ハワイ州 諸島間の移動も14日間の自主隔離対象に 4月末まで実施 | ESTA(エスタ)申請サイト: ESTA Online Center

ESTA申請はこちら 出発の72時間前までにお願いします chevron_right
menu Menu

ハワイ州 諸島間の移動も14日間の自主隔離対象に 4月末まで実施

  • ハワイ
  • 新型コロナウイルス
  • 渡航情報

更新日 : 配信日 :

現在、ハワイ州では同州以外からハワイへ到着した人々を対象に14日間の隔離措置を行っています。しかし、未だ終息が見えぬ新型コロナウイルスの感染拡大を受け、ハワイ州のデーヴィット・イゲ知事は「14日間の隔離措置をハワイ諸島間の移動者にも拡大する」と発表し、4月1日から開始されました。ハワイ諸島間移動者の14日間の隔離措置は4月30日までを予定しており、イゲ知事は「過去に前例がない措置ではあるが、州内での新型コロナウイルス拡大阻止のために必要な措置である」と理解を呼びかけています。4月2日現在、ハワイ州の各島における新型コロナウイルス感染者数は以下の通りです。

  • オアフ島 : 206名
  • ハワイ島 : 18名
  • マウイ島 : 27名
  • カウアイ島 : 12名
  • 海外滞在中のハワイ居住者 : 2名
  • 確認中 : 20名

ハワイ州では3月26日州全体での事実上の外出禁止令となる「自主隔離命令」が発令されており、ハワイ州外からハワイへ到着したすべての渡航者に対し14日間の自主隔離を義務付けています。今回の諸島間の移動者を対象とした14日間の隔離措置の発令により、ハワイ諸島間の旅行は一時禁止とする措置となります。なお、ハワイ諸島間の移動者に対する14日間の隔離措置は市民と一般の渡航者のみを対象とします。客室乗務員や必要不可欠な業務に携わっている労働者などは隔離措置の対象外となります。

ハワイ州政府は国内外から訪れる多くの旅行者に向けて以下の声明を発表しています。

ハワイ州政府より

ハワイは永年にわたり、世界中からの渡航者を温かいホスピタリティとアロハの精神で迎えてきました。
しかし現在、小さな島のコミュニティは新型コロナウイルスの危機に直面しており、ハワイ州は州民やコミュニティ、旅行業界関係者、医療機関に関連する人々の健康と安全を守ることに注力しています。
この健康危機に対処するため、イゲ州知事はハワイへの旅行を延期するよう要請し、ハワイ居住者及び州外からの渡航者にハワイ州到着後14日間の自己隔離を命じる新たな緊急宣言を発表しました。
さらに、各市郡長は緊急時を除き不要不急の外出禁止令を発令しました。
私たちは皆さまにハワイで最高の体験をしていただきたいと願っていますが、今は残念ながら提供することができません。
1日も早く終息し、皆さまをお迎えできるよう準備を整えて参ります。
またお会いできる日を楽しみにしております。
マハロ

参考元 : HAWAII NEWS NOW
https://www.hawaiinewsnow.com/2020/03/27/new-coronavirus-cases-bring-statewide-total/