【記入例の紹介】ESTA(エスタ)の申請方法をわかりやすく解説 | ESTA(エスタ)はこちらから:アメリカ電子渡航認証システム

スマホでESTA申請はこちら 出発の72時間前までにお願いします
Menu

【記入例の紹介】ESTA(エスタ)の申請方法をわかりやすく解説

ESTA(エスタ)申請の記入例をご紹介いたします。入力を始める前に、お手元にパスポートとクレジットカードのご用意をお願いします。

ESTA申請に必要なもの

ESTA(エスタ)申請には下記の2点をご用意ください。

  • パスポート(期限が有効でICチップ搭載のもの)
  • クレジットカード(申請者ご本人名義でなくても構いません)

ESTA(エスタ)申請にはパスポートとクレジットカードが必要となります。パスポート情報はESTA(エスタ)を申請するご本人の情報を入力してください。
未成年の方がESTA(エスタ)申請を行う場合であっても、保護者様ではなく未成年者ご本人のパスポート情報を入力する必要があります。パスポートは期限が有効であり、空港の端末で読み取り可能なICチップ搭載であることをご確認ください。
お支払いにはクレジットカード(Visa、Master Card、JCB、American Express)の利用が可能です。ESTA(エスタ)申請者ご本人様がクレジットカードをお持ちでない場合は、ご本人様以外のクレジットカードでもお支払いいただけます。

ETSA申請に必要なものに関する詳細はこちらよりご確認ください。
ESTA申請はこちら出発の72時間前までにお願いします

ESTA申請の手順

ESTA(エスタ)申請の記入例をご紹介します。パスポート情報はESTA(エスタ)を申請するご本人の情報を入力してください。乳幼児を含む未成年者のESTA(エスタ)申請を保護者が代理で行う場合も、ご本人のパスポート情報を入力する必要があります。ESTA(エスタ)申請の入力にかかる時間はおよそ10分で、氏名や住所は全てローマ字(英語)にて入力してください。また、申請フォームの後半には9項目の質問があり、1つでも「はい」に該当する方はESTA(エスタ)での渡米は認められません。審査結果は大半の場合において申込完了から数時間以内に通知されますが、ESTA(エスタ)を管轄するDHS(アメリカ国土安全保障省)およびCBP(アメリカ合衆国税関・国境警備局)では渡航3日前までの申請を推奨しています。申請方法に関する手順と詳細は以下の内容をご確認のうえ、正確な情報を入力しましょう。

01.申請をはじめる

申請をはじめる

ESTA(エスタ)申請ウェブ:ESTA Online CenterのTOPページ「ESTA申請はこちら」をクリックし、ESTA(エスタ)申請をはじめましょう。

02.申請者情報

申請者情報

姓/名はパスポート記載と同様にアルファベット大文字で入力してください。
姓/名を逆に入力する、スペルの間違いにご注意ください。別名・別称がある方は「別名があります」にチェックを入れて当該の名前を入力してください。
TSU、SHO、JO、CHOなどの入力はスペルの間違いにご注意ください。
(例) 姓 : TUDA → TSUDA 名 : SYOTA → SHOTA
以下の国籍に該当する方は「個人識別番号」の入力欄が表示されます。任意のため空欄でも構いませんが、台湾市民は個人識別番号(パスポート記載の英語1文字と数字9桁)の入力が必要です。
Belgium(BEL)、Brunei(BRN)、Chile(CHL)、Czech republic(CZE)、Estonia(EST)、Germany(DEU)、Greece(GRC)、Hungary(HUN)、Luxembourg(LUX)、Malta(MLT)、Monaco(MCO)、Netherlands(NLD)、Portugal(PRT)、Singapore(SGP)、Slovakia(SVK)、Slovenia(SVN)、South Korea(KOR)、Spain(ESP)、Taiwan(TWN)

03.連絡先情報

連絡先情報

Eメールアドレスの入力間違いにご注意ください。
申請完了後、「申請受付メール」と「渡航認証可否通知メール」を当サイトより送信します。フリーメールや携帯端末のメールアドレスをご利用の方は、迷惑メールフォルダ等への振り分けや受信できない場合がありますのでご注意ください。

04.住所情報

住所情報

住所は全てローマ字で入力します。
戸籍の本籍地ではなく、現在居住中の住所を入力してください。日本国内の住所は、郵便番号を入力いただくと都道府県と市区町村が自動で反映されます。住所の入力例はこちらをご確認ください。

05.パスポート情報

パスポート情報 パスポート情報

パスポートの顔写真ページ全体を撮影した画像のアップロードと、パスポートの記載情報を入力してください。
顔写真ページ全体が映っていない、照明の反射で文字や画像が正しく識別できない場合は申請受付後に再提出が必要となります。日本発行のパスポート番号はアルファベット2文字と数字7桁の9桁です。入力の際は「発行年月日」と「有効期間満了日」の間違いにご注意ください。

06.他国のパスポート・国家身分証明書の有無

他国のパスポート・国家身分証明書の有無

申請者情報の国籍欄で選択した国以外からパスポートや国家身分証明書の発給を受けたことがある方は「はい」を選択し、発給国・種類・ID番号・有効期限を入力してください。ID番号または有効期限を忘れてしまった方、分からない方はどちらの項目も「UNKNOWN(不明)」を選択して構いません。

07.出生国・出生都市

出生国・出生都市

出生した都市が不明の場合は空欄で構いません。
出生地の記載方法について詳しくはこちらを確認してください。

08.他国での国籍・市民権の有無

他国での国籍・市民権の有無

申請者情報の国籍欄で選択した国以外の国籍・市民権を保有する方は「はい」を選択し、国籍と取得の経緯(出生による/両親を通じて/帰化/その他)を選択してください。
過去に申請者情報の国籍欄で選択した国以外の国籍・市民権を保有していた方は「はい」を選択し、「過去に保有していた国籍」「過去に他国籍を取得した日」「他国籍を放棄した日」の選択が必須となります。「過去に他国籍を取得した日」と「他国籍を放棄した日」は、左から日/月/年の順に選択してください。

09.GE/NEXUS/SENTRIメンバー

GE/NEXUS/SENTRIメンバー

CBP Global Entry/NEXUS/SENTRIメンバーの方は「はい」を選択し、9桁のPASS IDを入力してください。CBP Global Entry/NEXUS/SENTRIに関する詳細はこちらをご確認ください。

10.渡航情報

渡航情報

米国で乗り継ぎをする場合は「はい」を、滞在する方は「いいえ」を選択してください。
「いいえ」を選択した方は、「滞在先の住所、電話番号を登録しますか?」と表示されます。滞在先の詳細がお分かりの方は「はい」を選択し、滞在先の名称・住所・電話番号を入力してください。不明な項目は空欄で構いません。滞在先が未定の方は「いいえ」を選択してください。米国内の住所記入に関する詳細はこちらをご確認ください。

11.就労経験

就労経験

現在または過去に就労経験がある方は「はい」を選択し、雇用状況または雇用者名(勤務先)のいずれかをご回答ください。雇用者の住所・電話番号・職名は分かる範囲で入力し、不明な項目は空欄でも構いません。また、過去の雇用者情報でも審査に影響はなく、就労経験が無い方は「いいえ」を選択してください。
勤務先情報の記入方法に関する詳細はこちらをご確認ください。

12.SNSアカウント

SNSアカウント

現在または過去に利用していたSNSアカウントを登録する方は「はい」を選択し、SNSとSNS内でのアカウント名を入力してください。SNSを利用していない方や登録を希望しない方は「いいえ」を選択してください。

13.緊急連絡先

緊急連絡先

緊急連絡先を登録する方は「はい」を選択し、緊急時に連絡が取れる家族・友人・勤務先などの情報を入力してください。緊急連絡先の記入に関する詳細はこちらをご確認ください。

14.両親の名前

両親の名前

両親のお名前を登録する方は「はい」を選択し、ローマ字で入力してください。血縁上の親、養子縁組による親、義父母、後見人でも構いません。両親のお名前が分からない場合や登録を希望しない方は「いいえ」を選択してください。

15.質問事項

質問事項

9つの質問について「はい」「いいえ」で回答してください。
質問事項に1つでも「はい」の該当がある方は、ESTA(エスタ)での渡米は認められません。質問事項をよく読み、正確な回答をお願いします。

16.同意事項

同意事項

「免責事項」と「利用規約」の内容を確認した上で「同意する」にチェックを入れ、「入力内容の確認へ進む」をクリックしてください。

17.申請内容確認

ご入力いただいた申請情報が表示されます。入力ミスや内容に間違いがないか再度ご確認をお願いします。特にお名前・パスポート番号・生年月日の入力間違いには十分ご注意ください。間違いがなければページ下部の「申請料お支払いへ進む」をクリックしてください。ESTA(エスタ)申請の情報入力は以上となります。

18.申請料お支払い

申請料はVisa、Master Card、JCB、American Expressのクレジットカードでお支払いいただけます。申請者ご本人様がクレジットカードを所有していない、または代表者が支払う場合はご本人様以外のクレジットカードでもお支払いすることができます。米国国土安全保障省申請料($21)を含む申請代行サービス料として8,690円(税込)の申請代行料金を申し受けます。

19.申請完了

申請完了の記載が表示されましたら、お客様がご入力頂くお手続きは完了となります。

20.ESTA(エスタ)申請受付メール

ESTA(エスタ)申請情報に登録いただいたEメールアドレスにESTA(エスタ)申請受付メールを送信します。なお、フリーメールや携帯端末のメールアドレスをご利用の際は、当サイトより送信したEメールが受信できない事や迷惑メールフォルダ等に振り分けられてしまう事がありますのでご注意ください。

21.渡航許可通知

ESTA(エスタ)申請情報に登録いただいたEメールアドレスに渡航許可通知メールを送信します。
ESTA申請の審査中にシステムメンテナンスなどが発生した場合や「渡航認証保留」となった方は、申請結果の通知に最長72時間を要する場合がありますのでご了承ください。なお、フリーメールや携帯端末のメールアドレスをご利用の際は、当サイトより送信したEメールが受信できない事や迷惑メールフォルダ等に振り分けられてしまう事がありますのでご注意ください。

ESTA申請はこちら出発の72時間前までにお願いします

ESTA(エスタ)申請の住所はローマ字でご入力ください(英語での住所表記例)

現在お住まいのご住所の登録をお願いします。ご住所についてもローマ字でのご入力をお願いいたします。
出張や転勤などの理由で一時的に日本国内ではなく海外に居住されている方の場合は、日本国内にて連絡の取れる日本国内の住所の記載をお願いします。
ご入力いただくESTA(エスタ)の申請フォームは米国にて審査を行うため、ローマ字にてご入力ください。

自宅住所の入力方法について詳しくはこちらを確認してください。

<神奈川県横浜市中区山下町1-2-3 ABCハイツ405号 の住所例>

都道府県:神奈川県 → KANAGAWA
市区町村:横浜市中区山下町 → YOKOHAMASHI NAKAKU YAMASHITACHO
丁番地 :1-2-3 → 1-2-3
建物名 :ABCハイツ → ABC HEIGHTS
部屋番号:405号 → 405

ローマ字については大文字・小文字のどちらでご入力されてもESTA(エスタ)の審査に影響はありませんが、正しいスペルでのご入力をお願いします。
マンションやアパートなどの集合住宅にお住まいの方で建物名を省略される際は、丁番地の欄に必ず部屋番号の記載をお願いします。パスポートは海外へ渡航した際にご自身の身分や現住所などを証明する重要なものとなります。必須ではありませんが、パスポートに現住所の記載をお勧めしております。引っ越し等で住所が変更となった場合はパスポートに記載の元住所に罫線を引き、新住所をご記載ください。なお、ESTA(エスタ)の有効期限は2年間となっております。ESTA(エスタ)を申請し取得された際は、パスポートにご自身のESTA(エスタ)番号を記入されることをお勧めします。

POINT

  • 出生した市の項目は本籍地ではなく、ご自身が認識している「出身地」をご入力ください。
  • 出生した市(出身地)がご不明の場合は空欄のままで構いません。
  • ローマ字は大文字・小文字または混在していても結構ですが、正確なスペルでご入力ください。

進捗状況の確認ができます

ESTA(エスタ)申請の完了時に申請ID(33桁の英数字)をEメールにて送信します。
ESTA(エスタ)申請後に申請状況の確認を希望する方はこちらをクリックし申請IDを入力してください。
申請IDは重要な番号となります。ESTA(エスタ)申請が完了し、審査結果が届くまで申請IDが記載されたEメールを保存することをお勧めします。

以上がESTA(エスタ)申請ウェブ:ESTA Online Center 申請の記入例となります。

ESTA(エスタ)申請に関するQ&A

Q1. ESTAとビザの違いは何ですか?

電子渡航認証であるESTAは入国審査の一環として定められている制度で、条件付きで入国が保証されるビザとは性質が異なります。ESTAを取得した場合であってもアメリカへの入国が保証される訳ではなく、入国可否に関する判断は到着した空港の入国審査官に委ねられます。
ESTAは観光等を目的として、アメリカに90日以内の滞在を希望する外国籍の方が必須となるものです。一方のビザはアメリカで90日以上の滞在を希望する方が必須となるもので、主にビジネスや留学を目的として渡米する方に向けた制度と言えます。アメリカでの滞在期間と目的を明確にし、渡米前にいずれかを取得する必要があります。ESTAとビザの違いに関する詳しい内容は「ESTA(エスタ)とは?ビザとの違いについて」をご確認ください。

Q2. ESTAに有効期間はありますか?

ESTAの有効期限は渡航許可を取得した日から2年間となります。ただし、現在使用しているパスポートの有効期限が2年以内に失効する場合は、パスポートの有効期限日を以てESTAは失効となります。ESTAを申請する際はパスポートの有効期限を必ずご確認ください。ESTAの有効期限に関する詳細は「ESTA(エスタ)の有効期限と再申請について【2024年最新】」をご確認ください。

Q3. ESTAの申請状況を確認する方法はありますか?

当サイトでESTAを申請した方に限り、現在の申請状況や申請時に登録した内容を確認することができます。申請状況の確認を希望する場合はサイトの上部にある「申請状況の確認」をクリックし、お名前・生年月日・申請IDを入力してご確認ください。
・お名前、生年月日、申請ID(33桁の英数字)を入力し、「申請状況確認」をクリックしてください。
・申請IDはお申し込み完了時に当サイトより送信済みの自動配信メールに記載しております。
・申請IDによる検索は個人情報保護の観点からお申し込みより90日間有効となります。

Q4. アメリカで乗り換えをして他国へ向かう場合もESTAは必要ですか?

乗り継ぎや乗り換えでアメリカの空港を利用する場合もESTAを申請する必要があります。アメリカを経由して他国へ向かうわずかな時間も、アメリカに入国したと見なされます。アメリカ国内で乗り継ぎをして他国へ向かう方は、渡航前にESTAの申請をお願いします。アメリカ国内での乗り継ぎ・乗り換えを予定している方は「アメリカでの乗り継ぎ時もESTA申請は必要!?」をご確認ください。

Q5. 幼児や未成年者もESTAが必要でしょうか?

ESTAは年齢を問わず申請が必要です。乳幼児を含む未就学児、未成年者も渡米する際はESTAの申請が必要となるため、同行者全員の申請をお願いします。なお、未成年者が単独または親権者以外の親類、血縁関係のない大人と渡米する場合は、保護者が作成した渡航同意書の携行が求められます。渡航同意書の記載方法は「未成年・保護者のアメリカ渡航同意書テンプレート(海外旅行時の書き方)」をご確認ください。

スマホでESTA申請はこちら 出発の72時間前までにお願いします

更新日 : 2024/05/14