ハワイ州 ホノルル市長が経済再開に向けた規制緩和を示唆

ESTA申請はこちら 出発の72時間前までにお願いします
Menu

ハワイ州 ホノルル市長が経済再開に向けた規制緩和を示唆

  • オアフ島
  • ハワイ
  • ホノルル
  • 新型コロナウイルス

更新日 : 配信日 :

オアフ島ホノルル市のコールドウェル市長は経済活動再開のために導入している規制を10月22日より緩和することを検討中であると発表。オアフ島では経済活動の再開を目的とした4段階にわたる規制緩和プランが施行され、「ステージ1」となっている現在は集会や会食の際に厳しい規制が設けられています。
コールドウェル市長は会見で、「10月に入りオアフ島内における新型コロナウイルスの新規感染者数は減少傾向にある。今後2週間の感染状況を注意深く観察し、新規感染者数が急激に増えなければステージ2への移行を検討する」とコメント。

現在の「ステージ1」ではオアフ島内における公園やビーチなどを利用する際は最大5人までとなっており、レストランでの店内飲食も1テーブルにつき同世帯で5人までと定められています。「ステージ2」では店内飲食の規制が緩和され、世帯が異なる友人同士などでの利用が許可されます。ただし、ステージ2に移行した場合でも店内飲食は1テーブルにつき5人までとなり、引き続き大勢での利用自粛が要請されます。また、閉鎖の対象となっているジムやフィットネスクラブは再開が認められますが大幅な人数制限が行われます。

現在、オアフ島内における1日あたりの新型コロナウイルスの新規感染者数は過去1週間で71人、陽性率は3.1%となっています。コールドウェル市長は最新の感染状況を踏まえたうえで、「10月15日より14日間の自己隔離を条件付きで免除する事前検査プログラムが導入されます。導入後は感染率が一時的に上昇することも予想されますが、観光業の再開は地域経済に必ずプラスに働くはずです」と市民に対し述べ、10月15日から始まる新たな渡航制度への理解を呼びかけました。

保健当局は新規感染者の増加を防ぐため、マスク着用と社会的距離の保持などハワイ州が定めた安全ガイドラインに沿った行動が不可欠であるとコメント。ハワイへ訪れる全ての渡航者と市民に対し、引き続き感染防止対策に努めるよう要請しています。ハワイ州内における安全ガイドラインと感染防止対策はこちらをご確認ください。

参考元 : HAWAII NEWS NOW
https://www.hawaiinewsnow.com/2020/10/08/live-honolulu-mayor-discuss-latest-covid-response-efforts/