ハワイ州イゲ知事一行が来日 日本からの渡航者増加に期待を示す

ESTA申請はこちら 出発の72時間前までにお願いします
Menu

ハワイ州イゲ知事一行が来日 日本からの渡航者増加に期待を示す

  • ハワイ
  • 渡航情報
  • 観光

更新日 : 配信日 :

【ハワイ渡航に関する最新情報はこちら】

ハワイ州のイゲ知事とサイキ州下院議長は、日本首脳らとの会談を目的として5月8日に日本へ到着。9日は岸田首相らに表敬訪問を行い、日本とハワイの関係が一層緊密になるよう相互協力することで合意しました。イゲ氏は日本からの渡航者増加に期待すると述べ、訪日中に行われる旅行関係者との意見交換に意欲を示しています。
岸田首相はイゲ知事とサイキ下院議長に対し、会談に入る前に歓迎の意を表明。「日本とハワイの強固な絆は日米関係を支えており、同知事および下院議長が引き続き両国の架け橋として活躍されることを期待しています」と述べました。イゲ知事とサイキ下院議長は同日に外務省を訪れ林外務大臣と会談したほか、萩生田経済産業相への表敬訪問を行い13日まで日本に滞在する予定です。
ハワイ州産業経済開発局の統計によると、2019年に日本からハワイへ訪れた方は過去最高の157万人となりました。しかし、世界中に新型コロナウイルスが蔓延した2020年は28万人に減少し、2021年は2万人まで落ち込んだと報告しています。
世界各国からハワイへ訪れた渡航者は2019年に1,038万人に上りましたが、2020年は270万人に激減。2021年はアメリカ本土からの渡航者増加により、677万人まで回復しました。
現在、ハワイを訪れる渡航者の8割以上がアメリカ本土からの観光客です。今年の大型連休における日本からの渡航者はおよそ4,000人弱で、1日あたり約380人がハワイへ訪れました。2019年の大型連休には日本から約5万人が訪れていましたが、大手旅行会社は今年から本格的にハワイツアーを再開するなど観光の再開に注力しています。
ハワイ州は新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、アメリカ国内で最も厳格な措置を施行してきました。今年3月26日には屋内でのマスク着用義務を解除し、アメリカ市民および米国本土経由の渡航者に適用していた事前検査セーフ・トラベルズ・プログラム(トラベル&ヘルスフォーム)も撤廃。ハワイの重要な財源となる観光産業の回復を図っています。
イゲ知事は訪日に先立ち、「日本はハワイの観光産業にとって最も重要な国です。良好な日米関係を継続するためにも、今回の訪日を通じてハワイの魅力と安全性をしっかりと伝えたい」とコメント。早期の観光再開に期待すると述べました。