ユナイテッド航空 ロサンゼルス‐成田便など運休や減便を決定 4月24日まで  | ESTA(エスタ)申請サイト: ESTA Online Center

ESTA申請はこちら 出発の72時間前までにお願いします chevron_right
menu Menu

ユナイテッド航空 ロサンゼルス‐成田便など運休や減便を決定 4月24日まで 

  • 交通情報
  • 成田空港
  • 新型コロナウイルス

更新日 : 配信日 :

米国の航空会社ユナイテッド航空は新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的な感染拡大の影響を受け、日本を含むアジア方面への旅客の需要が大幅に減少していることから、日本と米国とを結ぶ路線の一時運休と減便を行うことを発表しました。
2月28日にユナイテッド航空が公開した情報によると、一時運休の対象となるのは成田と米国本土とを結ぶ7路線のうちの3路線で、1路線については減便するとしています。
一時運休および減便を実施する期間は3月8日から4月24日までを予定しております。

一時運休となる路線

  • 成田-ロサンゼルス(3月8日~4月24日)
  • 成田‐ヒューストン(3月8日~4月24日)
  • 成田‐シカゴ(3月7日~3月27日)

※成田‐シカゴ便は3月28日より羽田へ移管となるため、3月7日を以て成田便の運航は終了します。

減便となる路線

  • 成田-ニューアーク(4月1日より週7便→週5便)
  • 関西-サンフランシスコ(4月1日より週7便→週5便)

羽田空港を発着する米国路線の運航については現在変更なしとしていますが、一時的に需要が減少しているため、ユナイテッド航空では旅客機の小型化を検討するとしています。対象となるのは成田‐ホノルルの路線で、旅客機を現在のB777からB788に変更する見込みです。
現在、ユナイテッド航空は米国と北京・成都・香港・上海とを結ぶ路線については一時運休しており、運休期間は4月30日までとしています。
すでに複数の航空会社は中国・香港・韓国を結ぶ路線について一時運休または減便を行っておりますが、日本路線の一時運休と減便を実施するのはユナイテッド航空が初となります。

参考元 : NBC Los Angeles
https://www.nbclosangeles.com/news/coronavirus/united-airlines-lax-coronavirus-tokyo-narita/2319418/