米国ビザ申請にはSNSアカウントが必要

ESTA(エスタ)申請 > 米国ビザ申請にはSNSアカウントが必要

米国ビザ申請にはSNSアカウントが必要

旅行や短期のビジネスでアメリカ合衆国へ入国する際はESTA(エスタ)が必要となりますが、90日以上の長期滞在や就労を目的として渡航する場合は、事前にビザの取得が必要となります。
そして、新たにアメリカ渡航のビザ申請書に「SNSアカウントを申告する項目」が追加されました。
新たに項目が追加された理由や、導入となった背景についてご紹介いたします。

2019年5月31日よりビザ申請フォームが更新されました

2019年5月31日よりビザ申請フォームが更新されました

ビザは日本語で査証と呼ばれ、他国の方がアメリカへ入国または長期滞在をする際に必要となるものです。
ビザを取得するためには所定の書類の提出や、大使館・領事館での面接が必要となり、ESTA(エスタ)よりも申請が複雑で時間を要します。
一般的に90日以内の米国滞在であればESTA(エスタ)を申請することで渡米が可能となりますが、長期滞在を希望する渡航者はその渡航目的に応じた非移民ビザが必要となり、永住を希望する渡航者は移民ビザを取得する必要があります。
非移民ビザにはビジネスや観光を目的としたBビザや、留学を目的としたFビザなど、渡航目的に応じた様々なビザが存在します。
申請するビザの種別や目的に合わせて必要な書類や面接内容が異なりますが、2019年5月31日より、アメリカ滞在のためのビザ申請に、新たに追加された申請項目があります。
それは、過去5年間で使用したSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)アカウントを申告するというものです。
過去5年間で使用したアカウントの他に、現在使用中のアカウントも申告する必要があります。
ただし、SNSアカウントの申告はビザ申請の際に必要となるもので、ESTA(エスタ)申請の際はSNSアカウントについては任意項目となっているため、必ずしも入力する必要はありません。この施策はトランプ大統領が掲げる入国審査強化の一環であり、事前にテロリストの入国を阻止するために2018年3月に提案されておりましたが、慎重に審議を重ね、2019年5月31日より運用が開始されました。
SNSアカウントの申請項目が追加されたことについてアメリカ合衆国国務省は、“ビザ申請を審査する際には国家安全保障が最優先事項であり、アメリカに入国しようとする全ての渡航者と移民は、詳細なセキュリティ審査を受けることが必要である”と述べています。
これまで認知が十分ではありませんでしたが、米国ビザ申請の際のSNSアカウントの開示は以前より一部の渡航者に対して行われておりました。2017年6月3日より審査手続き厳格化の一環として実施しており、テロ活動の活発な地域からの入国者など、一部の米国ビザ申請者を対象にSNSアカウントの開示を含む入国審査の厳重化を導入していました。
その際、年間のアメリカビザ申請者の約1%にあたる6万5000人が対象とされておりましたが、今回の施行により年間で約1,500万人もの渡航者に影響を与えることが予想されます。なお、既にアメリカの移民ビザ・非移民ビザを所持している方に関しては、過去5年間に使用したSNSアカウント情報について開示する必要はありません。

SNS情報の申告について詳しく解説

SNS情報の申告について詳しく解説

ビザを申請する際には、面接の前に事前手続きとしてオンラインビザ申請書の移民ビザは“DS-260”、非移民ビザは“DS-160”を提出する必要があります。この度、その手続きの際にSNSアカウント情報の申告が必須となりました。
移民ビザを申請する場合はI-130請願書が許可された後に“DS-260”オンライン移民ビザ申請書を提出することができます。

実際の申請書フォームのSNS情報申告項目は下記をご覧ください。

SNS情報申告の項目はFacebook、Twitter、Instagramなど19個のソーシャルメディアプロバイダー/プラットフォームがプルダウンで選択でき、使用しているSNSアカウント情報を入力できるようになっています。その上、選択項目の下部に設置されている“Add Another(別のものを追加)”をクリックして項目を増やし、過去5年間で使用しているすべてのSNSアカウントを申告する必要があります。
なお、記載されているプラットフォームのSNSを過去5年間で一切使用していない方は“NONE”を選択して申告することが可能ですが、虚偽が認められた際には“入国に重大な影響を及ぼす恐れがある”とされておりますので、正確な申請をお願いします。

ソーシャルメディアプロバイダー/プラットフォーム一覧

ASK.FK DOUBAN FACEBOOK FLICKR GOOGLE+ INSTAGRAM LINKEDIN
MYSPACE PINTEREST QZONE(QQ) REDDIT SINA WEIBO TUMBLR TWITTER
TWOO VINE VKONTAKTE(VK) YOUKV YOUTUBE

※選択項目は今後追加されることが予想されます。

SNSアカウントを開示した際、「どのような内容が確認されるのか」、「発信内容によりビザ申請が却下される可能性があるのか」など、アメリカ合衆国国務省は具体的な審査内容を明らかにしておりません。
米国大使館・領事館のサイトより、個人情報保護の観点からSNSアカウントのパスワードに関しては開示を求めることはないと発表されておりますが、非公開アカウントの場合はどのような処置が行われるのか、今後の動向が注目されます。

米国大使館・領事館サイト

移民ビザ、非移民ビザ申請書のSNSアカウントに関するよくある質問

https://travel.state.gov/content/dam/visas/Enhanced%20Vetting/CA%20-%20FAQs%20on%20Social%20Media%20Collection%20-%206-4-2019%20(v.2).pdf

ESTA(エスタ)申請のSNS情報開示について

ESTA(エスタ)申請のSNS情報開示について

アメリカへの入国を希望する際、短期の旅行であればビザを取得せずにESTA(エスタ)を取得して渡航することが一般的となっております。
日本を含むビザ免除プログラム参加国の渡航者は、アメリカに短期商用や観光などの目的で90日以内の滞在を希望する場合、ESTA(エスタ)を取得するとビザの取得は免除されます。ESTA申請フォームでは、2016年12月よりSNSアカウントの申告項目が追加されておりました。
2019年6月時点では任意項目となっているため必ずしも申告する必要はありません。また、SNSアカウント申告の有無でESTA(エスタ)の審査に影響はございません。
ESTA(エスタ)申請の際は必須項目であるお名前やパスポート番号を、正確に入力してくださいますようお願いします。

ESTAについて詳しくはこちらをご確認ください。

https://esta-center.com/service/index.html

ESTA(エスタ)申請・アメリカ電子渡航認証システムTOPに戻る
updated:2019/7/12