ハワイ渡航の新たな制度“セーフ・トラベルズ・アプリケーション” 9月1日より導入

ESTA申請はこちら 出発の72時間前までにお願いします chevron_right
menu Menu

ハワイ渡航の新たな制度“セーフ・トラベルズ・アプリケーション” 9月1日より導入

  • ハワイ
  • 新型コロナウイルス
  • 渡航情報

更新日 : 配信日 :

ハワイ州政府は2020年9月1日より、ハワイへ訪れる全ての渡航者に対し新たな制度を導入すると発表しました。“セーフ・トラベルズ・アプリケーション”(Safe Travels Application)と名付けられた新しい制度はオンラインで渡航者の情報を管理するシステムで現在も運用が進められています。
新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により世界各国で様々な入国規制が導入されているなか、ハワイでも防疫措置として新たな施策の導入に至りました。“セーフ・トラベルズ・アプリケーション”はハワイへ入州する前にオンラインで渡航者の旅行情報や健康状態を登録するもので、登録された情報は入国管理局および保健当局にて厳重に管理されます。ハワイの諸島間を移動する市民や渡航者も“セーフ・トラベルズ・アプリケーション”による事前登録が必要となり、州政府は渡航24時間前までに登録を済ませておくよう推奨しています。
“セーフ・トラベルズ・アプリケーション”の登録ステップは以下の通りです。

  • ウェブサイトにて新規アカウントを作成
    セーフ・トラベルズ・アプリケーション ウェブサイト
    メールアドレスとパスワードを入力し、新規アカウントを作成してください。
    質問事項に沿って渡航者ご自身の情報を入力し、未成年の同伴者がいる場合は同伴者情報を追加してください。
  • 渡航情報を入力
    ご自身の出発日や宿泊先、滞在場所などの渡航情報を入力してください。
  • 現在の健康状態を入力
    現在の健康状態に関する質問を確認し正しく回答してください。
  • 情報登録後に届くQRコードを確認
    渡航の24時間前までに登録済みのメールアドレスまたは電話番号にメッセージが届きます。
    メッセージとともにQRコードが添付されていることをご確認ください。
    QRコードは携帯電話へダウンロードまたはプリントアウトをして渡航の際にご持参ください。
  • ハワイ到着後に以下を提示
    ハワイの空港に到着した際は以下のご用意をお願いします。
    また、自己隔離の免除対象となる方は陰性証明書の提示や必要書類の提出が必要となります。

    1. QRコード(ダウンロードまたはプリントアウト)
    2. パスポート
    3. 携帯電話(自己隔離期間の連絡用として必要となります)

現地時間の8月27日より、オアフ島では自宅待機命令が発令されており市民や渡航者は不要不急の外出自粛が求められています。日本からの渡航者は健康状態を問わずハワイ入州後、14日間にわたる自己隔離が必要となります。渡航を計画中の方は現在ハワイにて施行中の規制を遵守するようお願いします。
ハワイ渡航に関する最新情報はこちらをご確認ください。

参考元 : State of Hawaii
https://ets.hawaii.gov/travelhelp/