ニューヨーク州職員と市民のための休日“ジューンティーンス” 6月16日に制定

ESTA申請はこちら 出発の72時間前までにお願いします
Menu

ニューヨーク州職員と市民のための休日“ジューンティーンス” 6月16日に制定

  • ニューヨーク州
  • 新型コロナウイルス
  • 経済再開

更新日 : 配信日 :

ニューヨーク州のクオモ知事は“ジューンティーンス”と呼ばれる奴隷解放記念日を6月16日に制定し、州の新たな休日とすることを発表しました。

アメリカにおけるジューンティーンスは毎年6月19日としていますが、奴隷解放宣言の中心となったテキサス州では6月16日を州の休日としています。その他の州でも6月16日を休日として制定する動きが見られ、ヴァージニア州のノーサム知事も同日を州のジューンティーンスとすることを発表しました。

アメリカ近代史において最も重要とされるジューンティーンスの起源は1860年代にさかのぼります。当時の大統領であったアブラハムリンカーンは1863年1月1日に奴隷解放宣言を発表しました。しかし、全土への布告には様々な制約や問題があり、テキサス州では2年以上も経過した後に奴隷解放宣言が通達。1865年6月19日、テキサス州ガルベストンにおいて奴隷が解放された日をジューンティーンスと定めました。ニューヨークのクオモ知事は会見において次のように述べています。

「アメリカの奴隷制度は150年前に撤廃されましたが依然として蔓延し、体系的な差別と不正が続いています。私たちはこれらの不平等を改善すべく、真の改革を実行するために取り組んできました。これまでの歴史について知り、何が起こったのかを理解し、それを認めることが重要であると考え6月16日をニューヨークの新たな休日として制定します。毎年この休日を利用してこれまでの反省と、今を生きる瞬間に思いを馳せてください。私は変化の原動力になることを希望し、皆さんの想いと連携して相乗効果を生み出したいと願っています。」

ニューヨークでは新型コロナウイルスの爆発的な感染により深刻な状況が続いていましたが、次第に状況が改善され、5月15日より経済再開の第1段階を開始しました。6月22日からは第2段階へ移行し、飲食店などでは店内での営業が認められる予定です。

参考元 : abc NEWS
https://abcnews.go.com/Politics/wireStory/york-declares-juneteenth-holiday-state-employees-71299820?cid=clicksource_4380645_7_heads_posts_headlines_hed