トランプ大統領 経済再開に向けた指針を発表 各州知事が段階的に判断

ESTA申請はこちら 出発の72時間前までにお願いします
Menu

トランプ大統領 経済再開に向けた指針を発表 各州知事が段階的に判断

  • 新型コロナウイルス

更新日 : 配信日 :

4月16日、トランプ大統領は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて制限中である米国の経済活動についての指針を発表しました。政府としては今後数か月以内の経済再開を望んでおり、今回発表した内容を基に各州知事の判断で段階的に制限の緩和を進めると述べました。

トランプ大統領は会見の冒頭で「新型コロナウイルスとの戦いは米国の経済を再開する段階を迎えました」と宣言。さらに、「米国は経済の再開を望んでいます。そして国民も経済の再開を望んでいます。米国全土の封鎖は長期的に行うべきではなく根本的な解決に至りません」と語りました。“Opening up America Again”(アメリカを再開する)と掲げられたスローガンの下、各州が徐々にロックダウンを緩和できるよう、3つの段階に分けた指針が示されました。

  • 第1段階
    不要な移動を避けて集団で行動しないようにするなど、現行のロックダウンで示されている多くの内容が含まれています。レストラン、スポーツ施設、礼拝所など大規模な施設については密接な距離を避け、社会的距離を厳格に保たなければなりません。その後の経緯を注視し、新型コロナウイルスの流行再発が確認されなければ第2段階に移ります。
  • 第2段階
    移動や一般的な旅行も許可され学校も再開します。レストランやバーは入店人数の制限を条件に営業を認めるとしています。
  • 第3段階
    感染症状や感染者数が減少傾向にある州に限り、物理的に人同士の距離を保つことを条件に公共の場での交流が認められます。介護施設や病院への訪問も再開され、レストランやバーの入店人数の制限も緩和されます。また、職場や公共機関での人員制限も行わないとしています。

トランプ大統領は会見において、「今は連邦政府の支援が必要ですが、今後は各州知事の判断で経済再開のプロセスを決定できる事を認めます」と述べ、市民と各州知事への理解を呼びかけました。また、一部の州については今月中にも経済活動を再開できる可能性を示唆しました。現地時間の16日の時点で米国内における新型コロナウイルスの感染者は67万人を超え、33,000人以上の死亡が報告されています。

参考元 : BBC NEWS
https://www.bbc.com/news/world-us-canada-52314866