新型コロナウイルス感染者 世界で100万人を超える 各国の状況とは | ESTA(エスタ)申請サイト: ESTA Online Center

ESTA申請はこちら 出発の72時間前までにお願いします chevron_right
menu Menu

新型コロナウイルス感染者 世界で100万人を超える 各国の状況とは

  • 新型コロナウイルス
  • 渡航情報

更新日 : 配信日 :

4月2日、新型コロナウイルスによる世界全体の感染者数は100万人を超えたと発表されました。新型コロナウイルスのパンデミックが深刻になる中、各国は国民を守るために厳しい局面を迎えています。

米国のジョンズ・ホプキンス大学(CSSE)の集計によると、新型コロナウイルスによる死亡者は世界で51,000人以上と発表。陽性の診断から21万人近くが回復したことも報告されています。世界全体での感染者は100万人となっていますがPCR検査が追い付いていない国々も多いため、実際の感染者はさらに多いと見られています。

新型コロナウイルスは昨年12月に中国・湖北省武漢で発生。最初の感染症例が確認されてから67日間で世界の感染者数は10万人に到達。感染の猛威はさらに加速し、この1週間だけで感染者数は2倍に膨れ上がり100万人を超えたと報告されました。世界の感染者数の約半数は欧州で確認されており、中でもイタリアとスペインでは死亡者数の増加が深刻な問題となっています。アメリカ国内の感染者は22万人を超え、世界の感染者の1/4を占めています。

新型コロナウイルス感染拡大による各国の近況

アメリカ

4月2日の時点で感染者数は22万人を超え、5,100人以上の死亡者数が確認されています。特にニューヨーク州では非常に多くの症例者が確認されており、死亡者も突出して高い数が報告されています。ミシガン州、ワシントン州、ルイジアナ州、ニュージャージー州でも感染者数と死亡者数が増加し、各州政府は一段と警戒を強めています。現在、アメリカでは全州で非常事態宣言が発令され、30以上の州で外出禁止令または自宅待機命令などによる行動制限が発令されています。
米国政府は4月2日に先月第4週の失業保険の申請件数が660万件に上ったと発表。同日、十数人の感染者が乗船しているクルーズ船「ザーンダム」がフロリダ州に着岸。同クルーズ船は南米の複数の国で入港を拒否されていました。

スペイン

スペインは4月2日、24時間以内に950人が死亡したと発表。1日あたりの死者数としては世界最多と報告されました。さらに、国内で確認された感染者数は前日の102,136人から110,238人に増加。スペイン当局は「今まさに感染のピークを迎えており、今後数日のうちに感染者数の増加率が下がると予想している」との見解を述べました。イタリアに次いで死者数が世界で2番目に多いスペインでは90万人余りが失職しており、経済面でも深刻な状態が続いています。

ロシア

4月2日、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は国内の産業を休止にする期間を4月末まで延長すると発表しました。

ベルギー

4月2日、国内での死者数が1,000人を超えたと発表されました。

イラン

4月2日、イラン国内での死者数が3,100人に上ったと発表されました。

イギリス

マット・ハンコック保健相は4月末までにイギリス国内において1日あたり10万人のウイルス検査の実施を目標にしていると述べました。

フィリピン

ロドリゴ・ドゥテルテ大統領は1日夜、新型ウイルス対抗措置をめぐり問題を起こす者がいれば厳しい処分を科する場合もあると警告。警察や軍は自分たちに危険が迫った場合、発砲できる権限があると国民に述べました。

インド

ムンバイにある巨大なスラム街ダラヴィにおいて新型コロナウイルスによる初の死亡者を確認したと発表。アジア最大のスラム街とされるダラヴィでは100万人以上が極度の過密状態で生活していると報告されています。

参考元 : BBC NEWS
https://www.bbc.com/news/world-52144390