ハワイ州 ホノルル新市長がロックダウンや規制強化の導入を否定

ESTA申請はこちら 出発の72時間前までにお願いします
Menu

ハワイ州 ホノルル新市長がロックダウンや規制強化の導入を否定

  • オアフ島
  • ハワイ
  • ホノルル
  • 新型コロナウイルス

更新日 : 配信日 :

【ハワイ渡航に関する最新情報はこちら】

ホノルル市のブランジャルディ新市長は会見を開催し、州内の新型コロナウイルス感染状況と今後の規制に関する方針を発表。現在の経済活動を維持し、ロックダウンや厳しい規制を現時点では施行しないと述べました。
1月10日時点におけるオアフ島内の平均感染者数は124人、陽性率は約4%で推移。同島では経済の立て直し策として「4段階の経済活動再開システム」を導入し、現在は第2段階を施行中です。同システムの規約では2週間にわたり平均100名以上の新規感染者が確認された場合、第2段階から第1段階に引き下げると制定されています。第1段階となった場合には現在よりも厳しい措置が施行されロックダウンも検討される見込みですが、新市長は引き下げを否定。現状を維持する考えを明らかにしました。
現在、オアフ島では飲食店を利用する際や集会に関する規制が施行されています。レストランでは1テーブルにつき同一世帯でない方との飲食は5人までとし、ジムなど屋内でのエクササイズも5人までに制限。一方、ビーチや公園への立ち入りは許可され、美術館やヘリコプターによるツアーなどが再開しています。
現行の第2段階から第1段階へ引き下げられた場合、レストランでの飲食は同一世帯の家族5人までに制限され、多くの施設が一時閉鎖となります。
ブランジャルディ市長は今後の予定について、「島内では依然として新規感染者が微増しているが、経済再開活動は第2段階から第3段階に移行することを検討している。医療専門家と協議し、適切なプランを制定する」とコメント。「4段階の経済活動再開システム」で規定されている内容についても見直しを行う考えを明らかにしました。

参考元 : HAWAII NEWS NOW
https://www.hawaiinewsnow.com/2021/01/09/with-triple-digit-case-spikes-mayor-blangiardi-focuses-how-move-city-forward/

【最新情報】ハワイ事前検査プログラムを利用して渡航する方へ