アメリカ・ニューヨークで感謝祭のパレードが開催 新型コロナウイルスの規制は不要に

ESTA申請はこちら 出発の72時間前までにお願いします
Menu

アメリカ・ニューヨークで感謝祭のパレードが開催 新型コロナウイルスの規制は不要に

  • アメリカ
  • ニューヨーク
  • マンハッタン
  • 新型コロナウイルス

更新日 : 配信日 :

【アメリカ国内の新型コロナウイルス最新情報はこちら】

現地時間の24日、ニューヨーク市マンハッタンで感謝祭を祝う恒例のパレードが行われました。昨年は全ての参加者と見物客にマスク着用を要請していましたが、今年は規制が解除された中での開催となります。主催者は今回のパレードについて、「サッカーワールドカップのカタール大会に合わせ、アメリカ代表選手をかたどった巨大な風船に注目です」と説明。参加者はおよそ4キロのコースを練り歩き、沿道に集まった見物客はキャラクターの風船が通るたびに歓声を上げて拍手を送りました。
感謝祭は17世紀に端を発し、アメリカに入植したヨーロッパからの移民が先住民と豊作を祝った儀式に由来します。マンハッタンでは毎年11月の第4木曜日にパレードが行われ、今年は96回目となりました。一昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響により、市側は早い段階で中止を決定。昨年は十分な感染対策を条件に開催が許可されましたが、例年と比べ規模を縮小して行われました。
アメリカでは感謝祭の後、1月初旬までホリデーシーズンを迎えます。期間中は旅行や大勢での会食が増えると予想され、CDC(アメリカ疾病予防管理センター)は新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行を防ぐため2種類のワクチン接種を推奨しています。
なお、ニューヨーク市を含む州内は今年9月に新型コロナウイルスに関する規制が全面的に解除され、地下鉄など公共交通機関を利用する際もマスク着用が不要となりました。詳細は「ニューヨーク州 地下鉄・バスなど公共交通機関でのマスク着用義務を撤廃」をご確認ください。

参考元:The New York Times