外出禁止令・自宅待機命令20州に 全米の半数以上が外出制限の対象

ESTA申請はこちら 出発の72時間前までにお願いします chevron_right
menu Menu

外出禁止令・自宅待機命令20州に 全米の半数以上が外出制限の対象

  • 新型コロナウイルス
  • 渡航情報

更新日 : 配信日 :

新型コロナウイルスの感染拡大が米国内で急激に加速している中、多くの州で外出禁止令または自宅待機命令などの外出制限が発令されています。
24日現在、発令されているのは以下の20州です。

  1. イリノイ州
  2. コネティカット州
  3. ニューヨーク州
  4. ニュージャージー州
  5. カリフォルニア州
  6. メリーランド州
  7. オハイオ州
  8. ルイジアナ州
  9. デラウェア州
  10. インディアナ州
  11. マサチューセッツ州
  12. ミシガン州
  13. ウエストヴァージニア州
  14. ワシントン州
  15. ハワイ州
  16. ニューメキシコ州
  17. ペンシルベニア州
  18. ウィスコンシン州
  19. テキサス州
  20. オクラホマ州

全米人口の半数以上が外出制限の対象となっており、食料の買い出しなどを除いて市民の外出を制限し感染拡大の防止策を強化しています。24日時点で新型コロナウイルスによる米国内の感染者数は45,000人を超えており、600人近くの死亡者数が確認されています。25,000人以上の感染が確認されたニューヨーク州のクオモ知事は24日の記者会見で「感染者はこの3日間で倍増した。ここで起きていることは将来どこでも起こり得る」と述べており、今後も感染の拡大が続く厳しい見通しを示しました。また、ニューヨーク市のデブラシオ市長も同日の記者会見で「望まないが今のニューヨーク市は米国が直面する危機の震源地だ」と述べ、全米の1/3の感染者が集中するニューヨーク市が感染拡大の中心になっているという危機感を示しました。

24日現在、新型コロナウイルスの感染者数は世界で30万人を超えており、WHOは「世界的流行が加速している」と警告を強めました。新型コロナウイルスが初めて報告されてから67日間で感染者数は10万人に到達し、その11日後に20万人の症例を確認。その4日後に感染者数は30万人を超え、今後もさらに増え続けると見られております。24日現在、世界各国政府が発表した新型コロナウイルスの感染者数は以下の通りです。

  • 中国 : 81,171人
  • イタリア : 63,927人
  • 米国 : 33,404人
  • スペイン : 33,089人
  • イラン : 23,049人
  • ドイツ : 27,436人
  • フランス : 19,856人

米国の感染者数が前回の発表からおよそ2倍に急増したことを受け、WHOのテドロス事務局長は「急激な増加の傾向は抑えられる。可能性はまだある」と発表。さらに精密なウイルス検査や、感染経路をより明確に追跡するシステムを導入するよう各国に求めました。

参考元 : Ministry of Foreign Affairs of Japan (外務省)
https://www.anzen.mofa.go.jp/od/ryojiMail.html?countryCd=1000