ダイヤモンドヘッド周辺で落石対策の工事が開始

ESTA申請はこちら 出発の72時間前までにお願いします chevron_right
menu Menu

ダイヤモンドヘッド周辺で落石対策の工事が開始

  • オアフ島
  • ハワイ
  • ホノルル
  • 交通情報

更新日 : 配信日 :

ハワイ・オアフ島にある観光名所のダイヤモンドヘッドでは、12月16日(月)より落石対策のための工事が始まりました。ダイヤモンドヘッド周辺では岩などの危険物の除去や落石防護柵の建設などの作業が今年の2月より段階的に行われており、この度の工事は車両規制も伴う大規模なものとなるため注意と理解を呼び掛けています。
今回の工事は主要道路であるダイヤモンドヘッドロードとビーチロードの間で行われ、工事のための車両や建設機器はビーチロードに設置されます。そのためビーチロードの大部分が車両通行止めとなりますが、歩行者がビーチへアクセスする通路については規制を設けず、通常通り使用できるということです。
工事を管轄するホノルル市郡公園及びレクリエーション課は、通行者は注意して運転し現場の作業員の指示に従うよう呼び掛けています。
今回の作業現場であるダイヤモンドヘッドビーチはビーチロードの下にある静かなビーチです。遊泳には向きませんが、米国内外から多くのサーファーたちが訪れることで知られています。
ダイヤモンドヘッド周辺の工事は2020年2月まで続く予定となっておりますので、工事期間中に周辺へ訪問予定の方は道路状況のご確認をお願いします。

参考元:ホノルル市郡ウェブサイト
http://www.honolulu.gov/cms-csd-menu/site-csd-sitearticles/1257-site-csd-news-2019-cat/37064-12-09-19-phase-2-of-kuilei-cliff-rock-fall-mitigation-beginning-near-beach-road.html