ハワイ州観光局より「サンゴ礁にやさしい日焼け止めを使用しましょう」 | ESTA(エスタ)申請サイト: ESTA Online Center

ESTA申請はこちら 出発の72時間前までにお願いします chevron_right
menu Menu

ハワイ州観光局より「サンゴ礁にやさしい日焼け止めを使用しましょう」

  • ハワイ
  • 環境保護
  • 観光

更新日 : 2019年12月17日 配信日 : 2019年11月29日

ハワイ州ではサンゴ礁にやさしい日焼け止めを使用するよう積極的に呼び掛ける活動が注目されています。
この活動はハワイ州観光局が中心となり行っているもので、主に海外から訪れる観光客に向けて理解を呼びかけています。
アメリカ海洋大気庁(NOAA)によるとハワイ島付近のサンゴ礁の白化が近年問題となっており、「白化の一因は日焼け止めに含まれる成分によるもの」と発表しています。
サンゴ礁の白化の進行についてはハワイ島で56%、マウイ島で44%、オアフ島で32%のサンゴ礁が白化し死滅していると言われています。サンゴ礁を白化させる原因の一つが日焼け止めに含まれる一部有害成分(オキシベンゾン、オクチノキサート)であると指摘されており、アメリカ合衆国国立公園局によると年間4,000~6,000トンもの日焼け止めが人の皮膚からサンゴ礁の海域に流れ出ていると報告されています。そのため、ハワイ州では2021年1月1日よりサンゴ礁へ影響を及ぼす恐れのある成分を含んだ日焼け止めの販売を禁じる法案が成立されました。
こうした動きから、ハワイでは”Reaf safe”とパッケージに表記された日焼け止めが多く販売されるようになり、世界各国の観光資源を中心とした街や環境保護団体から注目を集めています。
日本からも毎年多くの観光客が訪れるハワイ。主に観光による収入で財政を賄うハワイ州ではサンゴ礁の保護だけでなく、世界に繋がる海全体の環境を守るための施策が今後も強化されるものと予想されます。
強い日差しが降り注ぐハワイでは日常的に日焼け止めが必要となります。日本から持参した日焼け止めにオキシベンゾンやオクチノキサートなどの成分を含んでいても入国審査の際に没収となることはありませんが、ビーチでの使用は控えることをお勧めします。
ハワイのビーチで日焼け止めを使用する際は、サンゴ礁に対し有害な成分が使用されていないかご確認をお願いします。

参考元:ハワイ州観光局ニュース
https://www.allhawaii.jp/htjnews/3890/