アメリカ入国制限の対象にインドを追加 変異株に強い警戒を表明

ESTA申請はこちら 出発の72時間前までにお願いします
Menu

アメリカ入国制限の対象にインドを追加 変異株に強い警戒を表明

  • 入国制限
  • 新型コロナウイルス
  • 渡航情報

更新日 : 配信日 :

【アメリカ国内の新型コロナウイルス最新情報はこちら】

現地時間の4月30日、バイデン大統領はインドからの渡航者に対する制限措置について言及。インド国内の深刻な新型コロナウイルス感染状況を鑑みて、5月4日より以下の方の入国を禁止すると発表しました。

  • インド国内に居住するインド市民
  • 過去14日間以内にインドでの滞在歴がある外国人渡航者

※インドから帰国するアメリカ市民は入国禁止の対象外となります。

インドでは新型コロナウイルスの感染が急速に拡大し、1日あたりの新規感染者数が連日30万人を超えています。インド由来とされる変異株も確認され、アメリカ政府は水際対策を強化し蔓延防止に努める方針を示しました。
ホワイトハウスのサキ報道官は会見で、「インドへの渡航は非常にリスクが高い」とコメント。「インドで確認された変異株は複数あり、いずれも強い感染力を持っています。また、ワクチンの効果を弱める懸念すべき特徴があることもデータにより判明しました」と報告。変異株への警戒を呼び掛けるとともに市民に対しインドへの渡航を中止するよう要請しました。
インド国内の深刻な状況を受けて、アメリカ政府はインドに対し支援を表明。緊急用の医療機器を輸出し、すでに400本以上の酸素ボンベや医薬品等がインドに届いています。政府は4月30日の公式ツイッターで、「70年以上にわたる協力関係に基づき、インドを支援するとともに新型コロナウイルスと闘う」とコメント。今後も積極的に支援を行う意向を示しました。
アメリカでは各国における新型コロナウイルス感染拡大を理由に、中国やヨーロッパなどから入国する外国人渡航者に対し同様の入国制限を行っています。
アメリカ入国における制限対象となる国や地域は「日本国籍の方の米国渡航」をご確認ください。

参考元:CBS NEWS
https://www.cbsnews.com/news/us-restricting-travel-from-india-amid-covid-outbreak/