オアフ島の鉄道 今年12月の開業を目指しハラウラニ駅にて一般公開イベントを開催

ESTA申請はこちら 出発の72時間前までにお願いします chevron_right
menu Menu

オアフ島の鉄道 今年12月の開業を目指しハラウラニ駅にて一般公開イベントを開催

  • オアフ島
  • ハワイ
  • ホノルル
  • 交通情報

更新日 : 配信日 :

ハワイ・オアフ島では空港や主要な地域を結ぶ鉄道(ホノルル・レール・トランジット)の建設が進められており、2020年12月の開通を予定しています。急ピッチで工事が進められている中、主要駅のひとつであるハラウラニ駅では先だってハワイ市民への一般公開イベントが行われ、多くの市民が訪れました。
イベントは2月8日(土)に行われ、2,500~3,000人程の市民が完成間近のハラウラニ駅を訪問しました。
ハラウラニ駅から主な駅への所要時間はハラワ駅まで8分、ダニエル・K・イノウエ国際空港駅まで13分、ダウンタウン駅まで25分、アラモアナ駅まで29分となっており、多くの市民や観光客が利用するものと予想されます。
この新しい鉄道はThe Salvation Army Kroc Center Hawaiiがある東カポレイからアロハスタジアムがあるハラワまでの約10マイルを結んでおり、9つの駅で乗降が可能となります。
ホノルル高速交通局は今年10月に正式車両による試験運転を行い、12月の開業を目指すと発表しました。開通を待ちわびた市民からは期待の声が多く寄せられています。
現在、ハラウラニ駅はおよそ97%が完成しています。イベント当日は約30名のスタッフが駅構内のアートワークについて解説し、列車内に設置された自転車用・荷物用・サーフボード用のラックなどについて説明を行いました。
さらに今後は、ダニエル・K・イノウエ国際空港から新しいルートの延伸を計画しており、2023年に新たな駅が追加される見込みです。
イベント当日にハワイ市当局とホノルル高速交通局は“Holoスマートトランジットカード”を配布し、乗降方法についての説明も行いました。“Holoスマートトランジットカード”は課金式のICカード乗車券で、改札を入退場する際にカードをタッチすることで乗降が可能となります。

参考元 : Honolulu Star Advertiser
https://www.staradvertiser.com/2020/02/09/hawaii-news/thousands-turn-out-to-tour-the-nearly-complete-halaulani-city-rail-station/?HSA=04c95b1fb8b0773625fd8017e868ad1f5444508e