海外でパスポートを紛失した際の対処法とは?

ESTA(エスタ)申請 > 海外でパスポートを紛失した際の対処法とは?

海外でパスポートを紛失した際の対処法とは?

パスポートを紛失した場合、まずは現地の警察へ

パスポートを紛失した場合、まずは現地の警察へ

海外へ渡航した際は予想外のトラブルも視野に入れておく必要があります。意外にも渡航先でのパスポートを紛失する方は少なくありません。万が一、海外でパスポートを紛失してしまった場合はまず最寄りの警察署(交番)に行き、紛失届けを出しましょう。
これは日本で紛失した場合も同様です。警察署にてパスポートを紛失または盗難された経緯を説明し、盗難・紛失証明書を取得します。警察署での説明は英語にて行うことが必要となります。説明することが困難な方は同行者や代理の方、パッケージツアーで渡航した方はツアーコンダクターの方に相談しましょう。国際免許証や留学先での学生証など、英語で発行された証明書をお持ちの方はそれらを提出することにより紛失届けがスムーズになります。海外にてパスポートは非常に大切な証書となりますので、特に外出先での紛失や盗難に注意し、パスポートとその他の身分証明書を一括管理しないことをお勧めします。

警察に紛失届けを出した後は日本大使館へ連絡を

最寄りの警察署にて盗難・紛失届けを出した後は、現地の日本大使館へ連絡しましょう。日本大使館は開館時間が限られていますが、緊急の電話連絡は年中無休24時間体制で受け付けております。渡航される前に念のため、日本大使館の所在地や電話番号を控えておくことをお勧めします。開館時間外の電話連絡をした際は、パスポート再発行のための必要書類や出国手続きについての指示や説明を受けることができます。多くの日本大使館では日本語に対応をしておりますが、紛失の経緯によっては英語での説明が必要となる場合もあり、大使館の開館時間にあらためて説明を行う必要がありますので、落ち着いて状況を説明することを心がけてください。

帰国のための一時渡航書を取得しましょう

海外渡航先でパスポートを盗難・紛失してしまった際は、日本大使館の領事部にて手続きを行う必要があります。速やかに帰国しなければならない事情があり、新たなパスポートの発行時まで現地に滞在することが困難な方については、大使館の窓口にて「渡航書発給申請書」を記入し申請することで、帰国のための一時渡航書が発行されます。帰国のための一時渡航書発行のために必要な書類は下記の通りです。また、一時渡航書発行の際は1~3日程度の日数を要し、日本円で約2,500円の費用がかかります。詳しくは日本大使館の窓口へお問い合わせください。

現地警察署にて発行された盗難・紛失証明書 1通
盗難・紛失届け 1通(大使館領事部の窓口に用意しています)
戸籍謄本か本籍地が記載された住民票 1通(または運転免許証・保険証など国籍および本人確認ができるもの)
航空券または搭乗予約確認書 1通
証明写真(縦4.5cm X 横3.5cmで
パスポートの貼付規格に当てはまるもの)
2枚

新たなパスポートを申請しましょう

下記の書類を用意することが可能であり、新たなパスポートを希望される方はパスポートの新規申請を行うことが可能です。新たなパスポートは更新されたパスポートではなく、新たな番号にて発行されますのでご注意ください。必要な書類は下記の通りです。

現地警察署にて発行された盗難・紛失証明書 1通
盗難・紛失届け 1通(大使館領事部の窓口に用意しています)
一般旅券(パスポート)発給申請書 1通(大使館領事部の窓口に用意しています)
戸籍謄本または本籍地が記載されている住民票(発行日から6ヶ月以内のもの) 1通
証明写真(縦4.5cm X 横3.5cmでパスポートの貼付規格に当てはまるもの) 2枚

新たなパスポートの申請には5年用で11,000円、10年用で16,000円、12才以下の方は6,000円(5年用のみ)を現地通貨で支払う必要があります。新たなパスポートの申請から受領まで、3週間ほどかかることが予想されます。
なお、帰国のための一時渡航書と新たなパスポート発行、どちらの場合であっても申請から受領まで本人が行う必要がありますので、不安のある方は同行者やご家族のサポートを仰ぐようにしましょう。

加入保険やクレジットカードの保証を確認しておきましょう

加入保険やクレジットカードの保証を確認しておきましょう

海外旅行の際は万が一の紛失を考慮して、顔写真ページのパスポートのコピー、パスポート用の写真2枚、戸籍謄本または住民票、運転免許証や保険証など身分証明書などを別途持参することを推奨します。海外では思わぬトラブルにあうことや紛失や盗難による被害も少なくありません。渡航前に加入している保険内容や所持しているクレジットカードの保証についても確認しておきましょう。海外でどの程度の被害や病気・事故・ケガに対応している保険に加入しているかを事前に確認しておくことが大切です。また、海外でのトラブルの保証が不十分と思われる場合には、渡航前に海外旅行専門の保険に加入されることをお勧めします。海外渡航の際は特にパスポートは重要な身分証明書となります。日頃から大切に保管し、ご家族や同行者全員の有効期限などを把握しておくことをお勧めします。

ESTA(エスタ)申請・アメリカ電子渡航認証システムTOPに戻る
updated:2019/5/7