ホノルル市長が自宅待機命令の延長と市内公園の再開を発表 規制緩和に前進

ESTA申請はこちら 出発の72時間前までにお願いします chevron_right
menu Menu

ホノルル市長が自宅待機命令の延長と市内公園の再開を発表 規制緩和に前進

  • オアフ島
  • ハワイ
  • 新型コロナウイルス

更新日 : 配信日 :

現地時間の21日、ホノルル市のカーク・コールドウェル市長は会見を行い、現在発令中の自宅待機命令を5月31日まで延長することを発表しました。外出の制限は引き続き施行されますが、市が管轄している300あまりの公園施設については4月25日より再開するとしています。

市長は「公園の再開は規制を段階的に解除する最初のステップです」と述べ、回復の兆しが見えている事を強調しました。さらに続けて、「私たちはできるだけ早く市民の皆さんが安心して生活することができ、職場に復帰いただきたいと願っています。そのため、外出制限の解除には段階的なプランが必要となります。制限を解除した後、二度とこのウイルス感染による非常事態を繰り返さないための注意が必要となります」と市民に理解を呼びかけました。

オアフ島としては初の外出規制緩和となる公園の再開は4月25日(土)からとなります。
市長より発表された概要は以下の通りです。

  • オアフ島内の300あまりの公園施設は、4月25日(土)午前5時より再開します。
  • 公園内での活動は社会的距離を保ち、主に個人の運動のために行うものとします。
  • 活動はランニング、ウォーキング、サイクリングが認められます。
  • サッカー、野球、バスケットボールなどグループによる活動は引き続き禁止とします。
  • プールは継続して閉鎖とし、ハナウマ湾も継続して閉鎖します。

ホノルル市長の会見を受け、ハワイ州のデーヴィット・イゲ知事も賛同の意思を表明。ハワイ州の企業や学校、そして最も重要な観光業の再開に向けてホノルル市長や各郡長とともに協力を続けると述べました。
4月22日現在、ハワイ州全体で592人の感染者が報告されており、オアフ島では388人の症例が確認されています。ハワイ州保健局の報告ではオアフ島内の新規感染者は二日続けて確認されておらず、感染のペースも一時期と比べて減少の傾向が見られるとの見解を示しています。

参考元 : HAWAII NEWS NOW
https://www.hawaiinewsnow.com/2020/04/21/live-mayor-announce-plans-modify-citys-stay-at-home-order/