3月26日よりハワイアン航空が日本-ハワイ路線の全便を運休 ハワイの現状とは

ESTA申請はこちら 出発の72時間前までにお願いします chevron_right
menu Menu

3月26日よりハワイアン航空が日本-ハワイ路線の全便を運休 ハワイの現状とは

  • ハワイ
  • 新型コロナウイルス
  • 渡航情報

更新日 : 配信日 :

ハワイアン航空は22日、日本-ハワイ間を含む国際便と米国本土とを結ぶ長距離旅客サービスを26日より一時停止することを発表しました。22日にハワイ州政府が発表した新型コロナウイルスの感染拡大防止措置により、26日よりハワイへ入国する渡航者全員に14日間の自主隔離が義務付けられています。そのため、ハワイでは日本を含む海外からの渡航者が急速に減っており、利用客が少ないことから全便運休の判断に至ったということです。ハワイアン航空社長兼CEOのピーターイングラム氏は「私たちは新型コロナウイルスを迅速に封じ込めるためのハワイ州の取り組みを支持します。この困難な時期を必ず乗り越えます。そしてお客様のご理解に心より感謝します。」と語りました。

ハワイアン航空のハワイ発日本行きの便は26日を以て一時運休となります。日本発ハワイ行きの便は27日から全て一時運休となり、再開時期は未定となっています。なお、羽田-ホノルル区間のみ1日延長され以下のフライトが最終便となります。

  • HA457便 ホノルル発羽田行き:2020年3月27日
  • HA458便 羽田発ホノルル行き:2020年3月28日

ハワイアン航空によると、ホノルル発ロサンゼルス行きのフライトは1日1便、ホノルル発サモア行きのフライトは週に1便の運航が続けられます。また、ハワイ諸島間のフライトは減便されますが運航を継続するとしています。

※チケットのキャンセルや変更についてはハワイアン航空ウェブサイト“COVID-19アップデート“のページをご確認ください。
https://www.hawaiianairlines.com/coronavirus

26日現在、ハワイ州では生活に必要な食料品の買い出しなどを除き、事実上の外出禁止令が発令されています。ハワイへ訪れる観光客は空港に到着した後、すぐにホテル等に直行し14日間の待機をしなければなりません。ハワイ在住の市民も原則として外出は認められず、州政府の許可が下りるまで自宅での待機を要請されています。ただし、健康維持のための運動としてサーフィン、ランニング、ペットの散歩などは必要な運動として認められており、普段とは違ったハワイの日常に多くの市民が困惑した表情を見せています。外出禁止令は現地時間の3月25日より4月30日までとしていますが、状況により変更や延長も予想されます。今後更新されるハワイ州政府の発表をご確認ください。

参考元 : HAWAII NEWS NOW
https://www.hawaiinewsnow.com/2020/03/22/hawaiian-airlines-trying-desperately-avoid-furloughing-workers/