIDを控えて、こまめに保存をするようにしてください。

DS-160申請フォーム入力の手順 -その1-

DS-160申請フォーム入力の手順 -その1-

DS-160申請フォーム入力の手順 -その2-

DS-160申請フォーム入力の手順 -その2-

DS-160申請フォーム入力の手順 -その3-

DS-160申請フォーム入力の手順 -その3-

DS-160申請フォーム入力の手順 -その4-

DS-160申請フォーム入力の手順 -その4-

DS-160申請フォーム入力の手順 -その5-

DS-160申請フォーム入力の手順 -その5-

13歳以下はビザ申請の面接が免除されます

13歳以下の方はビザを申請される際の面接が免除となります。ビザの申請を親子でおこなう場合は両親が面接をする際に、子供の申請書類も合わせて提出します。この場合、親の申請書に該当する子供を扶養家族として情報を登録する必要があり、申請されるタイミングに13歳以下の子供本人は必ず日本に滞在していることが必須となります。また、先に親がビザの申請を済ませている際は、郵送にて該当する子供のビザを追加で申請することもできます。ただし、北朝鮮、イラン、キューバ、シリアおよびスーダンの国籍の方は郵送でビザを申請することはできませんので、年齢を問わず面接が必要となります。また、それ以外の国籍の方についても世界情勢の変遷や都度の申請内容により、13歳以下の子供の全てがビザ申請の面接を免除されるとは限りません。
子供のビザ申請をする際には、最新の情報を米国大使館または領事館にお問い合わせされることをお勧めいたします。

ESTA(エスタ)申請TOPページに戻る