ハワイアン航空が韓国との路線を一時停止 3月2日から4月30日まで

ESTA申請はこちら 出発の72時間前までにお願いします
Menu

ハワイアン航空が韓国との路線を一時停止 3月2日から4月30日まで

  • ハワイ
  • ホノルル
  • 新型コロナウイルス

更新日 : 配信日 :

ホノルルに拠点を置くハワイアン航空は2月26日、新型コロナウイルスの世界的感染拡大の影響を受けて、韓国とハワイとを結ぶ路線を一時的に停止すると発表しました。
ハワイでは韓国行き航空券のキャンセルが相次いでおり、韓国からハワイへ訪れる旅行者の需要も減少しているため、今回の判断に至ったとハワイアン航空CEOのPeter Ingram氏は述べています。
フライトが一時停止となるのはハワイ・ホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港と韓国・ソウル近郊の仁川国際空港とを結ぶ路線で、期間は3月2日から4月30日までを予定しているとのことです。
韓国疾病予防管理局(KCDC)は2月28日の朝、新型コロナウイルスの新たな感染者が256名増えた事を確認。同日での感染症例者は2,000名を超え、2,022名に上ったと発表しました。中国本土を除く国では韓国が最も多い感染者数となっており、韓国内では不要不急の外出を控えるよう市民に警戒を呼びかけています。
一方、イタリアでも新型コロナウイルスの感染者が増加しており、少なくとも650名が陽性反応を示したとイタリア当局が発表し市民への不安が広がっています。
欧州全域では現在11か国で感染が確認され、その多くはイタリアでの感染拡大の中心地とされるロンバルディア州への渡航歴がある方と報告されています。
また、中東ではサウジアラビアが聖地メッカとメディアへの入国を希望する外国人に対し巡礼を禁止したと発表しました。

参考元 : West Hawaii Today
https://www.westhawaiitoday.com/2020/02/26/hawaii-news/hawaiian-airlines-suspends-south-korea-flights-amid-outbreak/