フロリダ州ディズニー・ワールドが4か月振りに再開 花火やパレードは中止

ESTA申請はこちら 出発の72時間前までにお願いします chevron_right
menu Menu

フロリダ州ディズニー・ワールドが4か月振りに再開 花火やパレードは中止

  • フロリダ州
  • 新型コロナウイルス

更新日 : 配信日 :

現地時間の7月11日、フロリダ州オーランドのテーマパーク“ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート”は一部の施設に限り営業を再開。待ちわびた多くの市民や観光客は一様にマスクを着用して訪れました。先行して再開された施設は“マジック・キングダム”と“アニマル・キングダム”の2か所。人気施設の“エプコット”と“ディズニー・ハリウッド・スタジオ”は15日に再開となる見通しです。なお、対人との接触や感染防止の観点から、恒例となっていた花火やパレードは一時中止する方針を明らかにしました。
ディズニー・ワールドの競合となる“ユニバーサル・オーランド”と“シーワールド・オーランド”は既に6月から再開しており、フロリダ州では訪れる観光客に向けて一層の感染防止対策を呼び掛けています。
フロリダ州では新型コロナウイルスによる累計感染者は26万人を超え、これまでに4,197人の死者を確認。米国内ではニューヨーク州、カリフォルニア州に次ぎ3番目に感染者が多い州となり、今も深刻な状況が続いています。
ディズニー・ワールドは米国内の感染流行が確認されて間もない3月に閉鎖を決定。当時はニューヨーク州とカリフォルニア州に感染が集中していましたが、5月から段階的に行っている経済活動の再開に伴い、フロリダ州を含む南部や西部の州で感染者が急増しています。ディズニー・ワールドがあるフロリダ州オレンジ郡の累計感染者は1万6,630人にのぼり死者数も急増。州内でも感染被害が深刻な地域として、州保健局は市民に対し一層の警戒を呼び掛けています。
フロリダ州内の多くの市や郡は感染者の急増を受け、5月に解除した規制緩和を撤回しさらに厳しい規制を導入。ディズニー・ワールドを含むテーマパークや商業施設を利用する際は、全ての入場者にマスク着用や消毒液による感染予防を義務付けています。
ディズニーテーマパーク部門のトップであるジョシュ・ダマロ氏は再開にあたり、「世界の状況は変化しており、その中で安全かつ責任をもって営業できると確信している。感染症の問題は依然として残っているが、新たな日常の中で安全に営業できる最善の方法を我々は見いだす責任がある」と語りました。
ディズニーは既にアジア圏に所在する4つのテーマパークを先行して再開させ、オーランドの屋外ショッピングモール“ディズニー・スプリングス”も限定的に再開する計画を発表しています。

参考元 : BBC NEWS
https://www.bbc.com/news/world-us-canada-53371336