グアム渡航時の入国審査とESTA(エスタ)申請の関係|ESTA(エスタ)申請代行ならESTA Online Center(エスタ・オンライン・センター)

ESTA(エスタ)申請 > グアム旅行にビザは必要か

グアム旅行にビザは必要か

グアム-北マリアナ諸島連邦ビザ免除プログラム(Guam-CNMI VWP)があるため、45日以下の商用または観光で渡航する場合にはビザは必要ございません。これはESTA(エスタ)のようなインターネットでの事前申請ではなく、機内で配布される書類(I-736およびI-94)へ記入し提出します。

ESTA(エスタ)を利用する

ESTA(エスタ)取得者は上述の入国書類(I-736およびI-94)の記入が免除になり、入国審査も簡略化されます。入国カードへの記入が必要ないため記入ミスの心配がありません。また、2016年4月よりエスタ取得者のみが利用できる専用レーンが設置されています。米国国土安全保障省 税関・国境取締局(CBP)はESTA(エスタ)によるグアム入国を推奨しています。
尚、ESTA(エスタ)を利用する場合には45日ではなく90日以内の滞在が可能となります。

ESTA(エスタ)について詳しい説明はこちらから

グアム-北マリアナ諸島連邦ビザ免除プログラム(Guam-CNMI VWP)参加国

  • オーストラリア
  • ブルネイ
  • 香港
  • 日本
  • マレーシア
  • ナウル
  • ニュージーランド
  • パプアニューギニア
  • 韓国
  • シンガポール
  • 台湾
  • イギリス

※台湾のパスポートをお持ち方は、ナショナルIDカードおよび台湾パスポートを所持した上で、台湾発の乗り継ぎなしの直行便でグアムあるいは北マリアナ諸島への渡航時に限ります。ただし、グアム・北マリアナ諸島内(米国領)での乗り継ぎは可能です。

グアム-北マリアナ諸島連邦ビザ免除プログラム(Guam-CNMI VWP)ご利用条件

  • ① グアムまたは北マリアナ諸島のみへ45日以下の入国・滞在であること。
  • ② 譲渡不可で、出国日がグアムあるいは北マリアナ諸島に入国した日から45日を超えないことが確認できる往復の航空券をお持ちであること。
  • ③ 全ての項目に記入され、署名済みのI-736およびI-94をお持ちであること。
  • ④ ICAO(国際民間航空機関)に準拠し、当該国から発行された有効な機械読取り式パスポートをお持ちであること。
  • ⑤ 以前に、入国のための諸条件に違反していないこと。

※以前の入国とは、グアム-北マリアナ諸島ビザ免除プログラム、これまでのグアムビザ免除プログラム、通常のビザ免除プログラムの米国移民国籍法217条(a)項、およびすべての移民または非移民ビザの入国に関する規定を含みます

グアム入国時に必要なもの

有効なパスポート

往復またはグアムから第三国への航空券、乗船券

入国書類 ※グアム以外の第三国への乗り継ぎの場合も同様

ESTA(エスタ)を
お持ちでない方

入国カード(I-736およびI-94)・税関検疫申告書

ESTA(エスタ)を
お持ちの方

税関検疫申告書

ESTA(エスタ)はシステム上で管理されているため、認証情報のコピーを提出する必要はございません。

ビザを
取得されている方

入国カード(I-94のみ)・税関検疫申告書

※入国カード・税関検疫申告書は機内で配布されます。青または黒のボールペンを使用しローマ字で記入します。

未成年者が渡航する際に必要な書類

米国国土安全保障省 税関・国境取締局(CBP)より、18歳未満の渡航者が単独または片方の親同伴のもと渡航する場合に、両親または同行しない親からの渡航同意書(英文)が必要となる旨を通達されています。
これは、親権訴訟中に発生する片親による子どもの奪取の増加や、国際的な子どもの連れ去りに対処するためです。
しかし、この渡航同意書は入国審査の際に自ら提示する必要はございません。あくまでも入国審査官から質問を受けた場合にのみ提示します。
尚、過去に未成年者が入国拒否されている事例はございません。

両親もしくは保護者(祖父または祖母)の同意書が必要な旅行

  • 18歳未満の方のみの旅行
  • 両親が同行しない祖父母との旅行
  • 子どもを祖父母/叔父叔母/友人等に預けての旅行
  • 修学旅行、研修旅行などの教育旅行

※渡航同意書の正式な書式はありません。
グアム政府観光局のウェブサイト(http://www.visitguam.jp/plan/immigration-to-guam/#child)に同意書の記入例がアップされています。

同意書の他に家族構成が分かる公的証書(戸籍謄本など)が必要な場合

  • 夫婦別姓である
  • 両親の姓が異なる国際結婚である
  • 父親もしくは母親と死別している
  • 両親が離婚しており父親もしくは母親同伴の旅行

※公的証書は英訳を必要としますが、原本のコピーにご自身で英訳を添付または追記した書面でもかまいません。

ESTA(エスタ)申請TOPページに戻る