ニューヨーク州警察 外出する市民や渡航者に対し厳重な安全対策を呼びかけ

ESTA申請はこちら 出発の72時間前までにお願いします
Menu

ニューヨーク州警察 外出する市民や渡航者に対し厳重な安全対策を呼びかけ

  • ニューヨーク州
  • 新型コロナウイルス
  • 渡航情報

更新日 : 配信日 :

ニューヨーク州警察当局は市民や渡航者に対し、外出時における安全対策のガイダンスを発表しました。
特に女性に向けて警戒を呼び掛けていますが、性別に関わらず広く一般の方を対象に安全対策に努めるよう要請しました。州警察当局が発表した概要は以下の通りです。

1. 散歩やウォーキングでの注意点

  • 常に所持品を意識し、ヘッドフォンで音楽等を聞きながら歩かないようにしましょう。
  • バッグは肌身離さず持ち、不要な現金やカードを持ち歩かないようにしましょう。
  • 人通りが多く明るい道を選んで歩きましょう。近道であっても閑散とした通りは避けてください。
  • 夜は単独での歩行を避け、なるべく家族や友人と共に行動しましょう。
  • もし嫌がらせを受けた場合は相手にせずその場を立ち去りましょう。反応を示すことが事態の悪化に繋がります。
  • 緊急の連絡や911通報に備えて携帯電話はいつでも使えるように準備し、現在地を意識しておきましょう。

2. 地下鉄やバスでの注意点

  • 人の少ない時間帯はホームの指定された場所で車両を待ち、乗客がいる車両を選んで乗りましょう。
  • バスを利用する際はなるべく前方の座席に座りましょう。
  • ラッシュ時の電車やバスの車内では常に所持品を意識しましょう。
  • 車内では宝飾品や現金を見せないように注意しましょう。

3. エレベーターでの注意点

  • エレベーターの待機中に不審な人物を見かけた場合は一度その場を離れ、次のエレベーターに乗るようにしましょう。
  • エレベーターに乗り込む前に防犯鏡の存在を確認してください。
  • 不審な人物が乗り込んできたときはすぐに降りましょう。
  • なるべくボタンの前に立つように心がけ、不審な人物から声をかけられた際は非常ボタンを押し近くの階でエレベーターを降りましょう。

4. 駐車場での注意点

  • なるべく明るい場所に駐車しましょう。
  • 車に乗り込む前に後部座席や周りに人が居ないか確認しましょう。
  • 商品や荷物などは座席に置かず、外から見えない場所に置きましょう。
  • 給油の際は助手席ドアを必ずロックしましょう。外から目につく場所に財布やバッグ等を置かないでください。

5. バーやナイトクラブでの注意点

  • バッグは椅子や床に置くのを避け、膝の上で保管しましょう。
  • 乱れているような人物から酒の提供を受けることの無いよう注意しましょう。
  • 席に自分の飲み物を長時間放置しないようにしましょう。
  • なるべく友人と行動を共にし、お互いの様子に注意しましょう。
  • 十分なタクシー料金を確保するとともに、タクシー乗車前に車両番号を記録しておきましょう。

6. ホテルでの注意点

  • 予定の無い訪問者には十分ご注意ください。求めていないルームサービスや作業員等が部屋に来た際は絶対にドアを開けないでください。
  • 不審な人物が来訪した場合は必ずフロントに連絡してください。
  • ホテルの従業員以外に荷物を預けないよう注意し、荷物を預ける場合はレシートを確実に受領しましょう。
  • 空港やタクシー待ちの際は荷物から目を離さず放置しないようにしましょう。
  • タクシーなどの車両サービスを利用する際は当該のサービス会社へ直接連絡して利用しましょう。タクシーを装い、目的地と異なる場所へ案内する車両にご注意ください。

ニューヨーク州では新型コロナウイルスの影響により多くの店舗や施設が一時休業となっていましたが、段階的に再開が進められています。経済の再開に伴い、多くの市民や渡航者が行き交う場所では思わぬトラブルに巻き込まれる恐れがあります。外出の際は不要な持ち物を控え、マスクの着用や社会的距離の保持など感染対策にも努めるなど、安全な渡航となるよう心がけましょう。

参考元 : NYPD (New York City Police Department)
http://www.valleystreamcivilianpatrol.org/female%20awareness%20safety%20tips.pdf